がんばらない毎日


by camitiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
あっさりと、ハワイのブログ終わりました~。

なるはやで、釜山とポルトガルも頑張りたいと思います。

[PR]
# by camitiyo | 2018-02-25 14:56
今日は帰国日。
8時には迎えのバスが来るので、なにがしかの食料を調達しにローソンへ。
ABCストアと比べるとアジア感満載。
そういえば、ロコモコ丼を食べてなかったので、
ロコモコ弁当とパパイヤとスパムおむすびと、ネットで評判だった美味しいジュース。

ロコモコ弁当はみたまんまの味だった。(試さなくてわかってたけど)
パパイヤは安定の美味しさ!

f0080102_14135059.jpg

送迎バスで空港に向かう途中、虹がでてた。お見送りしてくれてるのね、ありがとう!

f0080102_14135569.jpg
ユナイテッド航空のラウンジはしょぼかったー。(といいつつフルーツを食べる)

f0080102_14154741.jpg

往路はほとんど映画みれなかったけど、帰りは全く眠くならずに、4本も観てしまった。

「バリー・シール」トム・クルーズ。パイロットからCIAエージェントになって、麻薬の運び屋になった男の実話を元にした映画。実話とはとうてい思えないくらいはちゃめちゃな人生だった。

「アトミック・ブロンド」スパイ映画。シャーリーズ・セロンがとにかく強い。面白かったんだけど、途中、一か所寝ちゃってよくわからないところがあった。

「セブン・シスターズ」人口が増加しすぎちゃった近未来のSF映画。徹底した一人っ子政策で二人目からは冷凍保存という世界で、7つ子として生まれてきた姉妹が、世間的には1人ということにして隠れて暮らす。実は上の2つよりこれが一番面白かった。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」日本に着いちゃって最後まで見れなかったけど、泣いたー。今度レンタルしてしげちゃんと一緒に見よう。(絶対泣くと思う)

帰りの機内食。ラザニア(だっけかな?)

f0080102_14164240.jpg

初めてのハワイ(かつ初めてのリゾート)、まあまあ楽しかったです。

でも、次からは観光できるとこのほうがいいかな。

あ、そもそも福岡にいる間は、もう海外旅行しないかも。
九州を攻めます!

[PR]
# by camitiyo | 2018-01-19 20:00 | ハワイ
高級リゾートホテルに不慣れな私たちなので、
ホテルの中のレストランなんて(値段が)怖くてなかなか行けない。

朝ごはんなら大丈夫だろうと、おずおずと行ってみた。

朝ごはんも意外と高かった、、、
そしておそらくパンケーキなんか頼んだら、すごい量のがきちゃう・・・

てことで、アサイーとパパイヤボードという超ヘルシー朝ごはん。(モデル?)

f0080102_12344725.jpg

ちょいとビーチを散歩。ホテルの周りだけー。

f0080102_12353448.jpg

部屋に戻って本を持ってプールサイドへ。(今日も泳がない)
午前中で水も冷たいので、泳いでいるのはラテン系のティーンエージャーの女の子と鴨だけ。
プールサイドにはそこそこ人がいて、
黒いレースのワンピースに黒い大きな帽子とサングラスというマダムも。カッコいい、、、。

f0080102_12355949.jpg

ヒルトンバケーションズの説明を聞きに行く約束しちゃったので、
チェックアウトして、荷物を預けて(といってもカバン2つだけ)、指定された場所へ。

ここ数年、空港なんかでめっちゃプロモーションやってるヒルトンバケーションズは
ハワイ好きもしくはリゾート好きの人にはとっても良いシステムなんだろうけど、
私たちは今回の初リゾートで再認識した通り、リゾートタイプじゃないみたい。
なので、営業レディには申し訳ないけど、買えません~。
(「車一台の値段で高級リゾートに一生泊まれる」という台詞も全くささらず)

荷物を取って、元のホテルに戻りましょうかね。(なんか「王子と乞食」みたい)

歩くと結構あるので、トロリーバスに乗る。
しかし、これが失敗。
すっごい遠回りだった上に、途中で止まったので、歩いた方が早かったかも。

f0080102_12362900.jpg

2日間留守にした古巣ホテルに荷物を置いて、昼ご飯を食べに。

しげちゃんの同僚と石田純一おすすめのハンバーガー屋へ。
テイクアウトにしてもらって浜辺で食べる。

・・・・・・で、でかい・・・・・。二人で一つだけど、にしても大きい。
でも味は美味しい。日本でアメリカ風のハンバーガー食べると、結構高いもんね。

f0080102_12371222.jpg

ホテルに戻って、こっちのプールにも行ってみる。
ほとんど人はいないし、海も見えないし、空も狭いけど、これで十分ー。
しげちゃんは泳いで、私は本を読む。

f0080102_12373905.jpg

晩御飯は義妹一家に再び連れて行ってもらう。

アウトリガーリーフホテルの中のレストランで、肉を指さしで選んで、自分で焼くスタイル。
さらにサラダバーがついている。
私はバーベキューの串になってるを選んだ。今更、肉ばかりで体に悪いような気がしたので。
美味しいし、楽しい~。

f0080102_12381825.jpg

食事の後、外のビーチに出てみる。
あ、ここヒルトンからビーチ伝いに通ったとこだった。

ホテルに戻ってお風呂と荷造り。

たまたま夫婦でハワイに来てた、しげちゃんの高校の後輩が連絡をしてきて、
しげちゃんとその後輩の2人は、私たちの泊ってるホテルのバーに呑みに行った。

なんか、ハワイの他の島から来たという、美人姉妹と隣り合わせになって、
言葉が通じないながらも楽しく一緒に飲んだらしい。良かったねー。(ぐー)

[PR]
# by camitiyo | 2018-01-18 20:00 | ハワイ
朝7時に迎えのバスに乗って港へ。
クルーズ船に乗って、くじら探すよ!

f0080102_18173199.jpg

朝ごはんつきの人もいるけど、私たちは自分たちで持ち込んだ。
パイナップルとシュリンプ・テンプラ・ロール(日本になさそうなやつ)。

f0080102_18175587.jpg

冬になると、くじらが子育てのために近海に来るらしい。
すごく寒いけど、目を皿のようにしてくじらを探すよ。

f0080102_18181603.jpg

いない、、、、、出ない、、、、、イルカさえもいない、、、、。

なんと、結局、くじらは見つかりませんでした。(えーーー!?)

くじらが見つからなかった場合は、もう一度乗れる券をくれるというので、
義妹一家の名字でもらいたかったけど、無理だった。。。
私たちに次はない(涙)

ホテルに戻って、ビーチ伝いにお弁当を買いに行く。
隣の隣のホテルの敷地くらいのところにあるお弁当屋さんで、
ステーキ弁当(チキンとのミックス)を購入。(2人で1つね)

前に一人西洋人の女の人がいて「ここのお弁当買うの?すっごい美味しいよ」と
ノリノリで教えてくれた。あの陽気さはアメリカ人だな。

ビーチの横に座ってお弁当を食べる。確かに値段の割に肉が柔らかくて美味しい!

f0080102_18190211.jpg

夜のハワイアンディナーショーまで暇なので、初リゾートを楽しんでみよう。

私は日本で水着を買ってきたんだけど、部屋からプールまで水着の上に羽織るものが必要だということに、こっちに来てから気づいたんですねー。初リゾートなので、全く思いつかなかったんですねー。
なので、ABCストアで安いムームーみたいなのを購入~。

水着を着て、ムームーを羽織って、サングラスと帽子をかぶって、出陣!

f0080102_18184272.jpg

とはいえ、海は意外と冷たい。
私は見てましょう、しげちゃんいってらっしゃーい!

そしてプールへ。
プールも冷たいじゃないですか?
そして、どちらかが荷物を見てないといけないんじゃないですか?

とかなんとか言い訳をつづけ、プールサイドで読書する私。
・・・・結局、水着の意味はなかった・・・かな?
でもいいの。リゾート、満喫できました。まじで、充分。

夕方、ヒルトンの中にあるレストランでハワイアンディナーショーへ。

私たちのお向かいには、とっても美人でゴージャスな2人組。
屋上で寒いので、私はウィンドブレーカーを着てるのに、美人は超薄着。(若いしね)

始まったら、すぐに司会者が、皆さん立ち上がって、近くの人と挨拶してください!というので、
前の美人と、左の家族と挨拶。左は、モントリオールから来た感じのいい3世代家族。

食事はビュッフェで、なぜか巻き寿司があった。安定の紫芋。

f0080102_18201447.jpg

ハワイアン(ポリネシアン)ショーの踊り子さんって、男も女もちょっとぽっちゃりが可愛い。
そして、女性の髪はふわふわのカーリーヘアなのが可愛い。
なんかこういうディズニーアニメあったよね。見ようかな。

f0080102_18204573.jpg
ファイアー!

f0080102_18213155.jpg

[PR]
# by camitiyo | 2018-01-17 20:00 | ハワイ
今日は何をするか決めてない。とりあえず朝ごはんに行こう。

ホテルの目の前はアラワイ運河。皇居のお堀みたい。

f0080102_14393547.jpg

運河と逆方向に歩いて最初の角にABCストアがあった。
この辺り、全部の角にあるんじゃないかというくらいABCストアがある。
しげちゃんが帽子を無くしたので安いのを一つ買う。

あ!ワシントンに行ったとき買ったオバマミントだ!ハワイ出身だもんな。
と思ったら、トランプのもあった。1個だけ!(まさか人気で売り切れ!?)

f0080102_14401795.jpg

ホテルから10分くらいのところにある「マック24/7」というレストランへ。
日本人は見当たらないけど、そこそこ人気の店で、午前中なのにがっつり肉料理食べてる人もいる。

私は季節のパンケーキ、しげちゃんはエッグベネディクトを注文。

キター!すごいのキターーー!見た瞬間お腹いっぱい!顔より大きい。
(でもこれは避けては通れない道)

f0080102_14404177.jpg

しげちゃんのエッグベネディクトもがっつり。卵の下に肉あるし。

f0080102_14405807.jpg

パンケーキ、4分の1くらいしか食べられなかった。
お店の人を呼んで、「あー」と言っただけで「OK、持って帰るのね」と言って入れ物くれた。

ダイヤモンドヘッドに登ろうか?と思ったけど、ネットに今は工事中で登れないと乗っている。
んが、Twitterには「ダイヤモンドヘッドに登った」という今日のツイートが。
え?どうなってるの?

近くにANAのツアーデスクがあるので、帰りに寄ってみる。
ツアーデスクは日本人の女性が1人。ハワイに住んでこういう仕事、楽しいかも。

「ダイヤモンドヘッドって、今日はいけますか?」と聞いたら、
「いま工事中でいけません」との返事。
私は、工事中なら仕方ないとすぐに部屋を出たのに、しげちゃんがいつまでたっても出てこない。
10分くらいして出てきて「行けるらしいよ」だって。
なんか、しつこく食い下がってたら電話して調べてくれて、行けることが判明したらしい。
・・・・・・・粘り勝ち。

ホテルに戻るのにビーチの方を周ってみる。

おぉ、これが有名なワイキキビーチですね。華やかですねー。(見るだけー)
人がたくさん入っているのに、水が綺麗。ヤシの木と青い空と青い海が絵になるわー。
東洋人も何人かいるけど、中国人は長そで長ズボンですね。

f0080102_14412528.jpg

ホテルに戻って、パンケーキを冷蔵庫へ押し込み、荷物を軽くして再出発。

ホノルルには壁がないトロリーバスがたくさん走っていて、
私たちはレアレアトロリーというHISがやってるトロリーの乗車パスを持っているので、
ダイヤモンドヘッド行きのレアレアトロリーの停留所を探す。

ワイキキビーチの続きのクヒオビーチの前でバスを待つ。
たいていのバスががらがらなのに、私たちのバスはほぼ満員。
そして、日系人のバスガイドのおばさんがいる!
しかし、壁がないバスなので、おばさんの説明は全く聞こえない(笑)

f0080102_14421549.jpg

バスに15分くらい乗って、ダイヤモンドヘッドの駐車場で下車。

30分くらいかけて頂上まで。結構きつかったけど、サンダルの人もいたー。

ワイキキビーチのほうの眺め、最高!

f0080102_14435758.jpg

頂上には簡単な展望台があるだけなので、しばらく休憩したら下山する。

小学生くらいの男の子は、国の東西を問わず、みんな張り切って走って下山する。
身体が軽そうでいいなぁ。

駐車場でレインボーかき氷を食べる。(赤と黄色しか見えないけど、レインボー)
運動した後のかき氷は美味しい!

f0080102_14444438.jpg

トロリーバスを待つも私たちのバスがなかなか来ない。
私たちともう1組だけが残されてずっと待っていたら、タクシーの運転手さんが来て
バスは来ないよー、ワイキキまで乗って行かない?と勧誘してきたけど、待ってたら来た。

サンドヴィラホテルに戻って、2泊分の荷物を持って、ホテルを移動する。

福岡でヒルトンオーナーの説明会に行ったので、無料でヒルトンに2泊泊まれるのです!
レアレアトロリーに乗って、ヒルトンホテルまで移動する。

広すぎてどこに行けばいいかわからず、日本人のツアーデスクに行ったら、
もう一度ヒルトンオーナーズの説明を聞いたらプレゼントをくれるというので
無料に弱い私たちは申し込む。(どうせ暇なんで)

そして、ついでに何か海の生き物に会えるツアーを探してもらう。
結局、船でクジラを見に行くというツアーに申し込む。クジラ!楽しみだ。

部屋からは海は見えなかったけど、さすがに豪華~

f0080102_14451200.jpg

ヒルトンの前のビーチに散歩。フォトジェニック~。

f0080102_14454344.jpg

そういえば、ハワイにはプライベートビーチはないと言っていたので、ここも誰でも来ていいんだろうね。
でも当たり前だけどワイキキよりずっと人が少ない。

ホテル内にあるABCストアでスパムおむすびと焼きそばとビールを買って、
朝のパンケーキと一緒に晩御飯。(パンケーキ、まだ食べ切れーず)

[PR]
# by camitiyo | 2018-01-16 20:00 | ハワイ
今日はハワイ島からオアフ島に移動する日。
飛行機が出発する11:12の3時間前までにチェックインしたほうがいいと言われ、さらに朝の渋滞を見越して、7時にホテルをでる。赤いスクールバスが停まっているのを見かけたら、それが対向車線だとしても止まらないといけないので、朝は混むんだって。(結局、スクールバスは1台も見かけなかった。。。)

レンタカーの返却コーナーに行くと、何も言わなくても係りの人がチェックして、終了~。
あまりに簡単すぎて、逆にちょっと怖い。来るときと同じマイクロバスに乗って空港へ。

チェックインカウンターらしきところへ行くと、すでにたくさんの人がいる。
んが、どこがどう行列になっているのかわかりにくい。南国ムード?
なんとなーく進んで、なんとなーくチェックインする。
ホノルルの空港でANAの係りの人に「帰りのハワイアン航空は預入荷物が有料です」と言われたので、1つは持ち込もうと思ってたら、チェックインの時に「1人1つまで荷物無料」と書いてあったので、やっぱり預けることに。
なんか情報が錯そうしてる?

出発まで3時間近くあるので、空港ビルに入らずに、そとで日向ぼっこする。
だって、どうせ中に入ってもほぼ屋外みたいなもんだし、ラウンジがあるわけでもないし。

昨日4つも買っちゃったマラサダ(ドーナツ)がまだ残ってるので、朝ごはんに食べる。

私は読書、しげちゃんはお約束の鳥のえさやり。
f0080102_15551372.jpg
小さめの飛行機でハワイ島とおさらば。
最初から最後まで、のんびりムードたっぷりの島だったなぁ。
f0080102_15555755.jpg
12:00 オアフ島ホノルルに到着。
ホノルル在住のしげちゃんの妹一家が迎えに来てくれた。車2台で!(びっくり)
甥っ子(長男)がこの後、野球の練習に行くので、2台で来たらしい。

お腹がすいたのでまずお昼ごはんー。
「Resutaurant 604」というところに連れて行ってもらいました。
開放的でいかにもハワイって感じ!気持ちいい。
f0080102_15575711.jpg
私はハンバーガー、しげちゃんは魚のフライを頼みました。他の人もスパゲティやらタコスやらばらばらのものを注文して、少しずつ食べさせてもらいました。とにかく量は多いけど、美味しい。ハンバーガーも肉のパンチが聞いてて、日本とは違うねー。
f0080102_15564555.jpg
レストランからすぐ近くにある、アリゾナ念館へ。
ところで、私が買った「ホノルル」というガイドブックには、アリゾナ・メモリアルが載っていない。
そんなことある?と思ったけど、ここはホノルルではないということだね?
いやぁ、オアフ島の一部がホノルルだということに考えが至らなかったよ。

アリゾナ記念館に入るチケットは、前もって取っておいてくれたので、
50人くらいの西欧人の団体の後ろについてするするっと入る。
アリゾナ記念館は、真珠湾攻撃の時に沈没した戦艦アリゾナを慰霊碑としていて、
日本人はもしかして私たちだけかも。。。。
なんかちょっと気まずいけど、原爆ドームにアメリカ人だって来てくれるんだから勇気を振り絞っていかないとね。
f0080102_15584050.jpg
船に乗って、パールハーバーの中にある記念館へ。
降りる直前に、何か英語で説明してたけど、例によって聞き取れず。
写真を撮って「いい」と言ったのか「いけない」と言ったのか。。。(そこ大事)
f0080102_15590814.jpg
私たちが降りると記念館にいた人たちが乗り込む。なるほど、そういうシステムね。

記念館は船の上に造ってあるだけあって、そんなに大きくない。
下に沈んだ船が見えて、一番奥には、戦没者の名前が刻んであり、
お祈りしてる人や、中には泣いている人もいた。

そういえば、祖母がまだ元気だったころ、靖国神社にお参りに行ったことがあったの思い出した。
(確か)祖母の弟が祀ってあるということで、お参り出来て良かったと言っていた。

そんなに見るところはないんだけど、次の船が来るまでは帰れないので、
海をぼんやりみたりなんかして過ごす。

陸地に戻って、そこにある資料館を見て回る。
戦時中はみんな大変だったと思うけど、ハワイに住んでいた日本人の人はどれだけ大変だっただろうなんて、思いながら見る。「リメンバー・パールハーバー」という言葉もあるので、さぞかし日本人を責め立てるような内容だろうと思いきや、全体的にすごくフラットな視点でみた資料で、欧米人はこういうところあるよなーと感心。(まあ戦勝国の余裕かもしれないけど)

長男君を送ってきたパパが合流。戦艦ミズーリ記念のほうに連れて行ってくれる(特別だよ)
でも、戦艦ミズーリ記念館は16時で終了だった。残念ー。

でもアリゾナ記念館を近くから見れる場所に連れて行ってもらう。(特別だよー)
f0080102_15592504.jpg
航空博物館は中には入らなかったけど、外に展示してある飛行機に触ったりする。(紅の豚気分)
f0080102_16030212.jpg
この後、義妹のおうちにおじゃまする。
義妹一家は数年前にもアメリカ本土に住んでいたことがあるんだけど、その時は、割と大きめの一軒家だった。
今回は景色のよいマンション。
外国に住むのって憧れだけど、実際に住むと大変そうー。特に子供の学校があるとねー。
(でもやっぱり羨ましい)

野球の練習が終わった長男君を迎えにいって、ホテルにチェックインする。

今日はサンドヴィラというエコノミーホテル。
まあ、冷蔵庫もあるし、バスタブもあるし、過不足なし。
荷物だけおいて、すぐに出かける。
f0080102_16054653.jpg
晩御飯は「Habor Restaurant At Pier 38」というところに連れて行ってもらう。
港の夜景が素敵~
f0080102_16010803.jpg
6人で行くとたくさん頼めて楽しいねー。どれも美味しくて、また食べすぎちゃった。
チップがいる国、久しぶりなので、カードで払う時のやり方とかを教えてもらう。ほーほー。
f0080102_16012650.jpg
f0080102_17112739.jpg
f0080102_17115703.jpg
今日1日で3000kcalくらいとった気がするー。まいっか。

[PR]
# by camitiyo | 2018-01-15 20:00 | ハワイ
朝ごはんは、昨日、スーパーで買ってきたお総菜。
指さしで買ったから、なんだかさっぱりわからない。
丸いパックはマグロの刺身を和えたやつ(ポキ)で、
下のパックの左上は牛肉の煮たの、右は豚肉を煮てしゃばしゃばになったやつ、
左下が一番謎で、カレー味のポテトにくずしたパンが入ってるようなやつ。
どれもまあ普通・・・。(朝から食べるものではないような気もする)
f0080102_18093719.jpg
8:30 ロバーツというツアー会社のバスが迎えに来てくれました。
運転手さん兼ガイドさんは、大阪に住んでいたことがあるアメリカ本土人。
まあ熱心な人で、「私はずっとしゃべり続けますが、皆さん気にせず眠い時は寝てください」と
最初にいった通り、ずーーーーっとしゃべり続けてました。(そして私は寝た)

すでにバスには日本人(全員女性)が8人乗ってて、私たちが最後の乗組員でした。
私たちのホテルは、ハワイ島の地図でいうところの左側の真ん中あたり。
ここから1日かけて反時計周りに1周!
f0080102_18094542.jpg
コナから海岸沿いに南下して、コナコーヒーの店に到着。なんと美しい景色。
f0080102_18094875.jpg
コナコーヒーは手摘みなので、とってもお高いそうです。
ただ、私にはコーヒーの味がわからない(どれも苦いかすっぱい)ので、紅茶の試飲なんかしたりして。
f0080102_18095220.jpg
店を出るときに、何か動くものを発見して、「あ、リスがいる!」といったら
ガイドさんが「あれはマングースですよ」と教えてくれた。
え?ハブとマングースのマングース?と聞くと「ドワーフ・マングースといってあちこちにいます」だって。
可愛い~
f0080102_18095512.jpg
また1時間くらい海岸沿いに南下。ハワイ島で一番南にあるパン屋に寄る。
「マラサダ」という名物を1人1つづつもらう。ポルトガル発祥のハワイスイーツらしい。
穴の無いドーナツですな。うっ、、、貰ったのに、さらにしげちゃんが購入している、、、。
私は車酔いしやすいので、貰ったけどそのまま持って帰ろう。
f0080102_18101140.jpg
プナルー黒砂海岸到着。
ここの砂は真っ黒!とにかくハワイ島は黒い石が多いんだけど、砂まで黒いとは!
ここの砂は持って帰ってはいけないんだって。(減っちゃうから)
なんかカメが泳いでいるのが見えるらしいんだけど、「ほら、あそこにぷかぷか浮いてる」とか言われ
一生懸命探すも、結局、カメか泡かわからーず。

ハワイの人は昔から塩分に強い体質で、ここも含めあちこちの海の近くでとれる湧水を飲んでたんだって。
普通の人が飲むと体に悪いけど、ハワイの人は何ともないんだってー。
f0080102_18102822.jpg
キラウエア火山国立公園、ジャガー博物館、ハワイ島の右下あたり。
今、ハワイ島で溶岩を観ようと思ったら「ヘリコプターに乗る(高い)」か「数時間歩く(キツイ)」の
2択なんだけど、今回はどっちも出来ないので、博物館から噴火口を観て我慢。
同じツアーの人の中に、昨日数時間歩いて溶岩を見に行ったというツワモノがいらっしゃった。
60代くらいの女性二人組だった!ガイドさんが「私も溶岩見にいったことないのに!」とびっくりしてた。
f0080102_18140225.jpg
いったんバスに乗り、溶岩トンネルを見に行く。
溶岩が流れるとき、何度も同じルートを通るんだけど、そのトンネルの一つ。
途中、スピリチュアルスポットというところがあって、写真撮ってる人がいた。
(スピリチュアル的なものには鈍いタイプだけど、もしかしたらいい事あるかもしれないから写真撮った)
f0080102_18105877.jpg
ランチ。イミロア天文学センターの建物の中にある「イミロア・スカイ・ガーデン・レストラン」。
ハワイ料理のブッフェ。特に説明がないので、何がどうハワイ料理かわからなかったけど、
まあ普通に美味しかったです。左に移ってる紫色の芋が甘くておいしかった。
f0080102_18111811.jpg
ビッグアイランドキャンディー工場。キャンディーじゃなくてチョコレート。
最近のハワイのお土産といえばパイナップルの形のクッキーが有名だけど、
ここの「ビッグアイランドキャンディー」はハワイ島で一番有名なお土産だったみたい。
みんなすごい買ってた。ショートブレッドみたいなもったりしたクッキーで、美味しいけど結構いいお値段でした。
f0080102_18130016.jpg
バスに乗っている間、ほとんど寝てて記憶がないんだけど、雨が降ったりやんだりしていた。
ハワイ島の左側(コナ)は1年中ほとんど雨が降らないんだけど、右側(ヒロ)のほうは結構雨が降るんだって。
観光ホテルはコナの方に集中してて、ヒロのほうにはあまりいないとか。

アカカの滝。バスを降りたときほとんど雨が降っていなかった。
暑くも寒くもなくて、ちょうどいい感じ。
コナのほうは黒い石や砂があってあまり緑がないのに、ヒロのほうはジャングルみたい。
このモフモフのものは大きいシダで、茶色いところを触るとすっごく気持ちいいの。
スターウォーズのチューバッカを触ってる気分で、見かけたら必ず触って歩いた。
f0080102_18114038.jpg
こちらがアカカの滝。結構大きい。
この滝を登る魚がいるらしい!ムツゴロウみたいに壁に吸い付きながら少しずつ上がるんだって。
ガッツあるぅ~。
f0080102_18120568.jpg
バスに戻ってまた眠る。ガイドさんはずーっとしゃべってる。
面白そうなことをしゃべってるんだけど、何しろ車に弱いんですよー。まあまあ揺れるんでね、つい。

ハワイ島の真ん中にはマウナケアという富士山よりも高い山があり、そ
のマウナケアの北を右から左に向かって横断する。
地球上のいろんな気候がハワイ島にはあって、横断しているあたりは雪も降るそう。ほぇ~。

ところで、ハワイの人はマウナケアのことを世界で一番高い山というそうです。
どうやら、海底から測ったら一番高いという意味らしい。あははは。

マウナケアから世界一の星空を見るツアーっていうのも気になったけど、
これもまた次回、、、ね。(来るかなー?)

アメリカ人なのにハワイの王様の娘と結婚して、大牧場主になったパーカーさんと言う人の
パーカー牧場ショッピングモールみたいなところでトイレ休憩。

ガイドさんはコナに住んでるけど、この辺りまで買い物にくるって。コナは観光客がいるので物価がぜんぜん違うらしい。
ところで、ハワイ島では月に80ドル(だったけなー?)払わないとごみ収集をしてくれないが、
自分で捨てるのは無料らしく、ガイドさんはピックアップトラックでいつもごみ捨てをしてるそう。
大変だわー。
f0080102_18130653.jpg
コナまで戻って、乗った順に降りていく(つまり私たちは最後)
ヒルトンで1組、マリオットで1組、フォーシーズンズで1組。
みんな高級ホテルに泊まってるのね~と思ったら、次の人たちはキングカメハメハホテル。
聞いたことないなーと思ったけど、結構豪華で、何より立地がすごく良かった。
もし次に来ることがあったら、ここに泊まりたい!
他のリゾートホテルは、それぞれが広大な敷地に大きいホテルだったけど、
カメハメハだけはコナの中心部にあるので、店やレストランが近くにたくさんあった。
楽しそう~。

私たちがホテルに戻ることは、もうちょっと暗くなってた。
ガイドさん、1日どうもありがとうございました。ずっと寝ててごめんね。

ホテルの部屋に戻ると、1枚の紙がドアの下に差し込んであった。
ハワイの州知事から「昨日は、間違ってミサイルのアラーム鳴らしてすみませんでした」という
お詫びの手紙だった(笑)いや、笑いごとじゃないけどね。

マンタを見にレストランへ行ったら
「今日は波が荒いのでマンタは見れません」と言われる。ショック―――!
確かに、東映のオープニングかっていうくらいざっばーーんと波が打ち寄せている。
あー、昨日の夜になんとしても見ないといけなかったのかー。

晩御飯はホテル内のコンビニで買ったビールと、午前中に買ったマラサダ、朝の残りのお総菜。
マラサダ4つもあるんだけどー、どうするー?
f0080102_18142929.jpg
部屋のベランダからふと空を見ると、すっごく綺麗な星空!
マウナケアに登らなくてもこんなに綺麗なんだ!すごい!

[PR]
# by camitiyo | 2018-01-14 20:00 | ハワイ
これまで一度もリゾート地に行ったことがない私たちが
義妹一家に会うために、ハワイに旅行に行きました。

観光地ではない旅行は初めてなので、何の予定も立てずに、ノートもつけずに、
ただ行ってみました。

なので、ブログも思い出したベースで。

福岡からハワイまではデルタ航空が直行便を出しているんだけど、
ANAのプレミアムエコノミーで行くツアーがいいということでそちらに変更。
(マイルも貯まるしね)

12:55福岡発、14:40成田着。
この後、6時間くらい成田で過ごす。

ツアーに無料WiFiがついているので借りる。

プレミアムエコノミーのおまけサービスで、ANAのラウンジが使えるので、
昼ご飯はそこで。
f0080102_16265201.jpg
21:30成田出発
f0080102_16265948.jpg
プレミアムエコノミーはフルフラットにはならないけど、前に座席が無い席だったので、
脚は思いっきり伸ばせた。そして、お客さんがほとんどいなかった。

機内食は、エコノミーと同じ。でもビジネスと同じお酒を後で注文していいとかで、
しげちゃんが注文してた。ぬかりないなー。
f0080102_16270471.jpg
せっかくANAなので、たくさん映画を観ながら行こうと思ってたのに、
「キングスマン」を観ている途中で寝てしまった。

9:20ホノルル着
飛行機を降りて、バスに乗って、iPhoneの電源を入れるや否や、いきなりけたたましくアラームが鳴る。
え?なに?怖いと思って画面を見ると、False Alarmのメッセージが。
は?っていうかミサイルって・・・まあ、間違いならいいけど。
(※画面上部のクワイガンジンは無視してください)
f0080102_16271088.png

入国審査はずいぶん時間がかかった。
なんか自動でできる機械でやったんだけど、終わった後、今度は人がいる窓口に並ばされた。
そのまま進める人と、窓口に並ばされる人は半々くらいだったけど、
たぶん私の指紋が取れなかったんじゃないかと思う。(いつも指紋がとれないから)

初ハワイの空。いい天気!

f0080102_16271629.jpg
国際線出口を出たところで、ANAツアーの人が滞在中の資料をくれて、国内線ターミナルまで連れて行ってくれた。
国内線ターミナルには意外と日本人がいなかった。(楽しそうなところは何もなし)

11:51 ハワイアン航空でハワイ島へ
コナ空港の建物は、なんと平屋でほとんど壁が無い(屋根はまあまあある)
いっきに南国ムード。

空港出口で係員の人が待っててくれて、レンタカーのバス乗り場まで連れて行ってくれた。
そのバスを待つ間、翌日のハワイ島1周観光ツアーの予約をする。
本当はマンタと一緒に泳ぎたかったんだけど、シュノーケル経験者だけとあったので
それはまたいつの日にか。(その日は来るのか)

ハワイ島でのレンタカーは今回のツアーのおまけでついていた。
ここでは国際免許がなくても運転できるらしいけど、もし交通違反や事故などで警察につかまって
その警官が「日本の運転免許だけで運転していい」ことを知らない場合は、
無免許運転になるとWebにあったので、なにそれ・・・ちょっと怖い。

日産車だった♪
f0080102_16272110.jpg
空港からホテルまで、ほぼ1本道。
いきなり黒いごつごつした荒野が広がる。
ハワイ島には火山があるのは知っていたけど、ここまで焼け野原っぽいとは。
USBケーブルでiPhone をつないだので、音楽も聞けるし、ナビもしてくれる。
なんと便利な世の中。

途中でビュースポットとあったので、停車して写真を撮る。
f0080102_17083979.jpg
ハワイ島でのホテルはシェラトン・コナ・リゾート。
ホテルの前に着いたら、自分で駐車するか?バレーに頼むか?と聞かれた。
バレーって誰?と思ったけど、自分で停めると答えた。駐車係のことValetっていうのね。
(TOEICだけが得意な私)

チェックインをして、駐車しに行ったしげちゃんを待つ。

シェラトン、素敵。
f0080102_16274860.jpg
ふとフロントの横を見ると、日本人デスクなるものがあったので、マンタが見える場所や時間を教えてもらう。

部屋もすごく広い。なんとまあ豪華なことか。ラッキーなことに部屋がアップグレードされたらしい。
ベッドの上にかわいいマンタのぬいぐるみが置いてあったので、一瞬喜んだが、
よく見ると、可愛いマンタを連れて帰る場合はOOドルというカードがついていた。危ない。
f0080102_16272863.jpg
明日は早朝から1日ツアーなので、朝ごはんの調達もかねてスーパーマーケットへ。
しげちゃんは職場の人用のお菓子を大量購入していた。観光客がたくさん来るのでちょっと割高。
f0080102_16281494.jpg
ホテルに戻ってプールサイドへ。
今回の旅行で思い切って水着を買っておきながら、洋服で行く私。
しげちゃんだけ泳いで、私はプールサイドで読書。

ちょうど夕日が沈む方向だったので、満喫できました。
(なぜガラス越しに写真を撮ってしまったのか)
f0080102_16280661.jpg
この日の夕食はツアー代金に含まれていたので、ホテルのレストランへ。
サラだとメインとデザートと飲み物のセット。
私はマグロステーキで、しげちゃんは牛のステーキ。どっちもちゃんと美味しかったし、
デザートもアメリカっぽくて美味しかった。(ハワイ、意外と美味しいかも)
f0080102_16283089.jpg
f0080102_17355614.jpg
すぐ横が海で、そこにマンタが来ているらしいんだけど、暗くて見えない。
暗いところに、船が何そうか出て、明かりもともしている。
しかしすごい波で、この荒波であの暗い中を泳ぐのはちょっと怖いかもしれない。
でも、やっぱり気になる。いつかマンタと泳いでみたいかも。。。

[PR]
# by camitiyo | 2018-01-13 20:00 | ハワイ
6:30、起床。朝まで一度も起きることなく、泥のように眠った。しかしオンドルはいいね。

窓の外から聞こえてくる風の音がすごい。
なんか寒そうだけど、今日の予想気温も最高気温16度で温かいはず。

朝ごはんは外で食べるので、とりあえず昨日コンビニで買った豆乳みたいなのを飲む。
起き抜けに飲んでもうまい!日本でも売ってくれないかな。

8:00、ホテルを出発。釜山鎮駅から1号線に乗る。
通勤時間だと思うけど、思ったほど混んでいない。
首都圏の電車が異常に混んでるだけか。

8:15、チャガルチ駅で降りて市場のほうへ。

チャガルチ市場は新しめのビルなんだけど、その周りに魚屋さんが一杯。
ご近所なので、そんなに変わった魚はないけど、市場は楽しいね。

f0080102_14160900.jpg

ヘソンポリパプという店を探すも全く見当たらず、辺りをウロチョロする。
相当歩き回った後、もうあきらめて市場の中の食堂へ行こうと思い、
道路を渡って反対側から見たら、店を発見・・・・。
っていうか、店の前や横には看板は出てなくて、
道路の向かい側からしか見えないところに看板があったという。なんじゃそりゃ。

店の前では、おばちゃんが一人で鍋をかきまぜている。
(よく考えてみれば、この一角でこの時間にやってる食堂ここだけだった)

おばちゃんに「ポリパプ?」と聞いたら、破顔してうなずいて、奥へ案内された。
席に座ったら「オチャ―」と言って、ぬるいお湯のようなものを出してくれた。
(たぶんコーン茶かな?)

ここはポリパプ(麦飯)のビビンパとチェチョプクク(しじみ汁)の店らしい。
おばちゃんはすでに入り口付近でポリパプを作り中だったので、
そこまで行って「チェチョプククもチュセヨー」と言ったら、うんうん。

ここまで書いてふと気づいたんですけど、
私自身がおばちゃんなので、私がおばちゃんという場合は、
70オーバーということでよろしくお願いします。(おじさんも)

すぐに、お盆に乗った麦飯、野菜の煮たのが運ばれてきた。
優しいおばちゃんが麦飯の上に、野菜を載せてくれてくれてたら、
どこからともなく表れた、おばちゃんその2がお箸を奪い取ってすごい速さでやり始めた。
そして、すっごい濃いみそ汁のようなもの(右下)を半分くらい入れて、
後はかき混ぜて食べろと手で説明して去って行った。(その2はせっかち)

f0080102_14163006.jpg

麦飯ビビンパは劇的に美味しいという訳ではないけど、ヘルシーで、
少し前の韓国の一般人は、こういう食事をしてたんじゃないかな~と
勝手に昔の韓国人の気分に浸りました。

それにしても、韓国の食事には小皿がたくさん出てくるけど、
残した場合、それらは捨てられてしまうのだろうか?もったいないな・・・。
味付けに使った濃いみそ汁のようなものも、半分しか使わないなら、量を半分にすればいいんじゃ?
ビビンパとしじみ汁で7000₩。

店を出てチャガルチ駅の方へ戻る。
屋台にいろんな飴を載せて売っている人がいる。商売になるのだろうか?つかみ放題とか?

さあ!釜山のマチュピチュこと、甘川洞文化村を目指すよ!

チャガルチ駅近くのマウルバス(マイクロバス)のバス停を探す。
ネットに1-1か2-2か2のバスに載るとあったが、ちょうど2が来たので乗る。

f0080102_14164995.jpg

小さいバスだけど、ちゃんと電子カードが使える!すごい。
私以外誰も乗ってこないのが不安・・・・・。
バスの運転手さんは茶髪のお兄さん。なんか運転手さんっぽくない。
乗るや否や大通りでUターンするバス。おーぅ。

少しずつお客さんも乗ってきたけど、思ったほどお客さんがいない。
私の予定では、観光客がみんな甘川洞文化村へ行くだろうから、
同じところで降りればいいやと思ってたのに、これではどこで降りていいやら。。。

バスは住宅地の中の坂道をくねくねと登って行く。
一応、降りる場所は「感情小学校」とメモってきたが、
ハングルでの読み方を書いてこなかったので、まったくわからないーーー。
あまりのくねくね道で、運転手さんのところに聞きに行くこともできない。

そろそろかな~と思ってたら、バス停で2人降りたので、
よしココだ!と思い切って降りてみた・・・何もない・・・・。
げげげげ、ちょっと待って、ちょっと待って。
あわてて、一緒に降りた乗客の女の人を捕まえて、
「甘川(カムチョン)?」と聞くと、この道を150m昇ると教えてくれた。
フライングしちゃったみたい。

坂道を上がろうと思ったら地図があり、この付近も文化村のようなので、
バス道を通らず小道を登ることにした。

f0080102_16450296.jpg

歩いている人は誰もおらず、単なる住宅地のような気もしないでもないけど、
家の壁が白やパステルカラーなので、怖い感じはまったくせず楽しい。

f0080102_14165679.jpg

あちこちの家に壁画が描いてあるが、住民は気にせず洗濯物なんか干しちゃったりして(笑)

適当に家の間をくねくねと登って行くと、そのうちバス通りに出た。
少し歩くと、いかにも観光地といった場所に到着。バス亭もあった。ここか~。

目の前に「i」とあったので入ってみる。2000₩でスタンプラリーになっている地図を購入。
とはいえ、このスタンプラリーを全部クリアするためには相当歩かないといけない。
この一帯に100以上のアートが点在しているらしいので、気になるのだけ見に行くことにする。

f0080102_18332842.jpg

スタートしてすぐのオブジェは「人そして鳥」。不気味といえば不気味、可愛いと言えば可愛い。

f0080102_14175059.jpg

名前がついていない階段にも、かわいいアートが。

f0080102_14180438.jpg

甘川洞で一番有名なインスタ映えスポットは「星の王子様」なんだけど、
例によって外国人インスタグラマー(知らんけど)が行列を作ってたので、諦めました。
なんか、そもそも地図に書いてある場所と違ってるような気がしたけど、移動させたのかな?

この辺りは、スタート地点から水平にぐるっと回ってきた辺りで、ナイスビュー!
マチュピチュかどうかはアレだけど、カラフルで小さな家が斜面にぎっしり。

多くの観光客が「星の王子様」で引き返している。
何故なら、ここから道がぐーっと下がっているから。(降りたら登らないといけないしね)

んが、私は行くよ!「甘川の顔」を見たいから~。

f0080102_18383666.jpg

ずんずん坂を下りて行ったところの「甘内コル幸福発電所」内のミニチュア。
誰もいない屋上で景色を見ながら少し休憩。さすがに土日は人で一杯なんだろうけどね。

f0080102_14182724.jpg

少し降りたところに、ありましたよ「甘川の顔」。これこれ、これ見たかったの。
やっぱ面白い!甘川洞のお気に入り2位でした!

f0080102_17431669.jpg

さらに少し降りたところにあった「動く村」。
なんかこの横にハンドルがあって、動かすことが出来るとあったのに、ハンドルが見つからない。
キョロキョロしてたら、近くにたまたま座っていた近所のおばちゃんが、
「あそこ、あそこー」と指をさしている。
そちらを見るとスタンプが・・・・・。あっ、スタンプ探してると思われちゃった。
仕方ないので、スタンプを押して、お礼を言って立ち去る。でも釜山のおばちゃん優しいな。

ずいぶんと下ったので、帰りが心配になってきた。よし帰りはこの道を戻らずバスにしよう。
ということで「大根」というオブジェを探すぞ。

地図を見ていると、おじさんがハングルで話しかけてきた。
お互いまったく何をしゃべってるかわからないまま、地図の「大根」を指さす。
無理やりハングルで、ここを入って左だよと教えてくれるおじさん。
おばさんだけじゃなくて、おじさんも優しいなー、釜山。

f0080102_17512945.jpg

甘川太極道本部。韓国の人は漢字をどのくらい読めるのだろうか?
こういう風にところどころ漢字を見かけるから、英語よりは読めるのかな~?謎だ。

f0080102_17515898.jpg

伝統市場の中でようやく見つけた「大根」。ちょっとがっかり。

人は誰もいないけど、ここは普通の市場らしく、お店の人もお客さんらしき人も少しいました。

f0080102_17522870.jpg

マウルバスの通りまで出たところにあった「希望のメッセージ」。通りをわたって初めて気づきました。

バス停はすぐに見つかったので、5人の作業員風の人たちと一緒にバスを待つ。
作業員の人たちは逆方向から来たマイクロバスに乗り込んで行ってしまった。ずこーん。

やってきたマウルバスに乗り込む。(1本道だし、停留所3つだけなので適当に)
そして、今度は間違いなく、小学校前で降りる!

f0080102_14190397.jpg

最後にどうしても観たかったのがこれ「一つになる」。素敵~、良くできてる~。
これが甘川洞のお気に入り1位!
私が行ったときは、インド人の家族が写真を撮ってるだけだったけど、
そのうち、インスタグラマー(知らんけど)が大挙してやってきて、ぜんぜん写真撮れなくなった。
危ないとこだった!

f0080102_14190984.jpg

10mくらいずれてもナイスビュー!ここが一番景色が良かったかも。

村の入り口付近では、少し観光客が増えてきていて、韓国の伝統衣装を着ている若い人たちもいた。
私ももう20歳若かったら絶対やるのになー。(中年発言あるある)

よし、帰ろう。
バス停でチャガルチ駅行のマウルバスを待つ。
ラッキーなことに、日本人の家族がいるぞ。ついて行こう!

バス停には観光客がたくさんいるも、団体客らしく観光バスに乗り込んで行く。
と、そのタイミングでマウルバスが!あーーと思ってるうちにマウルバスが行ってしまった。
ダメだ!私がついていこうとしている日本人家族は優柔不断だぞ!

次のマウルバスが来た。日本人家族は「これかなー、これかなー」と言っている。
えーい、方向はあってるんだから、乗っちゃえーー、と乗り込む。日本人家族も乗り込む。
乗ったはいいが、降りる場所がわかるかどうか不安なので、Google Mapとにらめっこ。
日本人家族は私が思ってるより早く降りていったけど、ぐっと我慢。
このまま南浦洞まで行ってくれればラッキーと思ってたら、いきなり左折。しぶしぶ下車。
結局、乗り込んだ場所と同じバス停で降りることができましたー!成功ー!

昼ご飯食べに行こう!

[PR]
# by camitiyo | 2017-11-27 11:00
店を出て東莱府東軒を目指します。

f0080102_18301105.jpg
これかな~と思って入ったところは宋公壇という壬辰倭乱の戦没者のお墓でした。
この写真の左側の部分に、男の人が一人座ってて、他に観光客はなし。
なんか不気味なので、一歩だけ入ってすぐに出ました。(なんだかわからなかったし)

f0080102_18311129.jpg
お向かいは東莱市場。
本当ならゆっくり見て歩きたいけど、iPhone の充電があと30%しかないので、
気がせいてしまって、とりあえず予定の目的地以外は素通りすることに。(また来よう)

f0080102_18304123.jpg

こちらが東莱府東軒。朝鮮時代の官庁。あぁ、チャングムやトンイの世界♪

f0080102_18314769.jpg
こちらは現役の交番。
観光客に大人気で、写真チャンスをずいぶんと待ちました。

再び、寿安駅へ戻り、4号線で東莱へ。1号線に乗り換えて、延々と北上する。
釜山の街は山が多く、1号線は山と山の間を南北にほぼまっすぐ通ってる。
気づいたら、地上を走っていたので、窓からの景色が楽しい。
この間地震があったけど、日本と比べて基本的に地震が少ないせいか、
ちょっと日本では考えにくいくらい山の斜面にぎっしりと高層ビルが建っている。

終点の1つ手前の梵魚寺駅で下車。

ここからお寺までバスに乗り換える。
有名な観光地なのでバス乗り場が簡単に見つかると思っていたが、
やっぱり迷子になる。あははは。
駅から出て、最初の方向が違ってたね。
(iPhoneに詳しい地図を入れてたんだけど、写真を撮るためにバッテリーは取っておきたい)

90番のバスを見つけて小走りで追いかけて、やっとバス停を発見。
バス停には漢字で「梵魚寺」と書いてあった!良かった~。

乗ったはいいが、降りる場所がわからない。
車内アナウンスはあるもののハングルだけ。。。
でもまあ全員降りるでしょう!
ということで、たくさんの人が下りた場所で私も降りる。
(合ってた)

梵魚寺(ポモサ)は禅宗の由緒あるお寺。

f0080102_18321708.jpg
この不思議なバランスの門。絵になる~。(といいつつ描いたことは無い。。。)
近くで見ると、韓国のお寺っぽく、カラフルで綺麗。

f0080102_18324753.jpg
一番奥にある本殿(いくつかあってどれがどれだか)では、何人かの人がお参りしてました。
韓国はキリスト教が多いと思ってたけど、仏教徒もいるのね。(そりゃそうか)

f0080102_18334120.jpg
ちょうど紅葉の季節で、お寺の敷地のどこもかしこも綺麗~。
f0080102_18341274.jpg
絵になる~(といいつつ、やっぱり描かない)

帰りも同じバスに乗ります。
ハイキング帰りの人たちと一緒になって、バスが激混みだった。
立ったまま必死で吊革につかまって山道を降りたけど、
次のバスがすぐに来たので1台待てばよかった。。。

予定ではこの後、西面に行って少し歩いて、晩御飯を食べる予定だったけど、
全くお腹すいてないし、疲れたし、iPhoneのバッテリーが無いので、
一度ホテルに戻ることにしよう。

16:45、釜山鎮駅からホテルに戻りチェックイン。
まあまあ古いホテルだけど、ベッドは広いし、床がオンドルになってるのがいい!

ちょっとだけ休憩しながらiPhone を充電する。はぁ~、良かった!
しかし何故、充電器ちゃんたちは空っぽになっていたのか?
充電器を充電しようと思ったら、空っぽではない。ほえ?
もしや、ケーブルがもう弱ってるのか?
しまった、充電器は2つ持ってきたのに、ケーブルは1本しか持ってない。
仕方ない、どこかで買おう。
思えばネパールでカメラの電池が切れて買ったこともあるし、
インドでSDカードが一杯になって買ったこともあるなー。

ホテルの部屋にはPCとWiFiとテレビと冷蔵庫があり、
タコ足配線が足りないらしく冷蔵庫には電源が入っていない。
PCとWiFiは使わないので、外して冷蔵庫を入れよう。
それにしても、最初から電源が足りてない状態というのが、ゆるいホテルだなぁ。
(嫌いじゃない)

17:50、だいぶ充電できたので、出かけよう!
地下鉄1号線で西面(ソミョン)駅へ。
若者に人気のファッションタウンらしいので、別に用事はないけど、散策してみる。

西面は天神みたいな感じの場所で、地下街も充実してる。
コンビニに「ふんわり名人 きなこ餅」が山積みされてた。ブーム来てる!?

地下から地上に上がるとき、降りてきた韓国人の中年女性に急に話しかけられた。
すごい勢いで何かを言ってくるので「あっ、あの。。。」と言ったら、
あー、ハングルはしゃべれないのかみたいなことを言って去っていきました。
そっかー、韓国人に見えましたか?ちょっと意外。

地上に出て歩き回る。色づいた大きなイチョウが綺麗。
f0080102_18354698.jpg
ロッテホテルの横の通りに、こぎれいな屋台が並んでた。
日本人が多いのか、屋台の横のビニールに日本語の落書き(サイン?)が書いてある。
気になるけど、ここもまた次回にしておこう。

テジクッパ通りというところを歩いて見る。
f0080102_18362515.jpg
そんなにお腹がすいてないので、通り過ぎるだけのつもりだったけど、
店の人に入れ入れと言われ、ついつい入っちゃった。
f0080102_18365514.jpg
テジクッパ~(約650円)。豚骨スープと豚肉の汁かけご飯。
注文してすぐにばばばーっと運ばれてきた。
指さしながら、これ(麺)とこれ(キムチ)を入れて、これ(塩辛)は半分入れて、
これ(玉ねぎ、にんにく、唐辛子)はこのまま食べてね、とハングルで。
言われたように作ってみる。
おぉぉ、これは美味しい!
チャングムで何種類もの塩辛を使い分けてたけど、韓国では塩辛は調味料なのですな。
スープもあっさりしてるし、豚肉もぜんぜん油っぽくなくて美味しいんだけど、
食べても食べても肉が出てきて、途中で全部食べられないことに気づく。
あー、こんな時、しげちゃんがいてくれたらな~。

帰りの地下街でiPhoneの充電器を購入。

釜山鎮駅を降りてすぐのコンビニでパトロール!
f0080102_18184802.jpg
謎の飲み物を2つ購入。
右のほうはバナナ牛乳で、とにかく甘ーい。
左の方は豆乳だった。こっちも甘いけど、イケる!!

買ったケーブルも調子いいのでじゃんじゃん充電するよー!
WiFiとその充電器も充電しないといけないので、電源タップ総動員。

明日の天気をチェックしたら最高気温16度、最低気温9度だった。
私が帰る翌日からは、最高気温8度!
ちょうど温かいときに来たんだな。まあ良かった。

白い壁に誰かが蚊をつぶした跡が2か所も残ってる。
しかも、たっぷり血を吸った蚊。
これは、何としてでも掃除したほうがいいんじゃね?
まあいいや、寝よう。

[PR]
# by camitiyo | 2017-11-26 20:00