カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:台湾( 22 )

12:30 デパート「太平洋SOGO復興店」で昼ご飯食べるよ。ついさっきかき氷食べたけど、あれは氷だからノーカロリーだよ。

今回、友達の希望は「九分」「故宮博物館」「小籠包」「マンゴーかき氷」「屋台」だったので、最後の最後に小籠包行きますよ。「鼎泰豊」は福岡にもあるし大行列なのでー、「點水楼」に来ましたー。なんか豪華っぽい~。

f0080102_18501713.jpg

普通の小籠包と、XO醤の小籠包。皮がうすくてスープたっぷり。XO醤は意外と辛い!

f0080102_18501100.jpg

友達は、昨日食べた葱掻餅がよっぽど気に入ったらしく「葱餅」というのを注文したら、まったく違うものがきたーー。ごっっっつい!

f0080102_18501502.jpg

結局、全部たべきれず包んでもらった。やっぱりかき氷、カロリーゼロではなかったみたい。

13:00 台北駅まで戻り、ロッカーから荷物を出す。預けるときにやけに安いと思ったら、出すときにもお金が必要だった。

2017年に新しくできたという桃園機場線に乗るべくプラットホームを探す。遠い、、、、不安になったころ、ようやく見えてきた。成田エクスプレスのホームくらいか・・・。ここもイージーカードで入る。ちょうど電車が来ていたので乗り込む。結構混んでいたけど、ばらばらの席になんとか座る。新しい電車だけあって、きれいなんだけど、寒い!温かい国のエアコンの温度、なんとかなりませんかね~。あるものを全部着込んでなんとか耐える。

f0080102_20042668.jpg

14:00 帰りの飛行機は16:45なのでチェックイン開始は14:45なんだけど、なにせ台風問題があるのでどうなってるか気になる~。台風は日本を直撃していて、福岡以外(大阪とか大分とか)では欠航が多い中、奇跡的に福岡は欠航になってないっぽい。

何故か一つだけぽつんと離れたところにカウンターがある。ダメ元で行ってみたら、どうやら出発するらしく、しかも(早いけど)チェックイン手続きもしてくれた。荷物を預けた後、「この後、荷物がセキュリティチェックを通りますから、無事に通るかどうか見ておいてください」と謎の指令を受ける。見ていると、荷物は無事に奥に吸い込まれていった。確かにこのカウンター、すみっこすぎてセキュリティチェックなかったかも。

最初に2万円ずつ両替したけど、移動はほとんどイージーカードで節約したので、結構お金余っちゃった。手数料がもったいないけど、再両替した。

早く来たので時間余っちゃった~。空港の中を探検してたら、奥の方に原住民のいろいろ展示コーナーを発見。誰もいない。台湾にも結構少数民族いるんだなー。九分でみかけた男の子たちは、どこかの少数民族だったんだろうと勝手に決める。(だって漢民族っぽくないんだもん)

f0080102_20043138.jpg

あ!そういえば、タピオカミルクティー飲んでなかった!有名店じゃないけど、ここでいっかと買って飲んでみたら、普通の紅茶で作ったミルクティーではない!なんだかわからないけど、今日のお昼に呑んだ青草茶みたいな、なにがしかの漢方とか草木の味がするー。でも美味しいー。アリ、アリ、アリー!

f0080102_20043555.jpg

搭乗口の近くで、小籠包の椅子を発見。可愛い~!普通に座ってる人たち、なんでそんな冷静に座ってられるの~?
f0080102_20044044.jpg

帰りもホットミールでたでよー。駅弁みたいで美味しいでよー。

f0080102_20044715.jpg

20:00 福岡空港に無事到着!友達は新幹線が間引き運転だったけど、なんとか無事に帰れたみたい。

行きも帰りも台風が心配な旅だったけど、奇跡的に何も問題なくこなせました。ありがたや、ありがたや~。

[PR]
by camitiyo | 2018-09-30 20:00 | 台湾
9:30 MRT北門駅から問屋街の「迪化街」へ。大量の乾物が積み上げられているアーケードを歩く。前に来たときはお茶とか椎茸スナックとか買ったなぁ。友達は、小分けになってるカラスミをお土産用に買っている。小分けとは、いいところ付いてくるねぇ。

f0080102_18493888.jpg

なんかリノベーションブームで、小道に入ると可愛い雑貨店なんかがある。ちょっと覗いてみてたら、めっちゃ可愛いハリネズミの指輪を見つけて買ってしまった。後でよくよく見たら、日本製だった(笑)。まあ、、、、出会いということで。

f0080102_18494485.jpg

かき氷を求めて、雙連駅の方へ向かう。裏道に渋いお茶スタンドがあり、店の人が「こんにちわ~」と日本語で声をかけてきた。「苦茶」「茅根茶」「青草茶」と書いてある。店の人が、それぞれ指を差しながら「すごく苦い、苦い、美味しい」と説明してくれた。美味しいというのだけがちょっと説明になっていないような気もするけど、珍しいものを飲みたいので「じゃあ苦いにする!」というと、ちょっと反笑いで「試す?」といって小さいコップに苦いを入れてくれた。!!!!!!ぐわぁぁぁぁーー!にっがーーーーーーー!!!子供このころに間違えて食べた渋柿の渋い部分だけを液体にしてコップに入れたみたいな味。口を閉じられないくらい苦い!!笑ってる友達にも飲ます(いっしっし)。やっぱり店の人のアドバイスは聞くもんだ。結局「美味しい」っていう「青草茶」にした。私が騒いでいる間、バイクのおじさんがやってきて、バイクのまま青草茶を買って飲んで去ってった。渋い。青草茶は甘いハーブティー(苦さはゼロ)。今日はそんなに暑くないけど、夏の暑い日にジュースじゃなくてコレを飲むほうが100倍くらい体によさそう!

f0080102_18494895.jpg

10:30 民生西路を東へ。なんだかレトロな建物を発見。ふらっと入ってみる。「新芳春行」という場所で、お茶の博物館みたいになってた。お茶工場をリノベしてて、中央に細長い机と椅子があり、スタッフさんに「どうぞどうぞ座ってください」と言われ、そこにあった可愛いスタンプを押して遊ぶ。なんだろうここは。奥にはカフェコーナーとショップもあって、可愛いパッケージの中国茶があったので、ついつい買ってしまう。歩き疲れてたのでちょうど良かった。スタッフさんも優しくて、和むわー。

f0080102_18495376.jpg

11:00 マンゴーの季節しか開いていないという「冰讃」へ。オープン少し前に着いたので、まだ開いてなかった。並んでると、ぽつりぽつりとお客さんがやってきた。と、マンゴーの段ボールが次々と運び込まれる。おぉぉ、まさしく生マンゴーなのですな。

f0080102_18500239.jpg

オープンと同時に一番乗り!日本人に人気らしく、完璧な日本語メニューがある。カウンターで一番人気のマンゴー(芒果雪花冰)と盛り合わせ(四種配料刨冰)を注文し、ブザーを貰って席で待つ。マンゴーだけでも良かったんだけど、台湾に来てまだモチモチなもの食べてないので。
f0080102_18495812.jpg
うぅぅぅぅうまいぃぃぃまんごぉぉぉぉ。たまらん。下のも美味しいよ。こんにゃくに見えるものもカボチャに見えるものも、もちもちした芋の団子で、左上のコーヒーゼリーに見えるのは漢方のゼリー。甘苦くて美味しい。台湾の味♪

[PR]
by camitiyo | 2018-09-30 12:00 | 台湾
今日は最終日=帰国日。天気予報を見る限り、台風は福岡を直撃してるみたいなんだけど、私たちは帰れるんでしょうか?(どきどき)

f0080102_15374143.jpg

8:00 チェックアウト。今日も張り切っていくよ!
ホテルに荷物を預けようかと思ったけど、駅に預けることにするので、スーツケースを持って出る。

台北駅までMRTで行き、コインロッカーを探したけど、大きい駅って中で迷子になっちゃうんだよね~。駅員さんがいたので、教えてもらう。よさげな場所にあった♪

f0080102_15402064.jpg

MRTで1駅の「善導寺駅」で下車し、すぐの「阜杭豆漿」へ。「人気店だけど、朝ごはんだし広いので、意外と並ばずに入られる」ということだったんだけど、やっぱり行列ができている。友達に行列に並んでもらって先頭を確認しに行くと、店のあるビルの3方向をぐるっと囲むように行列ができている!ぎょえぇぇぇぇ。周りを探すと、別の豆漿屋さんを発見。行列はできてるけど、5人くらい。友達のところへ戻り、「とんでもない行列が出来てるから、別の店に行かない?」とそっちに移動することに。

f0080102_15255758.jpg

並んでいる間に、メニュー表(というか注文票)を渡される。文字だけみてもどれを頼んでいいのかわかんないな~。と隣のご夫婦の旦那さんが「すみません、こういうの(と写真を見せる)を頼みたいんですけど、どれですか?」と聞いてくる。う~ん、私もいまいちわからないんですよ~これじゃないですかね~とか言ってるうちに番が回ってくる。席についたら注文を聞きにきたので、私たちも写真を見せて指さして教えてもらう。その他、大根餅と葱餅を頼んでみる。友達は、故宮博物館の帰りに食べた葱餅がかなり気に入ったらしい。

豆漿は、味付きの豆乳の中におぼろ豆腐と葱とお揚げみたいなのが入ってて、前に食べたときにあまりの美味しさに、日本に戻って作ったもんね~。大好き~。

f0080102_15260295.jpg

大根餅はもちもちして美味しいけど、かなり味が薄い。お向かいに座ったお婆さんも同じものを注文してたんだけど、立ち上がって醤油をかけに行ってたので真似をする。葱餅はまあ美味しいけど、昨日のほうが美味しいかも。どれもビニール袋の上に置いてあるので、皿を洗わなくていいようにかな?と思ってたら、持ち帰り出来るようにだった。なんて便利!

f0080102_15260597.jpg


f0080102_15260874.jpg

青いラインに乗って「龍山寺」駅へ。

9:00 龍山寺。一番有名なお寺へ。日曜日だからかやけに人が多い。

f0080102_15263219.jpg

入口のところで「日本人ですか?」と聞かれ、はいと答えると、火が付いた長いお線香を1本渡され、「あそこでお辞儀をして、ぐるっとまわって、あそこでお線香を立てます」と教えてくれた。おぉ~、前回はこんなことなかった。日曜日に来るといいことあるな。寺の周りをぐるっと取り囲んだ人たちが、歌を歌うように揃って読経をしている。まるで日曜の朝に教会に行ったみたいだ。前の人について、お線香を持って一周まわる。ここには各種神様がいらっしゃって、どこが何の神様とかあるんだけど、ガイドブック見られないのでわからず。だけど読経の中お参りできて良かった。雰囲気あって素敵だった~。

[PR]
by camitiyo | 2018-09-30 10:00 | 台湾
21:00 MRTで一番人気の士林夜市へ

f0080102_16565204.jpg

土曜日だけあって、すんごい人混み。人をかき分けながら、友だちとはぐれないように進む。若い人が多いせいか、屋台の食べ物も若い人向けの者が多くて、見ただけでお腹いっぱいになりそうな大きいフライドチキンとか、ホットドッグとか。。。。

奥にはゲームコーナー。やけに大きい麻雀牌を使ったゲームが気になるけど、ルールがさっぱりわからない。射的やストラックアウトは単純そうだけど、賞品が別に欲しくないというね(大人ってつまんないねー)

f0080102_16565761.jpg

地下のフードコートに降りる。ぐるっと1周まわって、そこそこ人気がありそうな店に入る。

美味しいかどうかはさておき、珍しいので一応注文しとこう、牡蠣入りオムレツ。あと、水餃子に魚のフライに台湾ビールも♪

f0080102_16570214.jpg

お腹がくちたので、地上に戻って散歩してたら、前回も食べた「状元粿」の屋台を発見。同じおじさん!たぶん聞こえないし喋れないおじさんなんだけど、どうせ中国語しゃべれないから指さし注文。大きめのコップくらいの木の入れ物に一つ一つ米粉を詰めて、蒸して取り出すという、とっても昔っぽいおやつで、強いて日本のものに例えるとすれば、ふっかふかの軽羹かな(見た目は白いカヌレ)。優しい味で大好きなので、また出会えてうれしかった~~~♪おじさんにまた会えてうれしかったって伝えたかったけど、どうやっても伝えられないので、笑ってお礼を言って去る。

f0080102_16571564.jpg


23:00 MRTでホテルに戻る。いやぁ、疲れた!!今日もいっぱい歩いた~~!!

[PR]
by camitiyo | 2018-09-29 22:00 | 台湾
台北駅から台鉄に乗って、瑞芳(ルイファン)へ。
前回と同じく、悠遊カード(EASYCARD)で行ったので、チケットも買わずらくちん。

f0080102_17282110.jpg

13:50 瑞芳で平渓線の短い電車に乗り換え、十分へ。

14:30 十分で下車。1つ前で降りて滝に行く人もいたけど、歩くと結構遠いんだよねぇ。(そして行くほどでもないという)

最初に声をかけてきたお兄さんのところでランタンを頼む。なんか言葉も見た目も他の人と違って見えた。もしかして、漢民族じゃないのかも(なんつって、知らんけど)。

前回、ちゃんと考えずに書いた反省を生かし、今回はちゃんと(具体的に)願い事を書いた!今回も、動画を含め、完璧に写真を撮ってくれたお兄さん。プロやね。

f0080102_17283125.jpg
↑他の人のランタン

平渓線は単線で、次の電車まで1時間くらいあるので、橋を渡ったりお店を覗いたりする。

タロイモアイスとナッツが入ったクレープを食べる。パクチーを入れるかどうか聞いてくれる。せっかくだから入れてもらう。
隣で食べていた、どこかのアジア人(東アジアではない)観光客が「パクチーは合わない!」と激しく店の人に言っていた。あははは、そこまでエキサイトする?ちょっと笑った。わたし的には、パクチー無いほうがいいけど、珍しいのであってもよし。

f0080102_17283722.jpg

笛がピーっとなって電車が来るぞー!ということで、線路に居た人はいっせいに脇へ避難。これが楽しいのよね。

f0080102_17284167.jpg

15:30 再び電車に乗るため、イージーカードをピッとするカードリーダーのところへ行くと、なんだか作業員のような人が修理していて、近づくと「いま壊れている」と言われる。えー?どうすればいいのか教えてよー。近くに駅員さんがいたので、イージーカードを見せたら、壊れてるカードリーダーを指さす。「壊れてる」というと、「もう電車が来てるから早く!!」(たぶん)と急がす。「壊れてる!!」と再び言うと「あっち行け!!!」(たぶん)とキレ気味に駅の中にある別のカードリーダーを指さす。キレられても・・・・。前回、電車が来た時に、線路から出ろ!とぶちぎれてた人、この人だな(笑)。なんとか電車に飛び乗る。

f0080102_17284570.jpg

瑞芳駅に戻り、下車。前回は少し歩いてバスで九分まで行ったけど、今回はもう駅前からタクシーに乗っちゃうもんね。九分までは205元の固定料金が決まってるので、安心。

九分の老街入口のセブンイレブン前まで行ってほしかったけど、土日はタクシーはそこまで行けないらしく、ちょっと下で降ろされた。

天気は薄曇りだけど、雨は降ってない。台風の気配は全く無いし、逆に台風一過で天気が安定している。ラッキーなのかも。

店を見ながら基山街(アーケード)を歩く。買い食いしたいけど、口が甘いので、甘くないものが食べたいんだよね~、とか言いながら、アーケードを抜けてしまった。

有名な階段の上から写真を撮って、暗くなるまでお茶することにしよう。

f0080102_17285482.jpg

どこでお茶するかな~と思ったけど、結局、ド定番の「阿妹茶酒館」(前回と一緒)に行くことにする。

f0080102_17285821.jpg

並ぶことなくテラス席へ案内される。2度目なのに、やり方を全く覚えてないので、新鮮な気持ちで1から習う。300元(1200円)とちょっとお高めだけど、2時間くらい居座る&お茶を10杯以上飲むので、結果的には安い。


f0080102_17290200.jpg

ここのお店、店員さんが感じよくて、日本語で「ゆっくりしていって下さいね♪」って言ってくれるので、遠慮なく日が暮れるまでひたすらお茶を飲んで過ごす。向かいの店(たぶん海悦楼)からは、この阿妹茶酒館が見えるので、みんなテラスにでてる。次に九分に来ることがあったら、あそこに行ってみよう。(といいつつ阿妹茶酒館にまた来るかも)

f0080102_17560466.jpg

日が暮れたので、茶館を出て、もう一度外から写真を撮り、台北に帰ることにする。これ以上暗くなったら、階段がすごいことになるからね!外にはたくさんの人が並んでた!ごめんなさい、そんなに並んでるとは知らず、長居してしまったよ!

前回は瑞芳までバスで行き、そこから電車に乗り換えたけど、さほど待つことなく、台北行のバスがきたので、台北までバスで帰ってみる。

終点まで乗るので心配無いんだけど、日本のバスと違って、次の停留所の案内とかないので、Google Mapを観ながら居場所を確認する。(心配性なんでね)

f0080102_18134424.jpg

20:30 忠孝復興駅に無事到着!

[PR]
by camitiyo | 2018-09-29 20:00 | 台湾
6:00 起床。今日は終日雨だって。でも、昨日の天気予報も雨だったけど、ほとんど降らなかったからな~。
f0080102_15073747.jpg

7:00 朝食。昨日は結構疲れたので、朝ごはんはホテルで食べることにする。いちおう台湾ぽいものを選ぶ。

f0080102_15081077.jpg

8:00 出発。南京三民駅から緑の線で中山駅、赤い線に乗り換えて士林駅。

友だちが駅のトイレに行っている間にふと見ると、電源とUSBポートが!なんてスマホユーザーに優しいんだ!まだ出発して間もないけど、ちまちまと充電してみる。

駅を出て目的のバス停へ。ここに来るほとんどのバスが「往 故宮」となっている。(漢字がわかるって便利~)

f0080102_15081591.jpg

8:50 故宮博物館到着。雨は降っていない。写真を撮りながら進む。土曜日なので、地元の若い人達がきゃっきゃやってる。インスタ映え~。

f0080102_15081984.jpg

中に入って、3階まで直行。なにはともあれ、団体客が来る前に、白菜と豚肉を見なければ!

間に合った!すこしお客さんいたけど、行列が出来るほどでは無かった!前回来たときは、大阪に貸出中だったので豚肉とは初対面。「おっ、おう・・・」って感じ。なんで、白菜と豚肉ばっかりこんなに取り上げられるのか、よくわからん・・・・。

f0080102_16215227.jpg

企画展で立体トリックアートをやっていた。最初、意味がわかんなかったけど、手前の白いのが目で見えているオブジェで、奥に見えているのが鏡に映ったオブジェ。カッティングにより、鏡で見ると全く違う形になっている。ふっしぎーー!

f0080102_15082922.jpg

一つ一つ見ていくと、たっぷり1日はかかりそうなので、緩急をつけて見て回る。友だちは、何を見ていいかわからないと言うので、私のおススメの豪華装飾コーナーを。いやぁ、何度見てもお宝~。あと、象牙の玉が何重にも透かし彫りになってるのも必須。3Dプリンタでも使わないとこんなの作れないよ!

動物の口からワインが出る酒器を見てずっと笑う。夫婦での旅行も楽しいけど、友達との旅行も楽し♪

10:20 バスで士林駅に戻る。駅で前回も食べた「葱抓餅」を見つける。おぉ、これ日本にないから食べようよ、といって卵入り(加蛋)を1つ買う。口で説明するのは難しいんだけど、千切り玉ねぎが大量に入ったパイ生地のようなものを、へらでバンバン叩いてぐっちゃぐちゃにする、謎の食べ物。友だち曰く、3日間で食べたもののなかで、これが一番多いしかったらしい。あははは、35元だけど、良かった。

f0080102_15083364.jpg

本当は、電車に乗る前に台北駅のフードコートでお昼を食べようと思ってたんだけど、葱抓餅も食べたし、そんなにお腹すいていないというので、お昼はいいことにして中正紀念堂に行くことにする。

11:30 中正紀念堂。蒋介石の功績を称えるために作られたこれまた巨大な建物。

f0080102_15084980.jpg
水たまりに移った逆さ牌楼など撮ってみる

f0080102_15085365.jpg
とにかく巨大な紀念堂

中はそんなに楽しくないので行かない~。よし、台北駅へGo!

[PR]
by camitiyo | 2018-09-29 12:00 | 台湾
18:00 店をでてすこし南下したところが「國父紀念館駅」。入口はどこだろう?通りかかりの若いお巡りさんに聞くと、iPadを使って教えてくれる。すすんでるぅ~。


f0080102_16250611.jpg
國父紀念館


國父紀念館は孫文の生誕100年を記念して作られた建物。中には入らない。大きい~。日本人には思いつかないほどの大きさ。台湾は島だけど、作ったのは大陸の人だからね。すごい。

この前で20人くらいの若者が謎の動きをしていた。みんなイヤホンをして揃いのゼッケン番号みたいなのをつけて、同じ方向を向いてゆっくり動いている。撮影でもしているのかと思ってカメラを探すも見当たらず。(一体なんだったのか・・)

台北101がどんどん近づいてきた。大きい!

f0080102_16251145.jpg

天気も悪いし、予約もしていないので、展望台に上るつもりはない。ただ単に来てみたかっただけ。地下のお土産コーナーに行ってみる。

友だちは初日からお土産を買っていた。まあ、初日に買っておけば安心ちゃ安心よね。私はお土産いらないけどね、大人は普通いるよね。

イートインコーナー、すっごい美味しそうだったけど、これから夜市に行くのでぐっと我慢。

やたら人がたくさんいると思ったら、「鼎泰豊」だった。さすが!すごい行列。日本にもあるけど、日本とは違うんでしょうねぇ。でも行列するのは時間がもったいないからしないけど。

荷物を置きにいったんホテルへ。そして、すぐに出発!

今日行く「饒河街夜市」は、ホテル近くの南京三民駅から1駅の松山駅下車。

駅を降りるとすぐに、ド派手な寺院が!竜宮城かと思った。

f0080102_16252279.jpg
松山慈祐宮

一応、寺院の中をちらっと覗いて、その隣のこれまた派手な門をくぐる。

f0080102_16252873.jpg

一応、食べたいものをメモってきたんだ。まず最初に見つけたのが「薬燉排骨」。スペアリブのスープ煮込みなんだけど、漢方の生薬で煮込んであって匂いがすごい!いかにも体によさそう。こんなに薬臭いのに、クセになる。自分でも作りたいくらい美味しい!

f0080102_16253289.jpg
薬燉排骨

1つ食べた後、ずんずん通りをはじっこまで歩く。店はたくさんあるんだけど、食べなくても味が分かるものは食べたくない(イカ焼きとか、ハンバーグとか)。

やたら大きい音を立てている屋台があり、みたら、小さい自動餅つき機で餅をついている音だった。食べたい!2組並んでいたので私たちも並ぶ。マーシュ―(米編に麻+米編に署)というスイーツらしい。屋台のお兄さんが小さいお餅に一つ一つ粉を詰めて丸めて、最後に黄な粉にまぶしている。ぜったい美味しいやつだ。私たちの前まで来たところで、あと1人前ということになったみたいで、私たちが最後だった。んで、「小1つ」を注文したのに、最後だからとたくさんくれた。ぎゃーラッキー!

f0080102_16253581.jpg
マーシュ―

前回も食べた「麺線」。ここのは牡蠣味だった。美味しいけど、阿宗麺線のモツ味のほうが好きかも~。

f0080102_16253844.jpeg
麺線

ラストは「福州世祖胡椒餅」。行列出来てるけど、これは仕方ない。並ぶ。どこでもそうだけど、人気屋台の人って、黙々とそればかり作り続けててすごい。「もういやだ!自動化しよう・・・」とか思わないところが、ほんとエライと思う。行列はそこそこ長いけど、黙々と作り続けてくれてるおかげで10分も並ばずに買えた。せっかくの熱々だけど、ホテルも近いし、ビールを買って帰って食べることにする。

f0080102_16254208.jpg
福州世祖胡椒餅


コンビニでビールとお菓子を買って、ホテルに戻って、胡椒餅を食す。いやぁ、さすがに美味しい!前回食べた(無名の)胡椒餅とはぜんぜん違う!肉がいっぱい詰まっててジューシー!ビールにも合う!

f0080102_16254540.jpg

九分には行けなかったけど、まあまあな1日だった。何より、台風がそれて台北にこられただけでもいい1日だった。

今日の歩数は22,518歩。疲れた!寝る!

[PR]
by camitiyo | 2018-09-28 23:00 | 台湾
飛行機は無事に飛びそう!

雨は降るかもしれないけど、旅行中止よりいいよね。

f0080102_16254990.jpg

友だちとは福岡空港駅の改札で待ち合わせ。シャトルバスで国際線ターミナルへ。

チェックインするときに「Eチケットを」と言われる。今回のツアーはH●Sで申し込んだんだけど、最初「Eチケットは不要」とかいってくれなかった。ただ、飛行機が飛ぶか飛ばないかわからない状況で、もし遅延した場合Eチケットが無いと不安なので、と言って送ってもらってた。あって良かったよ。チェックイン後、朝ごはんはレストランでサンドイッチをシェアした。

買い物することも見て回るところも特になく暇なので、Timeラウンジで時間をつぶす。

f0080102_16242291.jpg
チャイナエアライン

10:55 飛行機に乗ってすぐにブランケットを貰う。さっむー。上空から台風の目、見えるかな~?

11:50 昼食。短くても国際線だから(そしてLCCじゃないので)ちゃんとご飯が出るんだねー。
友だちはワインを2杯も飲んでいた。私はね~、旅行の時は、飲み食いは控えめって決めてるので、ジュースだけ。

f0080102_16242885.jpg
私のはすき焼き


入国カードを配られたので、記入する。職業欄で私は「Housewife」なんだけど、友達は何と書いたらいいかと聞かれる。「え??なんだろう??わかんないからEmployeeとでも書いとけば」「どういう意味?」「雇われてる人(笑)」「(笑)」。後で調べたら、友達は職業そのままケアマネージャー(Care manager)と書けばよかった。

後ろに夫婦と娘の3人家族が座っていて、お父さんが超ハイテンション。お父さん「インスタで飛行機の写真とか取ると『いいね』されるんだよねー」、娘「お父さんインスタやってんの?」、父「うん、フォロワーは知らないアジア人1人だけだけど」。ちょっと~お父さん~!(笑)

12:30 台湾桃園空港到着。到着便のボードを見ると、日本からの便は福岡と東京しかない。九州でも福岡以外は中止になってるからね。入国審査はすごい行列。一番奥に並んだら、新しくゲートが開いてすいすい進む。ラッキー!

13:30 荷物を受け取って外に出たところでH●Sのボードを持った人を発見。私たちが一番乗りみたい。全部で27人いるって!げげげ。今回のツアーには、空港からホテルまでの送迎と、途中の両替やがついているので、大人しく待つ。送迎は断れなかったし、桃園空港はまあまあ遠いしね。でも、27人いるとなると、ホテルに到着するのは何時になるか・・・。出来れば金曜日の今日、九分まで行きたかったんだけどなー。

みんな揃ったので出発。途中の両替やではそれぞれ2万円づつ両替する。他の人たちは随分と両替しているので、ちょっと不安になったけど、私の見積もりでは2万円で足りるはず!

16:00 台北フラートンホテルに到着。15時くらいにホテルに到着すれば九分に行きたかったけど、今日は諦めよう。台北にはフラートンが2つあって、自分が思ってた方と違ったので驚いた。初歩的ミスだ。友だちが初めての海外旅行なので、ちょっとだけ良さげなホテルにしたんだけど、さらに部屋がアップグレードされてて、キングベッドが2つの部屋だった。ラッキー!

f0080102_16243794.jpg
超豪華~

雨も降ってないので、「スイーツ」→「台北101」→「夜市」に行くことにする。

ホテルを出て「光復北路」を南下する。途中、少し雨が降り始める。

16:40 豆花の店、「騒豆花」へ。思ったよりこじんまりした店だった。

入るとすぐに日本語メニューをくれる。豆花はくみ豆腐みたいな伝統スイーツ。人気のお店らしく、有名人のサインらしきものが一杯はってある。半端な時間のせいか、お客さんは私たちだけ。

f0080102_16245981.jpg
騒豆花(ピーナツ&蜜)

f0080102_16245408.jpg
 マンゴー豆花 

優しくて美味しい。豆花大好き♪

[PR]
by camitiyo | 2018-09-28 18:00 | 台湾

台北(2018) 0日目

子育てが一段落した友達の「初めての海外旅行」のお供の栄誉に預かった♪
私がぼんやり生きている間に、2人も育てて大学に入れてるんだから、立派としか言いようがない。
最初、釜山に行こうと思ってたんだけど、本人の希望により台北に。私はどっちでもいいよ~。

そんな記念的な旅行なのに、大型の台風がちょーど台湾を直撃しそう。
旅行会社に電話したら、航空会社から特に連絡はない場合、空港まで行ってみないとわからないと。ひぃぃ。
航空会社のサイトには、日本国内と台北を結ぶ便の運航中止がアナウンスされてるし(涙)

f0080102_16114358.jpg

んが、前日になって、奇跡的に台風のルートが台湾からそれた!
大型台風は相変わらず沖縄から九州にかけて近づいているけど、とりあえず行きの便は大丈夫そう。
(帰ってこられるかどうかは不明・・・)

今回も、旅のしおりをつくりました。
天気のこともあるし、どのくらいこなせるかわからないけど!

f0080102_16195823.jpg


f0080102_16115581.jpg

f0080102_16115942.jpg


[PR]
by camitiyo | 2018-09-27 17:00 | 台湾
バスで士林駅へ戻る。

駅前でちょっとした行列を発見。
おっ、気になってた「葱油餅」だ。ねぎ焼きみたいなもんかな?並ぼう。
f0080102_17004755.jpg
観光客向けの店じゃなかったらしく、店の人は台湾の言葉であれこれ聞いてくる。
わからないので30元を出して指さしでなんとか購入。
焼きあがった薄っぺらいお好み焼きをヘラでバンバンと叩きまくって粉々にしてからくれる。
ほえー!?なんで?
塩味の葱入りお好み焼きといった感じの味。まあまあかな。

店の隣のおもちゃ屋さんの前にガチャガチャがいくつも置いてあった。
たぶん全部日本製だと思うんだけど、
f0080102_18353603.jpg
なぜ、これをチョイスしたのか・・・・?
買う人はいるのだろうか・・・・?

士林駅からMRTで圓山駅へ。

駅から孔子廟の方へ歩く。

私のイメージするこれぞ台湾という看板が並んでいるのを発見。
しかも、一番手前が檳榔(ビンロウ)の店じゃないですか。
私が台湾に行くと言ったら、英会話の先生が「すっごい薄着の女の子が街角でビンロウを売っている」といったけど、全く見かけなかった気がする。
小説や映画の中でしか見たことないビンロウ・・・。気になる。
f0080102_18354559.jpg
孔子廟の前で見かけたオブジェ。
お分かりいただけるだろうか。見ざる聞かざる言わざるの左に、もう一人いることが。
後ろ手に腕を組んで、うさぎ跳びでもしているような子がいる。お前は何ざるだ!
f0080102_18355266.jpg
孔子を祀った孔子廟に入ります。学問の神様だって。
f0080102_18360332.jpg
ほとんどお客さんいない。
入るの無料なのに、日本語のけっこう詳しいリーフレットをくれる。
なんていいところなんだ!
f0080102_18361130.jpg
しかし台湾のお寺(というか廟)はどこもここもド派手な彫刻がすごい。
屋根の上だけじゃなくて、柱も壁もこまごまとまー、きれいにしてあって、
一つ一つ見てたら、あっという間に時間が過ぎてしまうくらい面白い。

隣の保安宮へ行く。
f0080102_16213165.jpg
門がド派手~!
保安宮は健康の神様だって。
こっちは孔子廟よりちょっと人がいました。学門よりも健康のほうが人気があるということですかな。

保安宮を出て、別の駅にお昼を食べに行く予定だったんだけど、
この近辺の店を見ている間に、お客さんがいっぱい入ってる店に入ってみることに。

店の入り口の屋台のところにいる若い女性の店員さんは英語ペラペラだったんだけど、
説明されても食べたことないものはわからん。
なので、指さし注文。
f0080102_16520554.jpg
左下が汁なし麺、右上は春雨と豚肉の汁物
そして、真ん中のは豚肉のいろんな部位のおでんのようなもの。
黒いのは血らしいけど別に血の味はしませんでした。おこわみたいな感じでした。  
f0080102_18361847.jpg
二人でこれだけしか食べなかったんで、店を出てすぐの「老蔡水煎包」というチェーン店で焼き肉まんを買う。
f0080102_18362590.jpg
焼き肉まんは普通に美味しかったね。
個人的には普通の肉まんのフワフワのほうが好きだけど、焼き肉まんはあんが肉肉しててこれはこれで。

4日間精力的に歩き回ったおかげで、全ての観光スケジュールはクリアした!

せっかくなので足マッサージに行こう!とガイドブックを頼りにマッサージ屋さんに行くも、
休みなのか、だれも出てこない・・・・。

もうホテルに帰っちゃう~?と松江南京駅へ戻る。
松江南京駅からホテルに帰る途中、足マッサージ屋さんを発見!ここでいっか。
中に入ると、地元のマダムが二人マッサージ中、そしてお店の人も2人。
やっぱり予約なしじゃダメかー、と思ったら、やりますとのこと。すいませんねー。

足をお湯につけてしばらく待ってると、外にバイクが止まって、
バタバタ~と男性と女性が入ってきて、バタバタ~と私たちの前に座った。なんか、、、すいません。

マッサージは痛くなくちょうどよい加減でした。
私が携帯充電器でスマホの充電をしてたら、
「この下に電源があるから充電していいですよ。台湾の店はたいていそうですよ」と教えてくれた。
それが唯一、お店の人との会話(笑)

マッサージを終えて、1本裏道を通ってホテルに帰る道、見逃せない屋台を発見。
f0080102_18364305.jpg
なんかわからないけど、1個づつ食べたいーーー!
しげちゃんに1個だけと言われ、めっちゃ悩んで、左上の緑豆を購入。
鮎の形の和菓子に似たお菓子で、薄いどら焼きのような生地の中には緑豆のあんこが入ってた。
よく見たら、下に日式(日本風)って書いてあるー!えー、そうなのー?
んじゃ一番下の段は大福~?気になるわー。

さらに通りを進んだところの「濃富利冰品」という小さいぜんざい屋さん(?)にお立ち寄り~。
f0080102_18365133.jpg
おじさんと全く会話できなかったので、指さしで注文しました。
f0080102_18365826.jpg
ぜんざいに豆花入れてもらった。かき氷にいろいろ乗せてもらうのもよさそうだったけど、ぜんざい好きなんでw

いったんホテルに戻って2時間休憩~。

19時ごろホテルをでて、近くの「富覇王豬脚極品餐庁」へ。
この店、初日からずっと気になってた店で、なぜならいつみても行列ができていて、
そして、店の前に貼ってあるメニューに売り切れの札がいくつも貼られているから。

今日もやっぱり行列ができていた。
よく見ると、テイクアウト用の列と店内用の列があり、店内用の列に並ぶと意外と10分くらいで入れた!
f0080102_18370359.jpg
どうですか!これ!
豚足の店なんだけど、これは一番人気の腿の部分。いやぁ見た目よりしょっぱくなくて美味しいのなんの。
こりゃ行列できるわー。
f0080102_18370708.jpg
あとルーローハンも♪この間のミンチ風のルーローハンでなくて、ぷるぷるのやつが乗ってる。きゃー。

店は込み合ってるので、地元の初老のご夫婦と同席だったんだけど、
ご主人の方に日本語で「日本人は豚足とか食べないでしょう?」と話しかけられた。
「あんまり食べないし、こんな美味しい豚足はないです」と答えた。

台湾の年配の人が日本語しゃべれるのは知ってたけど、
この方は日本人じゃないかというくらい上手な日本語だった。

いやぁ、行きたいところに全部行ったし、食べたいものも結構食べたし、満足!!

[PR]
by camitiyo | 2017-02-21 20:00 | 台湾