人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ノルウェー1日目 成田→オスロ

今回の夏休みはしげちゃんのお兄さんに会いにノルウェーに行くことにしました。

行きたいと言っていたお義母さんは、長時間フライトが不安ということで結局離脱。なので、二人で行くことに。

団体ツアーだと自由がきかないので、飛行機とホテルと長距離電車がパックになっている旅工房という会社のツアーに申し込んだ。
ツアータイトルがいいね、
「絶景フィヨルドビューの部屋指定、渓谷フロムのフレストハイムホテル泊、人気No.1のフィヨルドコースをゆったり巡るオスロ&フロム&ベルゲンの9日間」
人気No.1だからね、ふふふ。

PCが壊れてカメラで撮った画像が全部消えてしまったので、写真はiPhoneの中にあったものだけです。ショック(涙)

例によってスカイアクセスで通勤途中のサラリーマンに交じって成田へ。下りの電車なんだけど、毎回結構混むんだよねー。津田沼ですっごい大量の人が下りるの。津田沼って都会なんだな。

成田空港第一ターミナル到着。ちょうど今朝やっていたテレビ番組でノルウェーの水が1本480円というのを見たしげちゃんがびびってローソンで水を買い込む。スーツケースが22kgになっちゃったけど、今回はオスロでお土産を渡したら軽くなるので大丈夫。

昨日(仕事中に)Webチェックインしてあるので、荷物を預けるだけ。パックツアーでもWebチェックインできるなんて、便利な世の中だ。
f0080102_18274763.jpg
現金がどのくらいいるかわからないけど、3万円分両替。1700NOK(ノルウェークローネ)になりました。3万円分だけど、たぶん体感的には1万円分もないんだろうなぁ(汗)。怖い!

杵屋で朝ごはん。
f0080102_18321618.jpg
ここ、出汁を自分で入れる方式なので、しげちゃんは追加で出汁だけ飲んでた(笑)。昨日、遅くまで飲んでたから喉が渇いてるんでしょう。(そしてこの後おにぎりも食べてた。元気でよろしい)

SASは集合時間が早いので40分前には搭乗口へ。
f0080102_1834511.jpg
北欧系の人がアナウンスで呼び出されるのを聞くのは楽しいね。読み方が全くわからないらしく、どの名前もグダグダ。むつかしいよね。(ニャホ・ニャホ・タマクローとかマウリ・ウコンマーンアホとかね)

11:40 定時ぴったりに離陸。日本の交通機関も時間ぴったりだけど、それ以上に厳しい感じ。
そして合理化がすごい。
最初、飲み物をサーブしてくれる時に「ランチの時に何か飲みますか?」といって2杯くれる。そして飲み放題ではない。おつまみはくれない(柿の種持ってきてるからいいけど)。食事は1種類で選べない。
映画は今どきのインタラクティブ方式ではなくて、昔ながらの一斉に決まった映画が流れるタイプ。なので、見ようかなと思ってのんびりしてたら途中から見る羽目に。えーーっ!知らなかった・・・。いや昔はそうだったけどさー。

13:30 食事。照り焼きチキンとごはん、大量の枝豆、サラダに謎のパン(全粒粉?)、チョコケーキ(写真は消えた)。日本発だからまあ普通に美味しい。

全然眠くないし、映画も見れないし、暗いから本も読めないので、ずーっと上海とバックギャモンやってました。(もう飛行機のバックギャモンに負ける気がしない)
斜め後ろのおばさんが隣の人に画面の操作を教えてるんだけど、耳が悪いのかかなりの大音量でしゃべってる。周りの人起きちゃうよー。前の席の外人さんすみません。

現地時間に時間を合わせて7時間時計を遅らせました。

11:00 サンドイッチと紅茶。1辺が2cmくらいのちっこいテトラパックの牛乳くれた。かーわいーい。

眠くないけど明るくなったので伊坂幸太郎のエッセイ読んで時間をつぶす。

14:00 軽食。大量のサラダとパンとリンゴジュース。いいねー。向かいの通路のCAさんがパンをどばどばーっと10個くらい落っことした。ありゃりゃーやらかしたねー。

16:00 コペンハーゲン到着。いい天気!空港内はそんなに寒くない。同じ便で団体旅行客がすくなくとも3組はいて数か所に集まっている。この人たちより先に行かないと!

降りて少ししたところにあった掲示板を見てB10ゲートを目指す。通路のデザインなんかが北欧チックで可愛い。空港内の目立つところに「Yo!Sushi」という大きいレストランが。おぉ、こんなところに回転寿司!?

移動しながらiPhoneの電源を入れようとするが入らずに焦る!そしてB10はどこだー!?Transferで進んでいくと手荷物検査があり、無理だっていうのにしげちゃんが飛行機でもらった水を持ち込もうとして玉砕。ダメもとでチャレンジする男、しげちゃん。

手荷物検査の後、セブンイレブンを見つけて喜々として入るしげちゃん。ここはデンマークなので単位はデンマーククローネ。買うのはクレジットカードでいいとして、いくらかわかんないし、何より乗り継ぎの時間そんなにないんで急いでもらえますー!?そこから見えるパスポートコントロール結構混んでるし。ん?なぜこのタイミングでパスポートコントロール?ユーロに入るから?入国なの出国なの?よくわからないけどゲートの向こう側にBというゲートが見えるのでパスポートコントロールに進む。何も聞かれず何も言わず通り抜ける。

ショッピングモールのような楽しそうなところに出たけど、とりあえずB10を見つけないと!ぜんぜん見つからないけどあってるのか!?しばらく行くと案内所があったので、便名を見せて「オスロ!」って言ったら「B10だ、まっすぐ行って左!」と教えてくれたので、引き続き小走りで移動。結局20分くらいでようやくB10へ。もう登場が始まってた。ここでは外人の私たちが謎の読み方で呼び出しアナウンスされるところだったよ。あっぶなー。

コペンハーゲンの空港にいる人は、いわゆる白人が大半で、薄い色の金髪に真っ白い肌。5歳くらいの子供が神がかり的に可愛い!私たちも急いでたけど、北欧の20歳くらいの女の子3人が猛ダッシュで追い抜いて行った。銀色に近い金髪にこんがりやけた肌、きれいだけど骨も肉もみっちりつまってて闘ったら強そうだなーと、走る姿を見ながらぼんやりと思った。iPhoneの電源はいまだ入らず。

17:00 コペンハーゲン→オスロ
f0080102_19101033.jpg
3席+3席の小ぶりの飛行機でオスロへ。日本人の団体客はいないな。あの人たちもオスロに行くっぽかったけど、団体であの乗り換え時間はリスキーだもんね。一番後ろの席をとってたんだけど、後ろはがら空きだったので、勝手に窓際に移動。コペンハーゲンを上から見ると、パッチワークのようですごくかわいい。なんで日本の田畑はかわいくないのにヨーロッパは可愛いのかな?水田じゃないのでビロードみたいに見えるし、土が赤茶で上からみるとピンクに見えるし、家は基本白と赤だからかな?

オスロまではほんの1時間。フィンランドもそうだったけど、オスロも上から見ると湖(というか沼)だらけで土地の中に湖があるのか、水の上に土地が浮いているのかわからないような感じ。そういえば秋田も上から見たら湖だらけだったなー。
SASの短いフライトの飲み物は、コーヒーと紅茶の二択でした。

18:15 オスロ着。お義兄さんが空港に迎えに来てくれてるはずなんだけど、iPhoneの電源が入らず焦る。しげちゃんに「スマホつながってるんならお義兄さんと連絡とってー」というも、①海外での使い方がいまいちわからない、②そもそもWiFiの使い方がいまいちわからない、③お義兄さんの連絡先がいまいちわからないという3大問題により難航。荷物を待っている間、そんなこんなで焦る二人。あっっ!iPhoneの電源入った!っていうか、まさかの押すとこ間違ってたーーー!(なんじゃそれーー!)。そしてお義兄さんにメールしたーー!一気に解決!

荷物は無事2つともピックアップしたけど、私のベルトがとれてなくなってた。安いからいいんですけど、よくある小さめの黒いキャリーバッグだからアレがないと見つけるの大変なんですよねー。ぶひー。
f0080102_19232013.jpg
お義兄さんと無事合流して、市内へ移動。自動販売機でのチケットの買い方を教えてもらう。ホームは工事中とかで1つのホームに上りと下りが両方入ってくる。むつかしいな。速くて高いのもあったけど、普通電車でも十分。最初に乗った車両があまりにも豪華だったので、車掌さんに「ここ指定席?」って聞いたら「ビジネスクラスです」と言われる。ひぃーすみません、すみません。中をごろごろと移動して普通車両に移る。普通車両も十分きれい。オスロまで30分。時刻表を見ると「Oslo」と「Oslo.S」って二つあって私たちが今向かってるのは「Oslo.S」(違いはわからん)。お義兄さん、そういえば今日は金曜日では?半休ですか?と聞いたら、管理職だからそこはなんとでもなるんだよとのこと。いいなーー管理職。

オスロ駅に到着(写真はないのよ、しつこいようだけど)。ホテルまでは歩いても行ける距離だけど、荷物もあるし、駅周辺はダウンタウンでそんなに治安がよくないのでということでトラムに乗る。空港で買ったチケットでそのまま乗れる。
f0080102_193228.jpg
12番トラムで3駅。Ankerホテルの目の前が駅。フロントでバウチャーを見せたら、しばらく悩んで「予約は2人なんですけど、、、」と言われた。あははは、そうだよね、3人いるからね。安心してください、泊まるのは2人ですから。

どうみてもセミダブルのダブルベッドのある部屋に。夜中にしげちゃんに殴られないか心配だわー。びっくりするくらいシンプルな部屋で、ティーバッグの一つもなければ歯ブラシも無い。説明書に必要な人はフロントへとある。ここでも合理化か!?これが北欧スタイルなのか?
f0080102_19363082.jpg
お義兄さんへのお土産を全部持ってフロントへ。お義兄さんと3人で公園の中を歩いて晩御飯を食べに。お義姉さん(年下、もちろんオネエサンと呼んだことない)は現地で合流。
f0080102_19375934.jpg
中華料理店へ。物価の高いオスロで、地元料理よりも中華料理のほうが安いって不思議よねー。中国人ってすごい。ちゃんとした中華で美味しかった♪「Taste of China」ってお店でした。

レストランを出た後、ほろよいでホテルまで歩いて帰る。まだまだ明るいけどちょっと寒い。そして二人ともトイレに行きたくなって途中から速足。いや、危なかったね。
しげちゃんはトイレ行ったらそっこうで寝てました。

長い1日目終~了~
by camitiyo | 2015-07-17 20:00 | ノルウェー