がんばらない毎日


by camitiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:釜山( 8 )

2度目の釜山 1日目②

今回、楽しみにしていることの一つが「三光寺」の燃灯祭り。お釈迦様の誕生日に合わせて行われる。

三光寺はちょっと行きにくいところにあるらしいので、ホテルの人にどうやって行くか聞いたら、タクシーを勧められた。

19:30 ホテルの前でタクシーを探して乗る。10分くらい乗ったところで渋滞になったけど、地図で見るともう三光寺まですぐなので、降りることにした。₩5400。

f0080102_14253606.jpg
坂道を少し登ると、派手な門

f0080102_14260790.jpg
ド派手~!大量の提灯が飾られてる

f0080102_14265172.jpg
階段にもカラフルな提灯

f0080102_14272201.jpg
ねぶたっぽい

f0080102_14275271.jpg
短冊に何か書いてある、買うのかな?

f0080102_14282285.jpg
上から見ると幻想的

f0080102_14285133.jpg
ベストショット!素敵すぎる!!

f0080102_14292223.jpg
近くで見るとひらひらがついている

f0080102_14295228.jpg
こんなにたくさん、、、大変だったでしょう~

f0080102_14302260.jpg
この龍、動きます&煙を吐きます。

1時間くらい見て帰ることに。出たところで、バス乗り場に行列を発見。1台目のバスには乗れない。2台目のバスがなかなか来ないので、タクシーが来たら乗ろうと話してたらバスがきた。先頭から3番目に並んでいたので座れた。結構、くねくね道だったので座れて良かった~。バスは1路線しかないので、たぶん西面まで行くはず。Google Mapをじっと見る。ロッテホテル(たぶん)が見えたころ、ほぼ全員が降りた。ここだな。

21:00 西面の北側だったので、南側に移動する。前回美味しかったデジクッパをしげちゃんにも食べて欲しいので、テジクッパ通りへ行く。

「松亭3代クッパプ」。満席だったけど、少し待って入る。私は当然のようにテジクッパ(写真の手前)を注文したんだけど、しげちゃんは他の人が食べていた、スープと豚が別盛りになっている定食を注文。そして、ソジュ(焼酎)チュセヨ~(ください)。

f0080102_14305264.jpg
間違いない!毎食でもいける!


お腹いっぱいなので、少しだけぶらぶら歩く。

明日の朝は早いので、朝食を何か買って帰りたいと思っていたら、キムパと揚げ物の屋台があった。

f0080102_14312207.jpg
指さし注文

なんだかわからないものを買ったので、帰りながらしげちゃんが一口食べてみたら「食べてもわからない!なにこれ!」というので、私も食べてみる。トッポギの天ぷらだった。(びみょう~)

f0080102_14315214.jpg
キムパの天ぷらも微妙~

[PR]
by camitiyo | 2018-05-19 21:00 | 釜山

2度目の釜山 1日目①

福岡空港の国際線も2度目なので、地下鉄の駅からバスに乗ってちゃっちゃかちゃーと到着。
チェックイン後、自動両替機でおよそ2万円分両替。

f0080102_17091459.jpg

11:45 BX141(エアプサン)に乗る。ほぼ満席。
すぐ着いちゃうので、慌ただしくオレンジジュースが配られる。こっちはこっちで、慌ただしく入国カードを書く。

12:45 釜山到着。イミグレーションはちょっと渋滞してた。土曜日だから、仕方ないね。
前回と同じところで予約したWiFiを借りる。1日300円!

13:20 金海軽電で沙上へ。前回、一人で来た時に、ここから地下鉄までは下調べした通り「トークン(コイン)」を買って行ったんだけど、しげちゃんは「なぜここだけトークンなのか?どこかで買えないのか?」と言い出し、「ちょっとそこのコンビニで聞いてくる」と行った。でたー!喋れなくてもテレパシーで質問しちゃうヤツ―!結果、「できない」ということで帰ってきた。(その間、私がぐぐったところ、カードを持っていれば入れるけど、カードを買ったりチャージしたりはできないということだった)。よって、私は前回のCash Beeカードを使用、しげちゃんはトークンを買って入る。

f0080102_17091943.jpg

沙上で地下鉄2号線に乗り換えて西面下車。今回のホテルは、西面なのでここから歩いく。

1430 ibis西面へチェックイン。フロントが17Fにあって、部屋は10F。前回よりきれいだし、景色もいい~。

f0080102_17094594.jpg

荷物を置いて、観光に出かけよう。ホテルのすぐ前の釜田駅から地下鉄1号線に乗ってチャガルチ駅へ。お腹すいた!

15:15 BIFF広場は若い人でいっぱい。お腹がすきすぎて、何でも美味しそう。最初にみかけた謎の食べ物を買ってみる。

f0080102_17095101.jpg

リングの上に卵が乗っていたのでおかず系だと思ったら、甘い系だった。上には確かに目玉焼きが乗ってるけど、下は結構甘い卵ケーキ。うーん、思ったのと違ったかも。

前回食べられなかったホットックに挑戦。ソウルで食べたホットックはパンケーキのような食べ物だったけど、釜山のホットックはもちっとした生地を揚げ焼きにして、その中にナッツ類を詰めたもの。大行列ができていたけど、せっかくなので並ぶ。

f0080102_17095551.jpg

美味しい!!甘いけど、香ばしくて、揚げてるわりに重くない!これは並んで食べる価値ありだわ~。

まだ食べたい~。近くのおでん屋台に入ってみる。今回は胃袋が2つあるから、食べ歩きできて楽しい!奥で焼いている餃子とお稲荷さんを頼む。こんにゃくの中には白滝が入っていて、お椀に入れてからハサミで4つに切ってくれる。そしてオマケだよと、いくつか入れてくれた。わ~い。それにしても、韓国のおばさんは肌がきれいだ。人種が違うというのはこういことだろうか。

f0080102_17100436.jpg

お腹がいっぱいになったので、国際市場の方へ歩いて行く。まあ、私もしげちゃんも買い物する気はないので、ただただ歩く。国際市場の中の屋台も美味しそう。そして、BIFF広場よりも安い。そっか、あっちは原宿でこっちは上野だね。みんな、低ーい椅子に座って冷麺みたいなものを食べている。うん、また次回ね。

f0080102_17100942.jpg

光復路を歩いて釜山タワーがある龍頭公園を目指す。土曜日なので何かイベントをしている。若い女の子に「いかがですかー」と声を掛けられるも、ポカンとしてたら、外人だと気づいてお互い照れ笑い。

16:15 釜山タワー。

f0080102_17101248.jpg

前回は平日でほとんど観光客がいなくて、おじいさんが囲碁(だか将棋だか)をやってたけど、今日は賑わってるね~。なんだかテレビ局まで来てるよ。

私が好きな山側の景色。とにかくぎっしり。

f0080102_17101856.jpg

海側も素敵~。

f0080102_17102248.jpg

よし、いったんホテルに帰ろう。

[PR]
by camitiyo | 2018-05-19 12:00 | 釜山

2度目の釜山(準備編)

福岡に来てから休日出勤が多いしげちゃん。代休もなかなか取らないんだけど、急に1日休みを貰って釜山に行こうと言いだした!

1週間前には、往復で1万円以内の格安航空券があったけど、結局、旅行が決定したのが出発前の3日前だったので、エアプサンで往復17,430円(1人、空港税等込)。ホテルは場所重視でibis Ambassador Busan City Centre、2泊で23,383円(2人)を予約した。3日で990円のWiFiも予約した。

今回は慶州に行きたい!急いで旅のしおりも作ったよ♪ どのくらいスケジュール通りに行くかな?

f0080102_15025770.gif

f0080102_15030182.gif

f0080102_15030616.gif


[PR]
by camitiyo | 2018-05-18 20:00 | 釜山
6:00 起床。

昨日たくさん歩いたせいか身体中が痛い。
ゴロゴロしていたら、ぷ~んと蚊の音が、、、と思ったら、右のほっぺたが痒い!刺されたー!

こっちに来てからやけに暖かいと思ったけど、11月末に蚊がいるとは。ムヒなんか持ってないし。

8:45 ホテルをチェックアウトする。
地下鉄の釜山鎮駅でカードをチャージする。日本語メニューもあるから安心。

f0080102_15301292.jpg

うっかり、反対側のホームへ行ってしまい、1駅乗ってから気づく。
折り返そうと思ったら、いったん改札口を出なくちゃいけないタイプで、1300W損した(涙)

地下鉄の釜山駅から、地上の釜山駅へ。大きくて、結構新しい。

f0080102_15302618.jpg

スーツケースをロッカーに預ける、W6000。
タッチパネルには日本語メニューもあって簡単だった。
私の後に若いカップルがいて、女の子がタッチパネルで作業をしている間、
男の子のほうは私の扉を抑えてくれてた。韓国の男の子はほんと優しい。

駅の中にある「ビジュン」というお菓子とお粥のお店で、餅菓子を2つ買う。
韓国の餅菓子大好き~。

f0080102_15303220.jpg

ここから「草梁イバグギル」という散歩コースを歩く。
朝鮮戦争の時、釜山は臨時首都になり避難民が大勢来たらしいんだけど、
この山の斜面はその避難民が住み着いた地域で、散策コースが作ってあるらしい。

例によってスタート地点がわからずウロウロする私。

見つけた!ここからだ!

f0080102_15304118.jpg

旧百済病院とか小学校とかあるけど、特に変わったこともないので、ささ~っと通り過ぎる。

小学校の近くの壁に、全体像と目ぼしい建物の地図があった。
全部、坂道なので、あまり遠くまでは行きたくないなぁ。

f0080102_15304859.jpg

緩やかな坂道を登って行くと、目的の「168階段」に到着。
写真で見るよりずっと急で、とてもじゃないけど一番上まで歩きたくない。
でも大丈夫。モノレールがあるから~

入口付近にいたおじさんが韓国語でしきりに説明してくれる。
全く分からない・・・・・何かおんぶして歩く動きをしている。
あ!わかった!昔は、この階段を荷物を担いで歩いて上がってたってことだね!
ありがとう、おじさん!

f0080102_15310524.jpg

モノレールに乗って上がるよ~

f0080102_15311173.jpg

一番上まで上がったらいい景色!
ちっちゃい展望スペースがあって、そこに俳優さんと女優さんの等身大パネルがあった。
どなたか存じませけど、ファンらしき人が一緒に写真撮ってた。ふふふ。

f0080102_15312060.jpg

下りは歩いておりよう。ちょっと怖いけど。

f0080102_15312559.jpg

少しだけ降りたところに、椅子が置いてある展望スペースがあったので、ここで朝食タイム。
さっき買った餅菓子と、昨日の残りのキムパ。

天気もいいし、気持ちいい~。

f0080102_15315748.jpg

まだ10時半、思ったよりイバグギル散歩が早く終わっちゃいそうだけど、
こんな時間に朝ごはん食べちゃったから、しばらくお腹すきそうにないし、何しようかな~。
あと4時間くらい遊べそう。そうだ、海の方へ行ってみよう。

来た道を戻って下まで降りたところでスーパーがあったので入ってみる。

は、は、蜂の子の缶詰ーーー!100円くらいだけどどうする?買っちゃう?(ウソ)
ダシタとか海苔ふりかけとか、ちょっとだけ買い物する。

f0080102_15320395.jpg

アーケードが見えたので行ってみる。「草梁伝統市場」。
午前中なので人は少ないけど、いかにも地元の商店街って感じで、これはこれで楽しい。

f0080102_15320765.jpg

市場を抜けたら右折(東)して、大通りを北上。
ターミナルの看板を見つけてまた右折したら、鉄道の下を通る地下道を行くようになっていた。

なんかちょっと怖いけど他に道はないので、勇気をだして進んでいくと、奥の方に段ボールハウスが。
無理、無理、無理、無理~、怖すぎるから~!!
びびりながら引き返してたら、喋りながらやってくる4人組の男性。お!日本人だ!
たぶんターミナルに行くんだな。こっそり付いていく。

f0080102_15321442.jpg

地下道を抜けたら大きい道に出た。しかし横断歩道も陸橋もない。えーーー。
日本人の男性チームは、車が来ないのを見計らって大きな道路を渡っていく。
私もこっそり付いていく。

f0080102_15322201.jpg

来るのには難儀したけど、立派なターミナルが見えてきた。
たぶん、私が通ってきたようなルートでここに来る人はあんまりいないだろうな。
でも、横断歩道か陸橋欲しかった。

福岡からの高速船がつく国際旅客ターミナルは新しくて大きくて、空港みたい。
旅行案内所で無料のパンフレットとかもらっちゃった。(今更)
日本人の女の人が、日本語でイビスホテルの場所を聞いていたんだけど、
電話番号も住所もわからないらしく、案内所の人と2人で困ってた。
(釜山にイビスは複数あるっぽい。調べず来るなんて、勇気あるな~)

外のベンチで一休み。海も気持ちいいな~。次は船で来ようかな~。

f0080102_16555561.jpg

釜山駅まで歩いてみる。10分で着いた。このルートには怖い場所も危ない場所もなかった。

f0080102_15324429.jpg

それにしても暑い。もうじき12月だというのに、異常気象?

暑いのと歩いたのとで結構疲れちゃった。
さっきまでお腹いっぱいと思ってたけど、なんか食べられそうな気がしてきた。

よし、冷麺食べよう!駅の上にある「ソウル・トッペキ」という店に入る。12:40。
最初に食券を買って入る方式。レジのおばさんの笑顔がいい。

f0080102_15324867.jpg

適当に入っても、ちゃんと美味しいね。本場だから。

そうだ、まだ時間があるから、跳ね橋を見に行こう!

地下鉄に乗って南浦駅へ。
昨日も来たロッテマートに入って、屋上スカイガーデンを目指す。

うーん、最高!

f0080102_15330270.jpg

14:00 下にある影島(ヨンド)大橋が上がり始める。

f0080102_15330988.jpg

橋のたもとには人がたくさんだけど、上から見る方が面白いので、上がってきて良かった。

釜山に来てから、叔父、祖父にそっくりな人を見かけた。
今日はとうとう母に似てる人を見つけた!
ソウルに行ったときはそんなでもなかったのに。私の体には百済のDNAが組み込まれているに違いない。

釜山駅に戻りロッカーからスーツケースを出し、
来た時と逆のルートをたどって空港へ向かう。なんだか喉が痛いな~。暑かったから逆に?

空港についてWiFiを返却する。
重かったけど借りてよかった~。カムサハムニダ!

お、空港にある巨大な広告、角島大橋じゃないですか?すごいですね~。来てくださいね。

f0080102_15333232.jpg

チェックインして、Sky Hub Loungeへ。
結構、へんぴなところにあるけど、食べ物もあるし、トウモロコシのヒゲ茶もあるし、ナイス。

最後に綺麗な夕焼けまで見れた。ありがとう!釜山!

f0080102_15332405.jpg

3人掛けのシートの窓際に座った。

真ん中が小学4年生くらいの男の子で、通路側が保護者のおばあさん(たぶん)。
この男の子がスーパー良い子で、おしぼりや飲み物を配られるたびに、
私のも取ってくれて、輝くような笑顔で渡してくれるの。
しかも、私が飲み終わったなーと思ったら、さっと空いた紙コップを取ってくれるの。
ずっと無言だったからたぶん韓国人だと思う(おばあさんとの会話も聞こえず)。
韓国人の男の子は、こんなに小さい頃からジェントルマンなんだ。。。。すごい。

帰りは35分で着くというので楽しみにしてたのに、福岡空港が混んでて旋回されちゃった。
でも全体的に、とっても楽しい釜山旅行でした。

一人で海外にも(韓国だけど)行けるってことがわかったし。
また一つ大人になったね。(じゅうぶん大人)

[PR]
by camitiyo | 2017-11-28 12:00 | 釜山
バス停からお昼の場所まで1kmくらいなんだけど、すでに歩き疲れてるから、1駅だけ地下鉄に乗る。
(チャガルチ駅で乗って南浦駅で下車)
なんか、バスと電車を乗り継ぐと、割引されるようなことが書いてあったような気がするけど、
普通に1300Wだった。何かやり方を間違えたのかも。

iPhoneを見ながら店を探すも、すぐそばまで来て迷子になり、5分くらいさまよってしまった。

それはそうと、今回の旅行で「る〇ぶ」を持ってきたんだけど、
滞在ホテルも行きたいレストランも乗ってなかったので、次は「〇っぷる」にしよう(笑)。

12:10「済州家」

f0080102_13290047.jpg

店に入るとすぐに日本語のメニューを持って、席に案内してくれる。何故わかるー?

あわびのお粥。うん、生臭くないし、すごく美味しい。

f0080102_13290664.jpg

後からお客さんがどんどん入ってきて満席になった。セーフ!

斜め前の男性一人客、しばらくメニュー見た後、「英語メニュー下さい」だって。
私にはすぐに日本語メニューくれた切れ者店員さんにも見抜けなかったか~。なに人かな?

食後は、すぐ近くの釜山タワーへ。

タワーのある龍頭山公園までエスカレーターがある。

f0080102_13291241.jpg

こちら、釜山のシンボル、釜山タワー(120m)

f0080102_13291765.jpg

いいお天気なので、公園ではお年寄りが将棋のようなものをやってました。なごむ~。

8000Wで切符を買って、展望台まで上がりました。
リニューアル直後だったので、エレベーターも最新式で、
壁面が大スクリーンとなって釜山の観光名所を次々と映し出してました。

ちなみに、上りも下りも同じ映像だったんだけど、
上りの時はお兄さんが無表情に「上へまいります」と言っただけだったのに、
下りの時はお姉さんがディズニーランドばりのテンションでガイドしてくれて楽しかった。
どんなところでもプロ意識がある人とない人というのはいるもんですな。

海側です、きらきら光ってきれいねー。

f0080102_13292653.jpg

山側。
昨日、電車で北上した時も思ったけど、釜山には斜面に立ってる建物が本当に多い。
平野が少ないのに人口が多いんだねー。

f0080102_13294568.jpg

数少ない釜山の観光名所(のはず)なのに、意外と観光客が少ない。
私以外は、南欧系のいちゃいちゃカップルと、中国か韓国の親子連れ。
この親子連れの2,3歳の男の子が機嫌が悪くて、床でわんわん泣いている。
困った顔をしたお父さんが置いて行こうとしたら、子供がお父さんのリュックを両手で持ってて、
泣きながらズルズル~っと引きずられていった。周りで見てる人はニヤニヤ。

釜山タワーから降りて、光復美化街を西へ。

f0080102_14431041.jpg

ちょうどクリスマスの飾りつけをしている。

13:45 DAISO発見。なんか面白いもん売ってないかな?
・・・・ほぼ日本のDAISOと同じだった。がっくし。
でも、可愛い韓国風のマスキングテープ買っちゃった♪

この通りには、化粧品のお店がたくさん揃っている。
化粧品にそんなにこだわりはないんだけど、ちょっとは買おうと調べてきたのに、
どの店も若い女の子だらけで、ちらっと入ってはすぐに出る。(やる気なし)

本当は韓国茶の店に行きたかったんだけど、なんか潰れてた。。。。

国際市場へ行こう。

昨日の西面でも思ったんだけど、食べ物の屋台と、洋服のワゴンが入り乱れてるのが、不思議。
匂いとか気にならないのかな?
全くお腹すいてないけど、ぜんざい美味しそうだな~。次はチャレンジ!

f0080102_13295881.jpg

ここから先は富平カントン市場。


f0080102_13300559.jpg

別に買いたいものはないけど、市場って見てるだけで楽しいよねー。

韓国なのでキムチ屋さんやスパイス屋さんはもちろんのこと、
粉(?)ばっかり売ってる店、日本と同じ練り物の店、海藻の店、明太子屋さんもある!
え?明太子って、どっちが最初!?

それにしても、韓国の市場って品物をきれーいに並べるよね。
お魚もそうだけど、小葱だって揃えてきっちりと。
お供え用の伝統菓子なんて、ジェンガみたいに積み上げてあるもんね。
日本以外の国の人はたいていシンメトリー(左右対称)大好きだけど、韓国は特にきっちり。
日本の市場なんか韓国の人から見たら、ごちゃごちゃしてて散らかってるように見えるのかな?

ただただ歩き回って疲れた~。くしゃみしたら、腰にぎくっときた。
どっかで休憩したいけど、マックとかスタバは嫌だ!
と思ったら「Korean Sweet & Cafe」とある店を見つけたので入ったら「ソルビン」だった。

15:00「雪氷(ソルビン)」
ここは、夏に天神でかき氷食べたとこ。本店は釜山にあったんだね。
英語のメニューを見せてくれたんだけど、どれが伝統茶だかわからない。
Citrus Teaあった。ゆず茶だ。

f0080102_13301721.jpg

しばらく休憩した後、イニスフリーという化粧品やさんでパウダーを買った後、裏通りを歩いて見る。
すっごい美味しそうな店がたくさん!

一人旅も楽しいんだけど、胃袋が一つしかないからいろんなものが食べられないのが短所だな。

これ以上ここにいても、何も食べられそうにないので(観るものはもう無い)、
ロッテマートに寄って帰りますか。

16:15 ロッテマート
大きくて新しいデパートだけど、疲れたので食品売り場だけもしよう。

f0080102_13302586.jpg

フードコートは半分以上が外資。(というか日本食とか)
福岡には無いクリスピークリームドーナツがある。
この間すごく食べたかったけど、さすがに韓国まで来てクリスピークリームは食べなーい。

キンパ(巻きずし)とスンデとマッコリを買ってホテルへ戻りました。

f0080102_13302919.jpg

なんだかわからず買ったスンデ(真ん中)は見た目は豚の血ソーセージみたいだけど、
モチ米が入ってるソーセージで臭みもなく、付属のコチュジャンをつけて美味しくいただきました。
カルピスサワーのようなマッコリは、量が多すぎて飲みきれませんでした。
(というか、キムパもスンデも食べ切れないけどね)

今日1日で、2万4千歩も歩いてた。疲れたと思ったー。

f0080102_13303400.jpg

[PR]
by camitiyo | 2017-11-27 20:00 | 釜山
6:30、起床。朝まで一度も起きることなく、泥のように眠った。しかしオンドルはいいね。

窓の外から聞こえてくる風の音がすごい。
なんか寒そうだけど、今日の予想気温も最高気温16度で温かいはず。

朝ごはんは外で食べるので、とりあえず昨日コンビニで買った豆乳みたいなのを飲む。
起き抜けに飲んでもうまい!日本でも売ってくれないかな。

8:00、ホテルを出発。釜山鎮駅から1号線に乗る。
通勤時間だと思うけど、思ったほど混んでいない。
首都圏の電車が異常に混んでるだけか。

8:15、チャガルチ駅で降りて市場のほうへ。

チャガルチ市場は新しめのビルなんだけど、その周りに魚屋さんが一杯。
ご近所なので、そんなに変わった魚はないけど、市場は楽しいね。

f0080102_14160900.jpg

ヘソンポリパプという店を探すも全く見当たらず、辺りをウロチョロする。
相当歩き回った後、もうあきらめて市場の中の食堂へ行こうと思い、
道路を渡って反対側から見たら、店を発見・・・・。
っていうか、店の前や横には看板は出てなくて、
道路の向かい側からしか見えないところに看板があったという。なんじゃそりゃ。

店の前では、おばちゃんが一人で鍋をかきまぜている。
(よく考えてみれば、この一角でこの時間にやってる食堂ここだけだった)

おばちゃんに「ポリパプ?」と聞いたら、破顔してうなずいて、奥へ案内された。
席に座ったら「オチャ―」と言って、ぬるいお湯のようなものを出してくれた。
(たぶんコーン茶かな?)

ここはポリパプ(麦飯)のビビンパとチェチョプクク(しじみ汁)の店らしい。
おばちゃんはすでに入り口付近でポリパプを作り中だったので、
そこまで行って「チェチョプククもチュセヨー」と言ったら、うんうん。

ここまで書いてふと気づいたんですけど、
私自身がおばちゃんなので、私がおばちゃんという場合は、
70オーバーということでよろしくお願いします。(おじさんも)

すぐに、お盆に乗った麦飯、野菜の煮たのが運ばれてきた。
優しいおばちゃんが麦飯の上に、野菜を載せてくれてくれてたら、
どこからともなく表れた、おばちゃんその2がお箸を奪い取ってすごい速さでやり始めた。
そして、すっごい濃いみそ汁のようなもの(右下)を半分くらい入れて、
後はかき混ぜて食べろと手で説明して去って行った。(その2はせっかち)

f0080102_14163006.jpg

麦飯ビビンパは劇的に美味しいという訳ではないけど、ヘルシーで、
少し前の韓国の一般人は、こういう食事をしてたんじゃないかな~と
勝手に昔の韓国人の気分に浸りました。

それにしても、韓国の食事には小皿がたくさん出てくるけど、
残した場合、それらは捨てられてしまうのだろうか?もったいないな・・・。
味付けに使った濃いみそ汁のようなものも、半分しか使わないなら、量を半分にすればいいんじゃ?
ビビンパとしじみ汁で7000₩。

店を出てチャガルチ駅の方へ戻る。
屋台にいろんな飴を載せて売っている人がいる。商売になるのだろうか?つかみ放題とか?

さあ!釜山のマチュピチュこと、甘川洞文化村を目指すよ!

チャガルチ駅近くのマウルバス(マイクロバス)のバス停を探す。
ネットに1-1か2-2か2のバスに載るとあったが、ちょうど2が来たので乗る。

f0080102_14164995.jpg

小さいバスだけど、ちゃんと電子カードが使える!すごい。
私以外誰も乗ってこないのが不安・・・・・。
バスの運転手さんは茶髪のお兄さん。なんか運転手さんっぽくない。
乗るや否や大通りでUターンするバス。おーぅ。

少しずつお客さんも乗ってきたけど、思ったほどお客さんがいない。
私の予定では、観光客がみんな甘川洞文化村へ行くだろうから、
同じところで降りればいいやと思ってたのに、これではどこで降りていいやら。。。

バスは住宅地の中の坂道をくねくねと登って行く。
一応、降りる場所は「感情小学校」とメモってきたが、
ハングルでの読み方を書いてこなかったので、まったくわからないーーー。
あまりのくねくね道で、運転手さんのところに聞きに行くこともできない。

そろそろかな~と思ってたら、バス停で2人降りたので、
よしココだ!と思い切って降りてみた・・・何もない・・・・。
げげげげ、ちょっと待って、ちょっと待って。
あわてて、一緒に降りた乗客の女の人を捕まえて、
「甘川(カムチョン)?」と聞くと、この道を150m昇ると教えてくれた。
フライングしちゃったみたい。

坂道を上がろうと思ったら地図があり、この付近も文化村のようなので、
バス道を通らず小道を登ることにした。

f0080102_16450296.jpg

歩いている人は誰もおらず、単なる住宅地のような気もしないでもないけど、
家の壁が白やパステルカラーなので、怖い感じはまったくせず楽しい。

f0080102_14165679.jpg

あちこちの家に壁画が描いてあるが、住民は気にせず洗濯物なんか干しちゃったりして(笑)

適当に家の間をくねくねと登って行くと、そのうちバス通りに出た。
少し歩くと、いかにも観光地といった場所に到着。バス亭もあった。ここか~。

目の前に「i」とあったので入ってみる。2000₩でスタンプラリーになっている地図を購入。
とはいえ、このスタンプラリーを全部クリアするためには相当歩かないといけない。
この一帯に100以上のアートが点在しているらしいので、気になるのだけ見に行くことにする。

f0080102_18332842.jpg

スタートしてすぐのオブジェは「人そして鳥」。不気味といえば不気味、可愛いと言えば可愛い。

f0080102_14175059.jpg

名前がついていない階段にも、かわいいアートが。

f0080102_14180438.jpg

甘川洞で一番有名なインスタ映えスポットは「星の王子様」なんだけど、
例によって外国人インスタグラマー(知らんけど)が行列を作ってたので、諦めました。
なんか、そもそも地図に書いてある場所と違ってるような気がしたけど、移動させたのかな?

この辺りは、スタート地点から水平にぐるっと回ってきた辺りで、ナイスビュー!
マチュピチュかどうかはアレだけど、カラフルで小さな家が斜面にぎっしり。

多くの観光客が「星の王子様」で引き返している。
何故なら、ここから道がぐーっと下がっているから。(降りたら登らないといけないしね)

んが、私は行くよ!「甘川の顔」を見たいから~。

f0080102_18383666.jpg

ずんずん坂を下りて行ったところの「甘内コル幸福発電所」内のミニチュア。
誰もいない屋上で景色を見ながら少し休憩。さすがに土日は人で一杯なんだろうけどね。

f0080102_14182724.jpg

少し降りたところに、ありましたよ「甘川の顔」。これこれ、これ見たかったの。
やっぱ面白い!甘川洞のお気に入り2位でした!

f0080102_17431669.jpg

さらに少し降りたところにあった「動く村」。
なんかこの横にハンドルがあって、動かすことが出来るとあったのに、ハンドルが見つからない。
キョロキョロしてたら、近くにたまたま座っていた近所のおばちゃんが、
「あそこ、あそこー」と指をさしている。
そちらを見るとスタンプが・・・・・。あっ、スタンプ探してると思われちゃった。
仕方ないので、スタンプを押して、お礼を言って立ち去る。でも釜山のおばちゃん優しいな。

ずいぶんと下ったので、帰りが心配になってきた。よし帰りはこの道を戻らずバスにしよう。
ということで「大根」というオブジェを探すぞ。

地図を見ていると、おじさんがハングルで話しかけてきた。
お互いまったく何をしゃべってるかわからないまま、地図の「大根」を指さす。
無理やりハングルで、ここを入って左だよと教えてくれるおじさん。
おばさんだけじゃなくて、おじさんも優しいなー、釜山。

f0080102_17512945.jpg

甘川太極道本部。韓国の人は漢字をどのくらい読めるのだろうか?
こういう風にところどころ漢字を見かけるから、英語よりは読めるのかな~?謎だ。

f0080102_17515898.jpg

伝統市場の中でようやく見つけた「大根」。ちょっとがっかり。

人は誰もいないけど、ここは普通の市場らしく、お店の人もお客さんらしき人も少しいました。

f0080102_17522870.jpg

マウルバスの通りまで出たところにあった「希望のメッセージ」。通りをわたって初めて気づきました。

バス停はすぐに見つかったので、5人の作業員風の人たちと一緒にバスを待つ。
作業員の人たちは逆方向から来たマイクロバスに乗り込んで行ってしまった。ずこーん。

やってきたマウルバスに乗り込む。(1本道だし、停留所3つだけなので適当に)
そして、今度は間違いなく、小学校前で降りる!

f0080102_14190397.jpg

最後にどうしても観たかったのがこれ「一つになる」。素敵~、良くできてる~。
これが甘川洞のお気に入り1位!
私が行ったときは、インド人の家族が写真を撮ってるだけだったけど、
そのうち、インスタグラマー(知らんけど)が大挙してやってきて、ぜんぜん写真撮れなくなった。
危ないとこだった!

f0080102_14190984.jpg

10mくらいずれてもナイスビュー!ここが一番景色が良かったかも。

村の入り口付近では、少し観光客が増えてきていて、韓国の伝統衣装を着ている若い人たちもいた。
私ももう20歳若かったら絶対やるのになー。(中年発言あるある)

よし、帰ろう。
バス停でチャガルチ駅行のマウルバスを待つ。
ラッキーなことに、日本人の家族がいるぞ。ついて行こう!

バス停には観光客がたくさんいるも、団体客らしく観光バスに乗り込んで行く。
と、そのタイミングでマウルバスが!あーーと思ってるうちにマウルバスが行ってしまった。
ダメだ!私がついていこうとしている日本人家族は優柔不断だぞ!

次のマウルバスが来た。日本人家族は「これかなー、これかなー」と言っている。
えーい、方向はあってるんだから、乗っちゃえーー、と乗り込む。日本人家族も乗り込む。
乗ったはいいが、降りる場所がわかるかどうか不安なので、Google Mapとにらめっこ。
日本人家族は私が思ってるより早く降りていったけど、ぐっと我慢。
このまま南浦洞まで行ってくれればラッキーと思ってたら、いきなり左折。しぶしぶ下車。
結局、乗り込んだ場所と同じバス停で降りることができましたー!成功ー!

昼ご飯食べに行こう!

[PR]
by camitiyo | 2017-11-27 11:00 | 釜山
店を出て東莱府東軒を目指します。

f0080102_18301105.jpg
これかな~と思って入ったところは宋公壇という壬辰倭乱の戦没者のお墓でした。
この写真の左側の部分に、男の人が一人座ってて、他に観光客はなし。
なんか不気味なので、一歩だけ入ってすぐに出ました。(なんだかわからなかったし)

f0080102_18311129.jpg
お向かいは東莱市場。
本当ならゆっくり見て歩きたいけど、iPhone の充電があと30%しかないので、
気がせいてしまって、とりあえず予定の目的地以外は素通りすることに。(また来よう)

f0080102_18304123.jpg

こちらが東莱府東軒。朝鮮時代の官庁。あぁ、チャングムやトンイの世界♪

f0080102_18314769.jpg
こちらは現役の交番。
観光客に大人気で、写真チャンスをずいぶんと待ちました。

再び、寿安駅へ戻り、4号線で東莱へ。1号線に乗り換えて、延々と北上する。
釜山の街は山が多く、1号線は山と山の間を南北にほぼまっすぐ通ってる。
気づいたら、地上を走っていたので、窓からの景色が楽しい。
この間地震があったけど、日本と比べて基本的に地震が少ないせいか、
ちょっと日本では考えにくいくらい山の斜面にぎっしりと高層ビルが建っている。

終点の1つ手前の梵魚寺駅で下車。

ここからお寺までバスに乗り換える。
有名な観光地なのでバス乗り場が簡単に見つかると思っていたが、
やっぱり迷子になる。あははは。
駅から出て、最初の方向が違ってたね。
(iPhoneに詳しい地図を入れてたんだけど、写真を撮るためにバッテリーは取っておきたい)

90番のバスを見つけて小走りで追いかけて、やっとバス停を発見。
バス停には漢字で「梵魚寺」と書いてあった!良かった~。

乗ったはいいが、降りる場所がわからない。
車内アナウンスはあるもののハングルだけ。。。
でもまあ全員降りるでしょう!
ということで、たくさんの人が下りた場所で私も降りる。
(合ってた)

梵魚寺(ポモサ)は禅宗の由緒あるお寺。

f0080102_18321708.jpg
この不思議なバランスの門。絵になる~。(といいつつ描いたことは無い。。。)
近くで見ると、韓国のお寺っぽく、カラフルで綺麗。

f0080102_18324753.jpg
一番奥にある本殿(いくつかあってどれがどれだか)では、何人かの人がお参りしてました。
韓国はキリスト教が多いと思ってたけど、仏教徒もいるのね。(そりゃそうか)

f0080102_18334120.jpg
ちょうど紅葉の季節で、お寺の敷地のどこもかしこも綺麗~。
f0080102_18341274.jpg
絵になる~(といいつつ、やっぱり描かない)

帰りも同じバスに乗ります。
ハイキング帰りの人たちと一緒になって、バスが激混みだった。
立ったまま必死で吊革につかまって山道を降りたけど、
次のバスがすぐに来たので1台待てばよかった。。。

予定ではこの後、西面に行って少し歩いて、晩御飯を食べる予定だったけど、
全くお腹すいてないし、疲れたし、iPhoneのバッテリーが無いので、
一度ホテルに戻ることにしよう。

16:45、釜山鎮駅からホテルに戻りチェックイン。
まあまあ古いホテルだけど、ベッドは広いし、床がオンドルになってるのがいい!

ちょっとだけ休憩しながらiPhone を充電する。はぁ~、良かった!
しかし何故、充電器ちゃんたちは空っぽになっていたのか?
充電器を充電しようと思ったら、空っぽではない。ほえ?
もしや、ケーブルがもう弱ってるのか?
しまった、充電器は2つ持ってきたのに、ケーブルは1本しか持ってない。
仕方ない、どこかで買おう。
思えばネパールでカメラの電池が切れて買ったこともあるし、
インドでSDカードが一杯になって買ったこともあるなー。

ホテルの部屋にはPCとWiFiとテレビと冷蔵庫があり、
タコ足配線が足りないらしく冷蔵庫には電源が入っていない。
PCとWiFiは使わないので、外して冷蔵庫を入れよう。
それにしても、最初から電源が足りてない状態というのが、ゆるいホテルだなぁ。
(嫌いじゃない)

17:50、だいぶ充電できたので、出かけよう!
地下鉄1号線で西面(ソミョン)駅へ。
若者に人気のファッションタウンらしいので、別に用事はないけど、散策してみる。

西面は天神みたいな感じの場所で、地下街も充実してる。
コンビニに「ふんわり名人 きなこ餅」が山積みされてた。ブーム来てる!?

地下から地上に上がるとき、降りてきた韓国人の中年女性に急に話しかけられた。
すごい勢いで何かを言ってくるので「あっ、あの。。。」と言ったら、
あー、ハングルはしゃべれないのかみたいなことを言って去っていきました。
そっかー、韓国人に見えましたか?ちょっと意外。

地上に出て歩き回る。色づいた大きなイチョウが綺麗。
f0080102_18354698.jpg
ロッテホテルの横の通りに、こぎれいな屋台が並んでた。
日本人が多いのか、屋台の横のビニールに日本語の落書き(サイン?)が書いてある。
気になるけど、ここもまた次回にしておこう。

テジクッパ通りというところを歩いて見る。
f0080102_18362515.jpg
そんなにお腹がすいてないので、通り過ぎるだけのつもりだったけど、
店の人に入れ入れと言われ、ついつい入っちゃった。
f0080102_18365514.jpg
テジクッパ~(約650円)。豚骨スープと豚肉の汁かけご飯。
注文してすぐにばばばーっと運ばれてきた。
指さしながら、これ(麺)とこれ(キムチ)を入れて、これ(塩辛)は半分入れて、
これ(玉ねぎ、にんにく、唐辛子)はこのまま食べてね、とハングルで。
言われたように作ってみる。
おぉぉ、これは美味しい!
チャングムで何種類もの塩辛を使い分けてたけど、韓国では塩辛は調味料なのですな。
スープもあっさりしてるし、豚肉もぜんぜん油っぽくなくて美味しいんだけど、
食べても食べても肉が出てきて、途中で全部食べられないことに気づく。
あー、こんな時、しげちゃんがいてくれたらな~。

帰りの地下街でiPhoneの充電器を購入。

釜山鎮駅を降りてすぐのコンビニでパトロール!
f0080102_18184802.jpg
謎の飲み物を2つ購入。
右のほうはバナナ牛乳で、とにかく甘ーい。
左の方は豆乳だった。こっちも甘いけど、イケる!!

買ったケーブルも調子いいのでじゃんじゃん充電するよー!
WiFiとその充電器も充電しないといけないので、電源タップ総動員。

明日の天気をチェックしたら最高気温16度、最低気温9度だった。
私が帰る翌日からは、最高気温8度!
ちょうど温かいときに来たんだな。まあ良かった。

白い壁に誰かが蚊をつぶした跡が2か所も残ってる。
しかも、たっぷり血を吸った蚊。
これは、何としてでも掃除したほうがいいんじゃね?
まあいいや、寝よう。

[PR]
by camitiyo | 2017-11-26 20:00 | 釜山
しげちゃんの職場の人がしょっちゅう釜山に旅行に行って楽しいらしいので、
とりあえず私一人で偵察に行ってこいと言われました。

一人で海外旅行、ちょっと不安だけど、
しげちゃんが出張に行っている間に、ちょこっと行ってくることに。

初めてなので、飛行機とホテルがセットになっているパックツアーを予約しました。
空港とホテルの送迎つきだと免税店に連れていかれるので、それは断りました。

7時前に家を出て、7:25に地下鉄の空港駅へ。

空港駅で国際線の入り口を探すも見つからず、
横に止まってたバスの人に、国際線の入り口はどこですか?と尋ねたら、
「国際線まではこのバスに乗らないといけませんよ」と言われる。
えー、そりゃ調べてなかった!
10分くらいバスに乗ってた。意外と遠かったな。

国際線ターミナルに到着後、旅行会社から飛行機のEチケットを受け取り、
エア釜山のカウンターは長蛇の列。
全員が東アジア人。というかここの空港にいる人のほとんどが東アジア人。
私の番が回ってきたけど、すぐに終わった。なぜこんなに行列ができていたのか謎。

現地で両替したほうが得なのは分かってるけど、
両替屋さんを探したり両替したりする時間がもったいないので、
空港で10万ウォンのパックを2つ分両替した。(約2万2千円)
なんと自動両替機で出来た!便利な世の中だ。

たいして広い空港でもなく、観るところもなさそうなので、早々に出国した。

KALのラウンジは閉まっていたので、ラウンジTimeへ。
食べるものはお菓子しか無い。来るときにおにぎり買ってきて良かった。
ここで朝ごはん。
もしかしたら北からミサイルが飛んでくるかもしれないし「たびレジ」に登録しとこう。

f0080102_16364912.jpg

前に韓国(ソウル)に行ったのは秋田に住んでいた時だから10年くらい前。
あの時は、行きの飛行機の中でハングルの勉強をしていたら、
隣に座ってたおじさんが教えてくれたなー。
すっかり忘れちゃったので、なんとなく文字が読めるように勉強しとこう。

f0080102_16370177.jpg

9:30、機内へ。エアプサンと言うけど、ローマ字だと「Air Busan」。
韓国語はPとBが曖昧なの不思議~。KとGも曖昧よね。
その割に日本人に聞き分けられないような子音もあって、
ハングルをしゃべるのはハングルを読むのより100倍くらい難しそう~。

エアプサンはLCCなんだけど、思ったより狭くない!
機体がアシアナ航空のものなので、狭くないんだって。
これならしげちゃんも乗れるんじゃない?

どうせすぐ着くだろうから寝ようと思ったら、
水平飛行に入るやいなや入国カードと税関申告書が配られた。
急いで書かないとすぐ着いちゃう!焦って書いてたら間違っちゃった。。。
あー!もう下降に入った~!(さらに焦る)

きゃ~、釜山の街が見えてきた。すごい高層ビルだらけ。都会なんだな。

10:30、着陸。入国審査は指紋を取られるやつ。すぐ終わる。

11:00、Wi-Fiを借りる。
日本で予約したんだけど、予約したサイトの名前がどこにも書いてなくて迷う。
結局、SKテレコムのだった。1日330円、安ぅ。
一人で迷子になると不安だからね。WiFiがあればもう恐いものはない!
(ただ、ルーターとバッテリーがセットなので、結構重かった・・・・)

空港からホテルまで電車を乗り継いで行く。

まず空港から金海軽電鉄に乗る。
Cashbee(電車のカード)を買って全部それですませたかったんだけど、
売り場が見つからなかったのでチケットを買う。

f0080102_16370837.jpg

チケットじゃなーい!これカジノのコインじゃん?(これがチケット)

金海軽電鉄は高架を走る電車なので、景色を見たり駅の名前でハングルの読む練習をしたりしてすごす。
沙上駅で降りて、地下鉄2号線に乗り換える。(簡単)

f0080102_16372090.jpg

地下鉄2号線の西面駅で1号線に乗り換える。
これがちょっとトリッキーで、上り線と下り線とホームが別らしく、ちょっと迷う。
釜山駅方面に行きたいのにな~と思ってキョロキョロしてたら、
若い男性が「どうしましたか?」と日本語で話しかけてくれたので、
「釜山駅のほうに行きたいんですが」と言ったら、「それならあっちです」と教えてくれた。
韓国人男性は日本人男性に比べてジェントルマンですよね~。
ただ、西洋人みたいに、階段でスーツケースを持ってくれるということは無かったな。

移動中、iPhoneの充電をしようとするもぜんぜん充電されない!
フル充電した充電器2つ持ってきたのに、両方ともダメ。なんで?焦る!
カメラ持ってきてないし、GPS使えなかったらWiFi借りた意味ないじゃん!

ところで韓国の若い女の子の髪型は全員ストレートロングで、
おばさんは全員くるくるパーマなんですけど、途中はどうなってるんですかね?
ロシアに行ったときに、若い美人と肥ったおばさんの間はどうなっているのかと
目を皿のようにして過渡期の人を探したのを思い出すわー。

地下鉄1号線の釜山鎮(プサンチン)駅で下車、プライム観光ホテルへ。
徒歩10分ということだったけど、5分くらいだった。ラッキー。
しかも途中、警察所の前を通るので、なんか安心。
ホテルのフロントは日本語が通じた。荷物を預かってもらう。

まずはランチの店へ。
地下鉄1号線の釜山鎮駅から北上して東莱(トンネ)駅へ。
店はここから歩いて15分くらいらしいけど、迷子リスクを減らすために1駅乗り換える。
4号線に乗り換えて寿安(スウォン)駅へ。
この乗り換えがえらい長くて、1kmくらい歩いたんじゃない?

寿安駅のエキナカに博物館があった。
後で調べたら壬辰倭乱歴史館らしいので、日本人が入っていいかどうか微妙~。

しかし暑い。
天気予報を見ると、釜山は福岡より数度寒かったので、
上下ともヒートテック着てきちゃったんだけど、なんか暖かいみたい。
寒くないのはいいけど、ヒートテック脱ぎたい・・・・。

寿安駅を降りて「東莱ハルメパジョン」を探す。
ここまで、ハングル+ローマ字+漢字表記があったので、油断してたけど、
店の名前はハングルだけ。
しかも、有名店なのに意外と小さくて、見つけるのに難儀しました。

13:15、東莱ハルメパジョン

中に入って、1人と指を出すと、テーブルに案内された。
すぐに日本語メニューを出される。助かります。
「東莱パジョン(小)」20,000ウォンを注文。高いけど、これを食べるって決めてきたから。
ただでさえ暑いのに、床がオンドルになってて、暑い~。
見えるところに少なくも日本人客が2組いる。でも隣は韓国人の家族。
お母さんは私と同年代。
おっ!ミディアムボブ!中間層はミディアムなのだな!なるほど、なるほど!

f0080102_16372502.jpg
見た目チヂミだけど、釜山の郷土料理のパジョン。
小麦粉じゃなくて、米粉なのでモチモチ度が高い。(というかぺとぺと度?)
そして大量のネギとカキなのど魚介類が入ってる。
美味しいけど、正直言ったらチヂミのほうが好きかも・・・。

左上はキャベツの甘酢、その下は寒天みたいなののナムル(?)、
右上は豆腐の黒ゴマソース、右下はキムチ味の葉っぱ(白菜?和えただけ?)
すみません、全部食べ切れませんでした。

[PR]
by camitiyo | 2017-11-26 12:00 | 釜山