がんばらない毎日


by camitiyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

柳家小蝠真打昇進披露公演

何度目だ披露公演・・・・。でも近かったので行ってきました。

桂 たか治 (まんじゅうこわい)
日本昔話でお馴染みのあれ。たか治さんの顔がだんだんと師匠(平治)に似てきてる気がする。

桂 宮治 (看板のピン)
間抜けな博打うちが、かっこいい親分(元?)の真似をしようとする話。
宮治さん、すごいわ~。勢いあるわ~~。

柳家 蝠丸 (紙屑屋)
怠け者の若旦那が紙屑屋(今で言うと資源ごみの紙でしょうか)で働きはじめるも、
いちいち紙を読んじゃって仕事がはかどらないという話。
がりがりジョージ・クルーニー(あくまでも個人の感想です)の蝠丸師匠。
お元気になられて何よりです。

口上

桂 文治 (平林)
字が読めない丁稚が「平林」さんのところにお使いを頼まれるも、
途中で名前を忘れてしまい、いろんな人に聞いて回る。
江戸時代でも日本の識字率は結構高かったという話しだが、
実際は、どのくらいだったんでしょうねぇ。

柳家 小蝠 (叩き蟹)
まんじゅうやで万引きしようとした貧しい子供を通りがかりの人が助けるが、
その人もお金をもっておらず、蟹のおもちゃを作って許してもらおうとする話。
わたしゃ、この人情噺結構好きだね~。
[PR]
by camitiyo | 2014-11-17 19:00 | 落語