人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

台湾 4日目(ラストスパート)

バスで士林駅へ戻る。

駅前でちょっとした行列を発見。
おっ、気になってた「葱油餅」だ。ねぎ焼きみたいなもんかな?並ぼう。
f0080102_17004755.jpg
観光客向けの店じゃなかったらしく、店の人は台湾の言葉であれこれ聞いてくる。
わからないので30元を出して指さしでなんとか購入。
焼きあがった薄っぺらいお好み焼きをヘラでバンバンと叩きまくって粉々にしてからくれる。
ほえー!?なんで?
塩味の葱入りお好み焼きといった感じの味。まあまあかな。

店の隣のおもちゃ屋さんの前にガチャガチャがいくつも置いてあった。
たぶん全部日本製だと思うんだけど、
f0080102_18353603.jpg
なぜ、これをチョイスしたのか・・・・?
買う人はいるのだろうか・・・・?

士林駅からMRTで圓山駅へ。

駅から孔子廟の方へ歩く。

私のイメージするこれぞ台湾という看板が並んでいるのを発見。
しかも、一番手前が檳榔(ビンロウ)の店じゃないですか。
私が台湾に行くと言ったら、英会話の先生が「すっごい薄着の女の子が街角でビンロウを売っている」といったけど、全く見かけなかった気がする。
小説や映画の中でしか見たことないビンロウ・・・。気になる。
f0080102_18354559.jpg
孔子廟の前で見かけたオブジェ。
お分かりいただけるだろうか。見ざる聞かざる言わざるの左に、もう一人いることが。
後ろ手に腕を組んで、うさぎ跳びでもしているような子がいる。お前は何ざるだ!
f0080102_18355266.jpg
孔子を祀った孔子廟に入ります。学問の神様だって。
f0080102_18360332.jpg
ほとんどお客さんいない。
入るの無料なのに、日本語のけっこう詳しいリーフレットをくれる。
なんていいところなんだ!
f0080102_18361130.jpg
しかし台湾のお寺(というか廟)はどこもここもド派手な彫刻がすごい。
屋根の上だけじゃなくて、柱も壁もこまごまとまー、きれいにしてあって、
一つ一つ見てたら、あっという間に時間が過ぎてしまうくらい面白い。

隣の保安宮へ行く。
f0080102_16213165.jpg
門がド派手~!
保安宮は健康の神様だって。
こっちは孔子廟よりちょっと人がいました。学門よりも健康のほうが人気があるということですかな。

保安宮を出て、別の駅にお昼を食べに行く予定だったんだけど、
この近辺の店を見ている間に、お客さんがいっぱい入ってる店に入ってみることに。

店の入り口の屋台のところにいる若い女性の店員さんは英語ペラペラだったんだけど、
説明されても食べたことないものはわからん。
なので、指さし注文。
f0080102_16520554.jpg
左下が汁なし麺、右上は春雨と豚肉の汁物
そして、真ん中のは豚肉のいろんな部位のおでんのようなもの。
黒いのは血らしいけど別に血の味はしませんでした。おこわみたいな感じでした。  
f0080102_18361847.jpg
二人でこれだけしか食べなかったんで、店を出てすぐの「老蔡水煎包」というチェーン店で焼き肉まんを買う。
f0080102_18362590.jpg
焼き肉まんは普通に美味しかったね。
個人的には普通の肉まんのフワフワのほうが好きだけど、焼き肉まんはあんが肉肉しててこれはこれで。

4日間精力的に歩き回ったおかげで、全ての観光スケジュールはクリアした!

せっかくなので足マッサージに行こう!とガイドブックを頼りにマッサージ屋さんに行くも、
休みなのか、だれも出てこない・・・・。

もうホテルに帰っちゃう~?と松江南京駅へ戻る。
松江南京駅からホテルに帰る途中、足マッサージ屋さんを発見!ここでいっか。
中に入ると、地元のマダムが二人マッサージ中、そしてお店の人も2人。
やっぱり予約なしじゃダメかー、と思ったら、やりますとのこと。すいませんねー。

足をお湯につけてしばらく待ってると、外にバイクが止まって、
バタバタ~と男性と女性が入ってきて、バタバタ~と私たちの前に座った。なんか、、、すいません。

マッサージは痛くなくちょうどよい加減でした。
私が携帯充電器でスマホの充電をしてたら、
「この下に電源があるから充電していいですよ。台湾の店はたいていそうですよ」と教えてくれた。
それが唯一、お店の人との会話(笑)

マッサージを終えて、1本裏道を通ってホテルに帰る道、見逃せない屋台を発見。
f0080102_18364305.jpg
なんかわからないけど、1個づつ食べたいーーー!
しげちゃんに1個だけと言われ、めっちゃ悩んで、左上の緑豆を購入。
鮎の形の和菓子に似たお菓子で、薄いどら焼きのような生地の中には緑豆のあんこが入ってた。
よく見たら、下に日式(日本風)って書いてあるー!えー、そうなのー?
んじゃ一番下の段は大福~?気になるわー。

さらに通りを進んだところの「濃富利冰品」という小さいぜんざい屋さん(?)にお立ち寄り~。
f0080102_18365133.jpg
おじさんと全く会話できなかったので、指さしで注文しました。
f0080102_18365826.jpg
ぜんざいに豆花入れてもらった。かき氷にいろいろ乗せてもらうのもよさそうだったけど、ぜんざい好きなんでw

いったんホテルに戻って2時間休憩~。

19時ごろホテルをでて、近くの「富覇王豬脚極品餐庁」へ。
この店、初日からずっと気になってた店で、なぜならいつみても行列ができていて、
そして、店の前に貼ってあるメニューに売り切れの札がいくつも貼られているから。

今日もやっぱり行列ができていた。
よく見ると、テイクアウト用の列と店内用の列があり、店内用の列に並ぶと意外と10分くらいで入れた!
f0080102_18370359.jpg
どうですか!これ!
豚足の店なんだけど、これは一番人気の腿の部分。いやぁ見た目よりしょっぱくなくて美味しいのなんの。
こりゃ行列できるわー。
f0080102_18370708.jpg
あとルーローハンも♪この間のミンチ風のルーローハンでなくて、ぷるぷるのやつが乗ってる。きゃー。

店は込み合ってるので、地元の初老のご夫婦と同席だったんだけど、
ご主人の方に日本語で「日本人は豚足とか食べないでしょう?」と話しかけられた。
「あんまり食べないし、こんな美味しい豚足はないです」と答えた。

台湾の年配の人が日本語しゃべれるのは知ってたけど、
この方は日本人じゃないかというくらい上手な日本語だった。

いやぁ、行きたいところに全部行ったし、食べたいものも結構食べたし、満足!!

by camitiyo | 2017-02-21 20:00 | 台湾