カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「翳りゆく夏」 ミステリー

赤井 三尋
=====
江戸川乱歩賞受賞作

大手新聞社に「誘拐犯の娘が入社」すると
週刊誌に書かれたところから始まる。
20年前の誘拐事件を、閑職に追いやられてる
元記者が再調査していくミステリー。

作者はニッポン放送やフジテレビに勤めてるだけあって
マスコミに詳しく、文章も軽やかでスマート。
同じ、新人作家でも、いわゆる業界人の書いた小説ってのは、
読みやすいような気がする。
逆に、全く違う分野から出てきた人の文章は
無骨で読みにくかったりするけど、
その代わり、次の作品、その次の作品とどんどん読みたくなる。

スマートなこの小説は、登場人物もわりと魅力的な人が多い。
内容は結構つらい人間ドラマだったりするんだけど、
登場人物が魅力的だと、そこいら辺も思ったほどどろどろせず
終わってしまった。

筋も最高に面白いし、
ミステリーとしてヒントの出し方もフェアだと思うけど、
もしかしたら、半年後にはタイトルを見ても
内容が思い出せないかも・・・・。
by camitiyo | 2007-03-26 23:00 | 小説