人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2019年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「繁枡」という酒造の「秘蔵酒を楽しむ会」に入っているので、酒蔵見学会の案内がきた。電車で行きにくい場所にあるので、車で行きがてら、観光することにする。

08:00 岩戸山古墳
八女に古墳があるらしいということで、寄ってみた。展示館らしきところの駐車場に車をと停めたが、時間が早すぎてまだやってない。こんなところに前方後円墳があるとは知らなかった。小雨の中、すこしドキドキしながら行くと、真っ平の芝生の広場しかない。えっ?どういうこと?この下に埋もれてるってこと?と思いながら、すごすごと駐車場に戻る。案内板をよく見ると、芝生の広場の横のこんもりとした林の中に前方後円墳があるらしい。あっ、そういうことね。下から見てもただの林にしか見えないよ~。古墳好きのしげちゃんは、これが古墳だとか言って喜んでいたけど、私はスニーカーが濡れて足が冷たいことのほうが気になってしまった。

岩戸山古墳を出て少しすると、八女古墳群という看板が。八女にこんなに古墳があるなんて、ほんとびっくり。徒歩か自転車で回ると楽しそう。ま、天気のいい日にね。

f0080102_14212916.jpg

08:30 八女中央大茶園
新茶のイベントは数日後からだけど、せっかくなので茶畑を見に行く。広大な斜面に整然と並んだ茶畑。美しい~!しげちゃんに「なんとなく北海道を思い出すね」と言ったら「何が?」と言われてしまった。じゃいいです~。

山を下ったところのお茶屋(=お茶を売っている店)で新茶と安いお茶を買う。

f0080102_14193694.jpg

09:30 ほたると石橋の館
茶畑から「黒木の大藤」を目指す途中、少し北回りをして石橋を見に行く。写真の寄口橋のほかに、いくつも石橋があるらしい。それにしてもGWだというのに、朝から他の観光客に1人も合わない。楽でいいけど、なんか寂しいね~。

ほたると石橋の館の売店で「じゃがいも饅頭」はありますか?と聞いたら、「じゃがいも饅頭は家で作るようなもので、店では売っていません」と言われる。その代わりに「とうふまんじゅう」があったので、1つ買ってみる。中身は豆腐じゃなくておから。美味しくてヘルシーでいい感じ。

「ダニエル・建・イノウエ」の記事が飾ってある。あの、ハワイの空港の名前にもなってるダニエル・イノウエさんのお父さんがここの出身だそうだ。

f0080102_14194199.jpg

10:00 黒木町
ここまで観光客が全くいないと思ってたらここに集まってた!大きい駐車場もほぼ満杯。

駐車場の係の人に「駅前まんじゅう」の場所を聞く。どうしても「じゃがいも饅頭」を食べたいのだよ!駅前まんじゅうは駐車場から道路を渡ってすぐのところにあった。秘密のケンミンショーでやってた、じゃがいもを茹でて包んだだけのまんじゅう、気になってたんだ~。塩味としょうゆ味があったので1つずつ買う。いやほんと、じゃがいもを茹でてそのまま包んであるわ(笑)。甘味は全くないのでスイーツではない。じゃがいもを手で食べたい人が発明したんじゃなかろうか?マヨネーズつけて食べたくなった。しげちゃんは、結構気に入ってた。

f0080102_14194687.jpg

大勢の観光客の流れについて「黒木の大藤」へ。一足遅かったみたいで少し寂しい。花の季節はむつかしいね。だけど規模はすごい。藤の木がどこからどこまで1本なのかわからないけど、とにかく神社の境内いっぱいに藤棚が広がっている。外国人観光客もちらほら。
f0080102_14195104.jpg

大藤から歩いて戻る途中「さわかに漬け」の看板を発見した。前に「華丸・大吉のなんしようと?」で「こりゃあ辛い!酒のつまみになる!」と言っていたやつだ。味見させてもらったら、確かにめっちゃ辛い。しょっぱい&辛い。しげちゃんがさっき買った「じゃがいもまんじゅう」につけて「こりゃ合う!」と言って、1本買っていた(笑)

f0080102_14195595.jpg

交差点のところに「霊巌寺の奇岩」の看板があった。しげちゃんが奇岩が好きなので行ってみる。

11:00 霊巌寺
大藤から20分くらい山の中に入ったところにある霊巌寺。「八女茶発祥の地」と書いてあった。奇岩は「あーはいはい」という感じ。

f0080102_14195810.jpg

すぐそばに「お茶の里記念館」があったのでついでに寄ってみる。駐車場が工事中だからか、ここにも観光客なし。係のおじさんがお茶を入れてくれる。おじさんが入れたとは思えないほど美味しい。(少なくとも私が入れたよりは美味しい)


12:00 酒蔵見学「繁枡」
のんびり観光していたら、酒蔵見学13時までだった!あわてて高橋商店へ。300年の歴史がある酒蔵。私はここからドライバーなので、試飲はしげちゃんだけ。でも、甘酒ソフトクリームと甘酒アイスクリームを無料でくれた。太っ腹~!しげちゃんは、試飲しまくってちょっと酔っぱらってた。楽しそうですな。

f0080102_14200321.jpg

13:00 「手打ちうどん しげ」
名前が良いうどんやへ。GWだから(いつもか)満席だった。カウンターの横でうどんを手打ちしている。320円のうどん(すうどん)を注文する。テーブルの真ん中の大皿に天ぷらがおいてあり、それを勝手に食べて、お勘定の時に数を申請するらしい。なんという性善説!うどんは手打ちのわりにやわらかくて、まあ普通においしかった。それよりこのシステムが楽しかった。調子に乗って取りすぎ注意♪

f0080102_14200757.jpg

by camitiyo | 2019-04-30 16:00 | 福岡・九州
別府から湯布院に向かう。しげちゃんが得意の聞き込み調査で、高速道路を使わなくても30分くらいで行けると聞いてきた。これが意外と難しくて、迷子になりながら湯布院を目指す。途中で、「Youは何しに~」に出てきた立命館アジア太平洋大学を発見。ここか~とホンワカした気持ちになる。

なんか車が少し増えてきたな~と思ったら、「アフリカンサファリ」があるらしい!ちょっと行ってみる~?とそっちに向かうと途端に渋滞。全く動かない。そっか、GWだもんな。やめとこう、とUターンして、当初の予定通り湯布院を目指す。

調べてた「ゆふいん庄屋の館」に行ったら名前が「束ノ間」に代わってた。まいっか。日帰り入浴後、もうここでランチすることにしちゃう。

f0080102_18250072.jpg
なんか素敵なとこだった。泊まりたい。

f0080102_18384865.jpg
GWメニューの温泉パスタ。箸で食べる。

湯布院の町にくるのは、25年ぶりくらいなんだけど、原宿みたいになってた・・・・。なんじゃこの人混みは!!若い女の子に交じって、コロッケなぞ食べながら歩く♪

f0080102_18385153.jpg

ラストは「道の駅ゆふいん」に寄って帰る。旅行中、おおむね天気は良かったんだけど、帰りの高速で雨が降り始めた。ちょうど前に、オープンカー(ユーノス)が走ってて、幌が手動なのか、ざんざか雨に降られてるのが気になって気になって(笑っちゃダメだって)。

GW第一弾の旅行、楽しかった~♪

by camitiyo | 2019-04-28 14:00 | 福岡・九州
私は去年やったけど、しげちゃんがやったことないと言うので「地獄めぐり」やるよー。

f0080102_18230904.jpg
かまど地獄

f0080102_18232459.jpg
鬼山地獄のワニの赤ちゃん

f0080102_18232804.jpg
白池地獄

f0080102_18233149.jpg
海地獄

f0080102_18234027.jpg
鬼石坊主地獄

f0080102_18234407.jpg
鬼山地獄に戻ってワニの餌付け

f0080102_18234952.jpg
映える抹茶ティラミス

f0080102_18235287.jpg
竜巻地獄の横のつつじが見ごろだった

f0080102_18235631.jpg
竜巻地獄

f0080102_18245608.jpg
ラスト!血の池地獄


by camitiyo | 2019-04-28 11:00 | 福岡・九州
14:30 杵築市。九州の小京都で、時代劇のロケ地にもなっている杵築は前から気になってたので、来られて嬉しい!ちょうど「居眠り磐音」という映画のロケ地もここらしい!

お城の近くの無料駐車場に車を停める。GWでも無料駐車場に停められるなんて、意外と観光客いないのかしらん?朝はあんなに寒かったのに、ずいぶんと暑い。帽子持ってきて良かった。

すぐに趣のある階段に出る。「勘定場の坂」といって馬や籠かきの歩幅に合うように配慮されている。階段を上がっていくと、着物を着た中学生くらいの男の子が観光客を案内している。「子ども歴史ガイド」というらしい。丁稚みたいで可愛い♪大人のガイドさんも傍で見守ってた。坂の上から振り返ると、少し海が見える。

f0080102_17114676.jpg

坂の上に看板があり『杵築城を中心として、南北の高台にある勇壮な武家屋敷が、谷間の商人の町を挟んだ「サンドイッチ型」城下町の形状は、日本唯一と言われ、全国初の「きものが似合う歴史的町並み」にも認定された城下町です』と書いてある。いま歩いているところは高台なので、パンの部分の武家屋敷ということだな。左側にはいくつか土塀のある屋敷があり、右側に藩校後があったので入ってみたら小学校だった。なんとカッコいい学校だろうか。ぜひ夏の制服を浴衣にしてほしい(勝手なことを)。

武家屋敷が途切れたところで左を見ると、また長い坂が。「酢屋の坂」といって、これを下ると商人の町に出るとのこと。ここがよく写真に載っているので、ガイドブックのような写真を撮ろうとチェレンジするも、どうしても上手くいかない。

f0080102_17115139.jpg

坂を下りたところにお菓子屋があるので入ってみる。一番人気の味噌饅頭と冷たい飲み物をいただく。あぁ~糖分と水分が効くぅ~。お菓子屋の横の「塩屋の坂」の少し登って、もう一度フォトジェニックな写真に挑戦する。すこ~しだけ、良さげなのが撮れた!

f0080102_17115774.jpg

14:30 シーガーデンひじ。今日のホテルは素泊まりだけど、地獄蒸しをやりたいので、物産館に寄り道。とはいえ、ほとんどの食材は家からもってきてるので、欲しいのは鶏肉くらい。物産館たのしー♪大きいタケノコをまるのまま地獄蒸しにしたものとかある。ダイナミック―。「ゆで餅」という美味しそうなスイーツを買った。小麦粉の生地にサツマイモと豆が練り込んであって、中にサツマイモのアンが入っていた。好きなヤツ~♪そのほかに、りゅうきゅうというお刺身のこま切れを漬けてあるものと、巻きずしを買う。

16:40 鉄輪温泉日生や。GWで軒並みホテルの値段が高い中、ようやく見つけた安い宿。お世辞にも豪華なホテルとはいいがたいけど、ちゃんと温泉だし、なにより地獄蒸しの施設がついてる!

f0080102_17120223.jpg

17:05。車で湯けむり展望台へ。本当は夜に来たかったんだけど、車じゃないと遠いと言われたので、お酒飲む前に来てみた。鉄輪温泉のあちこちから煙がもくもく出ているのが一望できる。なるほど、これは夜きれいでしょうね。

f0080102_17120800.jpg

ホテルにもどって地獄蒸し。包丁やざるや皿など、キッチングッズは無料で貸してもらえる。早い時間で他に誰もいなかったので、3か所全部使って地獄蒸ししちゃう。たーのしー。

f0080102_17121227.jpg

「きゃべつと豚しゃぶ」、「ソーセージと卵」、「椎茸と玉ねぎとスナップエンドウ」、「さつまいもとジャガイモ」。張り切ってやりすぎて、半分しか食べられなかった(笑)。明日の朝ごはんとして食べよう。

f0080102_17121634.jpg

晩御飯を食べた後、しげちゃんが「あれ?OOって大分じゃなかったかな?」とか急に友達に電話したら、飲みに行こうということになり、大分市から迎えに来てくれて呑みに行った。早めに連絡すればいいのにね~。

by camitiyo | 2019-04-27 20:00 | 福岡・九州
11:20 両子寺(ふたごじ)。国東半島って山なのね?山をずんずん車で登って行って、ずいぶんと高いところにあった。拝観料300円。ガイドブックに載っていた「仁王像」を見に行く。斜面にあるので、階段がつらい(大したことない)。外に仁王像が立ってるの珍しいよね。確かに凛々しい。

f0080102_14500658.jpg

ここのお寺には仁王像だけを見に来たんだけど、300円払ったので奥の方も行ってみよう。なんか貴重な仏像もあるみたいだったけど、坂を上るのが嫌だったので護摩堂に入ってお祈りしてヨシとしよう。

12:20 富貴寺。山を下ったところにあった。平安時代からあるらしい。中尊寺金色堂・平等院鳳凰堂と並んで日本三大阿弥陀堂だって!こんなところに!そして国宝。入り口に修復中の看板があったので、タイミング悪かったかなと思ったら、そうでもなかった。本堂を修復しているので、普段そちらにある脇侍をもう一か所の大堂に移して「阿弥陀三尊像」としてセットで今だけ観ることが出来るのでラッキーですよということだった。

大堂(阿弥陀堂)に入ると、ボランティアガイドの方がいらっしゃって、とっても上手に説明してくださった。阿弥陀堂の内部の木の壁の上部に、各種仏様の絵がぎっしり描いてある。ここの阿弥陀堂は、さっき行った宇佐神宮の大宮司が個人的に建てたものらしい。神道の宮司さんが仏教?と思ってWikipediaで神仏習合を調べたら宇佐神宮の名前が出てきた。それにしても、個人的にこんな立派な建物を作るなんて、相当なお金持ちではある。仏様の絵はどれも薄くなっていたので、修復しないんですか?と聞くと、中尊寺金色堂みたいに、ずっと修復してきたところはいいけど、急に修復することは出来ないと言われました。なるほど難しいんですなー。

礼の阿弥陀三尊像は見たけど、仏像に関しての良し悪しは全くわからず・・・。(きれいかボロボロかで言えば、相当きれい)

f0080102_14501008.jpg

13:20 本宮摩崖仏。道路沿いにあったので、ちょいと寄ってみた。大分県って、すごく大きい岩が多いので、こういう風に彫りたくなっちゃうのかな?

f0080102_14501309.jpg

この後、「世界農業遺産の郷、田染荘(たしぶのしょう)」というところに見に行ったけど、田植え前で何にもない田んぼが広がってました。水も張っていなかった。秋田の田植えはGWだったけど、北部九州地方の稲の田植えはいつなんでしょうね?

13:30 熊野摩崖仏。駐車場をおりて入場料を払う。「寒いですか?」と聞くと、結構のぼるので皆さん戻られるときは暑いと言ってますよと言われる。鬼が一晩で築いたというボコボコの石段をひぃひぃ行って登る。確かにキツイ。15分くらい登ったところに、あったー。おばさんみたいだけど、不動明王。大きい。

f0080102_14501693.jpg

右奥にある大日如来のほうは、すべすべ。なんかこっちのほうが上手。平山郁夫の絵のようだ。

f0080102_14501901.jpg

階段がボコボコなので、帰りも結構大変でした。確かに暑かった!

by camitiyo | 2019-04-27 18:00 | 福岡・九州
今年のゴールデンウィークは10連休だけど、小旅行をすることにした。海外旅行は値段高いし、どこに行っても混んでるだろうしね。

第一弾は別府の1泊旅行。私は去年友達夫婦に会いに別府の温泉に一人で行ったけど、しげちゃんは福岡に来てから初めて。

最初の目的地は宇佐なので、私は上回り(北九州のほうから)で行こうと思ってたんだけど、しげちゃんは下回り(基山のほうから)希望。まあ、主な運転手はしげちゃんなので、好きな方でいいです~。

6時に家を出発して、日田を抜け別府湾の直前で左に折れる。九州あるあるなんだけど、ナビでは一般道となってても、自動車専用道路でほぼ高速みたいなお得な道を行く。

8:00 宇佐市に入ったくらいのところで「石橋の貴婦人」という看板を発見。道路わきに車を停めて見に行くと、ちょっと離れたところにそれらしきものが。近くまで見に行けば立派なのかもしれないけど、まいっか。とりあえず写真だけ撮っておこう。それにしても、めっちゃ寒い。この季節、意外と暑い時の方が多いので油断してた。ぶるぶる。

f0080102_14491542.jpg

8:25 宇佐神宮到着。
桂文治さんが、ちょいちょいマクラで「私はこう見えても東京の出じゃないんです。USAなんです。大分県の宇佐ですけどね。」ってのをやるので、前々から来てみたかったんだー。宇佐神宮は全国に4万ある八幡神社(8万ではない)の総本山らしい。大分県で一番有名な建造物ではなかろうか?

なんとなく横のほうの駐車場に停めてしまったっぽい。横から敷地に入ろうと思ったら、いきなり「呉橋」という派手な橋あった。渡り廊下みたいでカッコいい。渡ることはできないらしい。(10年に一度扉があくと書いてある)

f0080102_14492279.jpg

横入りしたので、いったん正面のほうまで行ってみる。晴れてきたけど、まだ寒いなぁ。コート持ってくれば良かった。

巨大な鳥居だ。山口には巨大な鳥居があんまり無いので、立派な鳥居をみるとびっくりしちゃうよね~。中央に額縁などがないのが特徴らしい。

f0080102_14492591.jpg

国宝の上宮(じょうぐう)。一之殿、二之殿、三之殿と三か所参るところがある。この後、外宮にも3か所あり、やたらとお賽銭箱があって、小銭が全くなくなった。

f0080102_14492915.jpg

敷地をいったん出て、仲見世のほうへ向かう。小川が横に流れているところなど、伊勢神宮に雰囲気が似ている。

時間が早いので、まだ仲見世はあまり開いていなかったけど、あいている土産物屋で「宇佐飴」を買う。そのついでに、おすすめの唐揚げやをお店の人に教えてもらう。宇佐はからあげ専門店発祥の地らしい。

10:10 「からあげ太閤」へ。ガイドブックに「販売量日本一」とあったので、そこそこの店構えを想像していたのに、プレハブに毛が生えたくらいのサイズで驚いた。宇佐の常識として、注文してから揚げるらしい。骨付き、骨なしを各200g、すなずりを100g買う。

10分くらい待って、熱々を受け取って、車の中ですぐに食べる。からっと香ばしい!ガイドブックにはニンニク控えめとあるが、けっこうニンニクのにおいする。味は濃いめ。美味しい!

f0080102_14493363.jpg

唐揚げを食べながら国東半島の「両子寺」を目指す。宇佐をでないうちに、土産物屋で教えてもらった別の唐揚げやを発見。さっき全部で500gも買ったのに、また立ち寄る。今度は「からあげ鳥元」。るるぶには載っていなかった。

しげちゃんが一人で買いに行ったので私は車で待つ。ここの店は観光客向けではなく地元民向けらしく、少ない量は売ってないと言われたらしいけど、なんとか頼んで300g買ってきた(それでも300g)。地元の人は1kgとか買って行くらしい(笑)。

こっちの唐揚げは、しっとり。味はさっきのほうが醤油が濃く感じた。両方美味しいんだけど、私の好みとしては、鳥元!唐揚げ食べる手が止まらないよー。今日は昼ご飯抜きね。

f0080102_14495953.jpg


by camitiyo | 2019-04-27 11:00 | 福岡・九州

3月は働きました

3月は働きました。

大学の事務だったので、初めてのことがいくつかあり、楽しかったです。

・みんなのんびりしてて優しい
 外資金融と比べちゃいけないんですけど、みんなのんびりしてました。
 お役所っぽく、きっちりきちきち丁寧で、とっても優しく教えてくれました。

・学食で食べれる
 学食といっても医学部だったので、お医者さんとか看護師さんとかがいて、
 学生じゃなくてもあんまり気兼ねせずに食べられました。安くて最高!

・一太郎の気配あり
 もちろんすべてMicrosoft Office製品なんですけど、たまに一太郎の気配がただよってました。
 あと、昔の人あるあるなんですけど、エクセルをワードの様に使ったり、
 ワードでスペースをやたら使用したりしてるのもみかけました。

・社内便じゃなくて校内便
 校内便のコーナーの仕分けがすごくわかりにくくて、新入りの私以外にも困っている人たちをよく見かけました。
 アウトソーシングしろとまでは言わないけど、一か所にまとめて係りの人が入れたほうが効率がいいような気がしましたけど、
 万事において効率は求めてないのかもしれません。

・敷地も建物も大きくて寒い
 特に廊下が寒かった~。大学の廊下はエアコンかけちゃいけないんだろうか?

・パートの人がたくさんいる
 これは大学というよりお役所あるあるかもしれませんけど、派遣じゃなくて直雇用のパートの人がいっぱいでした。
 昔、外務省でアルバイトしようかと思って面接を受けに行ったことがあるんだけど、あまりの時給の安さによしました。
 私も、1ヶ月終了後引き続き働いて欲しいと言ってもらいましたけど、長期で働くにはあまりにも安すぎる気がしました。

また、短期でめずらしそうなお仕事を見つけたら、チャレンジします~

by camitiyo | 2019-04-01 18:00

西公園(桜)

福岡で2度目の桜の季節、去年は舞鶴公園に行ったので、今年は西公園に来てみた。

西公園が近くにあるのは知っていたけど、来るのは初めて。公園といいつつ巨大な鳥居がある。その奥はそこそこ長い坂道になっているので、自転車を麓において歩くことにする。桜は8分咲きといったとこか・・・。

f0080102_14110810.jpg

坂の途中で横道にそれるところがあったので行ってみたら、平野二郎国臣という人の銅像だった。説明が書いてあったけど、いまいち何をした人なのかわからなかった。「幕末に討幕・国家統一を主唱」した人とあるけど、唱えただけで何かをしたというわけではなさそう。
現在の福岡は押しも押されぬ大都市なんだけど、少し前はそんなでもなかったので、中世~近代に意外と偉人が見当たらない。(古代まで戻ればいろいろありそうだけど)

まあ、それはそれとして、この場所はお花見にとても良さそう

f0080102_14111354.jpg

一番上まで登るとこじんまりした神社があった。東の方へ歩いて行ってみると、博多湾が見える。おぉ、この下の居酒屋に行ったことあるぞ。2か所いったけど両方美味しかった。ここはそういう場所なのだな。少し寒いのか、桜は3分咲きくらい。

それにしてもいい天気だ。平日の春の昼間に、働ける年代のいい大人がぶらぶらと花見などして・・・・・無職、最高!

f0080102_14113697.jpg

もと来た道を通って階段を降りようと思ったら、そこが一番の絶景ポイントだった!あ~あと3日くらいしたら満開でさぞきれいなことだろう。坂を上るのがしんどいからもう来ないけど(だめじゃん)

f0080102_14114156.jpg



by camitiyo | 2019-04-01 00:00 | 福岡・九州