人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

上海・無錫 3日目 その①(巡塘古鎮→真珠の店→昼食)

部屋からの景色。今日も霞んでるけど、すっごい景色。高所恐怖症の人は泊まれないな。

f0080102_18545943.jpg

6:30 朝食。今日も豪華だわ~。野菜粥、ワンタン、サツマイモ他、どれも美味しい~♪♪

f0080102_18545543.jpg

ワンタンを作ってもらう対面カウンターに行ったら、足を骨折したらしい大きい松葉杖の中国人の男性客がいた。その人は、何日も泊まってるらしく、自分でいろいろ盛った皿を中の人に渡して、それを全部入れたおにぎりを作ってもらってた。骨折してるのは足なので、別におにぎりにする必要な無いと思うけど、ウィンナーとか唐揚げとかを入れてでっかいおにぎりを作ってもらってた。中には「卵の黄身だけ」みたいな変なリクエストもあって、作ってる人も「え?まじで(笑)」みたいな流れだったけど、たぶん何日も滞在して豪華な朝食に飽きちゃったんだね。

ホテルの朝食って、ウェイターさんがコーヒーと紅茶のポット持って「Coffee?Tea?」と聞いて回ることが多いけど、ここの人は頼んだら持ってくる方式みたいだったので、通りがかりのウェイターさんに「中国茶ありますか?」と聞いたら「緑茶でいいですか?」と言うので、おぉ、この辺りは緑茶文化なんだなと思ってたら、結局、ウーロン茶持ってきた。いやいいですけど。

8:00 集合

f0080102_18550288.jpg
もう上の方は雲の中!(ホテルは左)

今日はこれからバスで無錫まで170km、2時間半のドライブ。私は無錫という地名を初めて聞いたんだけど、3000年前の呉の都で、最初は有錫だったのが錫を取りすぎて無錫になったとのこと。呉は呉越同舟の呉。2500年前に都は蘇州に移り、日本では蘇州ばかりが人気になったので、30年前に無錫と日本の旅行会社がタイアップして「無錫旅情」という曲を作って尾形大作が大ヒットさせたそうな。(この時点で「無錫旅情」がどんな曲が気づいてなかった私)

最初の観光地は「巡塘古鎮」。中国は23州にわかれていて、州→市→県→区→鎮→(村)という区分になっている。ちなみに北京市、上海市、重慶市、天津市は直轄市で省と同格だそうな。

9:15 サービスエリアでトイレ休憩。

f0080102_18550534.jpg

青い棗の実を売っていた。このまま食べるんだろうか?気になったけど、トイレ行ったらすぐに戻って来いと言われているのですぐ戻る。(悲しき団体旅行)

f0080102_19430251.jpg

この辺りはちょうど上海と無錫の間くらいで、田舎といえば田舎なんだけど、そんなところでも高層住宅街があちこちにある。人口多いとは思うけど、こんなに作っても住む人がいるというところがすごいな~。中国ってのは想像を超えてくるね。

f0080102_18551075.jpg

バスの中でゴマのお菓子、甘栗、ハスの実などのお菓子が配られた。と思ったら、旅行会社の販売品だった。オプショナルツアーにも全く行かず、今日の夜はツアーから離れるというわがままな私たちなので、お菓子くらい買っときましょうかね。なんだかんだで5000円以上買ってしまった、、、、買い過ぎた。

10:25 巡塘古鎮。古い町並みが素敵な、日本で言うと小さめの倉敷みたいなところだった。30分くらい自由時間で、街の中を歩く。

白壁に黒い瓦、赤い提灯。赤い提灯は紙ではなくシルクで作られているので、風が強くても燃えないそう。

f0080102_18552274.jpg


f0080102_18551703.jpg

静かなところで、観光客もほとんどいなければ、お店もあまり無い。こんなに可愛らしい街なのに!遠くに無錫の高層ビルが見える。無錫も都会なんだ!?

f0080102_18551384.jpg

11:00 バスで真珠の店へ。

日本の真珠貝には真珠は1つしか入ってないけど、ここの貝には20個くらい入ってまーすといって、貝を開いてみせるおじさん。

f0080102_18552680.jpg

パールクリームをまんまと買わされる(笑)。ここも時間が来るまで誰もでることは出来なーい。

12:15 真珠屋さんの隣のビルの2階で昼ご飯食べるらしい。もはやレストランではない・・・・・。どんどん食事のレベルが落ちていく・・・・。

f0080102_18553008.jpg


by camitiyo | 2019-01-20 12:00 | 中国