人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「自由の王妃 アアヘテプ物語」

f0080102_1665843.jpg

クリスチャン・ジャック
=========
「太陽の王 ラムセス」シリーズの著者の第3弾。

紀元前のエジプトは大きく分けて、
「先王朝時代」「初期王朝時代」「古王国時代」「新王国時代」
「末期王朝時代」「プトレマイオス朝時代」に分けられます。

ピラミッドができたのは「古王国時代」で
王家の谷や葬祭殿、ツタンカーメンやラムセス2世が登場する
一番華やかな時代が「新王国時代」です。
その「新王国時代」の前に、ヒクソスと呼ばれる異民族集団が
エジプトを支配した時代がありまして、
この小説はヒクソスからエジプトを取り戻した王妃の話。

ヒクソスというのは、異民族集団というだけあって、
何人とははっきり書いてないのですが、
ともかくエジプトを否定し、破壊し、エジプト人を殺した
ひどい侵略者だったようです。
(侵略者というのはそういうものかもしれませんが)

すごく残酷なヒクソスの王と戦うために、
たった18歳の皇女が立ち上がり、自ら戦場まで出向いて闘う姿は、
エジプト好きじゃなくても元気づけられると思います。
目標がある人間というのは、かくも強いものかといった感じです。

クリスチャン・ジャックの小説の面白さは、
ダン・ブラウン級ですけど、
映画化するのにはお金がかかるでしょうねぇ~~。
by camitiyo | 2008-09-04 23:59 | 小説