がんばらない毎日


by camitiyo

2006年 06月 29日 ( 1 )

「邪魔」 小説

奥田 秀朗
=====
愛妻を事故で亡くした刑事が、放火事件を追う。
奥田秀朗を読んだのは「イン・ザ・プール」に続き2冊目。
「イン・ザ・プール」を読んだときは「なんじゃこりゃぁ」と驚かされた。
あまりにも主人公がへんてこすぎて、
内容よりも主人公のことだけが気になって、気になって・・・。

「邪魔」には、変な人は出てこない。
普通の人だけど、ちょっとウソツキだったり、
うっかり適当に結婚しちゃったり、偶然に悲しい目にあったりした
人たちが、どんどんにっちもさっちも行かなくなっていく。

この人の小説では「行間を読む」必要がない。
全部の出来事と感情が、ぎっしりぎっりし書いてあって、
途中一瞬面倒くさくなったけど、意外とはまってしまった。
惜しむらくはタイトルがいけてない・・・・。

他の作品も読んでみようっと。
[PR]
by camitiyo | 2006-06-29 23:40 | 小説