人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ツァールスコエ・セロー(プーシキン)

14:00に指定された場所に行くと、バスには14人くらいお客さんが乗ってました。

ガイドさんはオルガ。欧米人の年齢はわからないけど、私と同じくらいか。

行きの約1時間、最初は英語の説明を頑張って聞いてたんだけど、
いつのまにか寝てました。

到着後、バスを降りて、土産物の屋台の横を抜けると、見えてきました。
f0080102_9544535.jpg
金ぴか玉ねぎ~。

最後の集合場所はここいらへんだという説明を聞いて、
(こういうことだけは、ちゃんと聞いとかないと大惨事になるからね)
中に入りました。
f0080102_957239.jpg
ジャジャーン。
さっきの金ぴか玉ねぎ部分を除けば、ウィーンの建物といってもわからないね~。
f0080102_1011714.jpg
目の覚めるような水色!
夏に来て良かった!

個人でエカテリーナ宮殿に入るには、随分と長い列に並ばなければいけないということで、
ツアーに入ったのに、入るまで1時間の列に並びました。暑いぃぃぃ。
恐るべし、エカテリーナ宮殿人気!

後ろのツアーはイタリア語のツアーだったんだけど、
そのガイドさんが私に「あなたのガイドは誰ですか?」と聞いてきた。
あの黒い帽子の女性だというと、ああそう、とそれだけ。
たぶん、あれやね。
大体、中国人は団体でいて、それ以外のアジア人はほとんど見かけないので、
中国人がうっかり列に紛れ込んでると思ったんだね。

中国人団体客はやたらにいるけど、日本人も韓国人も全くみかけないわ、そういえば。

チケットを買いに行くといって列を抜けたオルガさんが全然戻って来ない。
後ろのツアーのガイドさんはすぐに戻ってきたのに・・・。
やつめ、どっかで一服してだべってるなぁぁぁ。

戻ってきたオルガさんが、大きい荷物を持った人は預けないと入れないので、
荷物を預ける人と、トイレに行きたい人は、入ってすぐに右側に行ってくれ、
それ以外は、私と一緒に左へと言った。
荷物のことは知っていたので、二人とも大きい荷物も買い物も持ってなかったけど
中にはデイパックの人もいて、預ける預けないでオルガさんともめてた。
オルガさん、むちゃ気が強いことが判明。

入口に並んでたんだけど、荷物預けの人たちが戻って来ないうちに
順番が回ってきたので、後ろのグループに先に行ってもらって、
私たちは左右に道を開けて、待機。
全員が揃って中に入ろうとしたら、すぐ後ろにいた中国人ツアーのガイドが、
次は自分たちだとクレームを言い始めた。

いや~、その時のケンカはすごかったね~~~。
ロシアと中国のケンカ!ぜっっっったいに巻き込まれたくないよ。
日本人ガイドなんて、口出しできないよたぶん。
ここに入っていけるのは、ベトナム人くらいかな~。
f0080102_10343676.jpg
入ってすぐの階段。
陶器が置いてあるけど、中国製か日本製かわかりませんでした。
ま、中国製ですかね。
f0080102_10165849.jpg
こちら、大広間。
ま~金ぴかでした。
モーツァルトがピアノ弾いてそうな感じ?(もうウィーンから離れないと)
f0080102_10181576.jpg
晩さん会のテーブルセッティング。
テーブルクロスの周りに巻くリボンによって、どういう晩さん会かがわかるそうですが~、
英語のガイドなんで、4割くらいしか理解できず、もう忘れました。あはは。

この後、メインの「琥珀の間」というのがありました。
琥珀(一つづつは普通の琥珀のサイズ)が、壁という壁にぎっっっしり張り付けてあります。
でも、写真撮影禁止なので、絵はありません。
第二次世界大戦のときに、ドイツ軍に琥珀を全部持ち去られて、
2003年に復元されたばかりなので、ここまで観光客が多いんですね~。
f0080102_10452965.jpg
宮殿の出口でいったん解散になり、園内を自由に散策しました。

ロシアの短い夏を満喫すべく、花壇は花で一杯♪
f0080102_117302.jpg
海外に行くと、ついつい雀ちゃんを激写してしまう私。

さっき聞いた集合場所に集合するも、1人参加のタトゥー君が来ない。
そういえば、さっき庭のベンチで寝てたケド・・・。
どうなる?タトゥー君!置き去りか!?と思ったら、ようやく走ってきましたよ。
無法者(タトゥー)なので、お詫びの言葉はナシですがね。
(いやいや、だいたい無法者がツアーに参加するかっての)

帰りのバスの中もわりかし寝てたんですけど、
どこぞの老夫婦がオルガさんにずっと質問しつづけてました。
「ドイツはロシアに補償金を支払ったのか?」とか
「琥珀と言えばポーランドだけど、これは全部ロシアのか?」とか。
特に2番目の質問に対するオルガさんのエキサイトぶりはなかなかでしたね~。
ザ・愛国心!すごかったです。

ペテルブルクに到着した後、なんとお土産屋さんに連れていかれました。
日本人のツアーだけじゃないんだね~、こういうのって。
タトゥー君はじめ、何人かは鼻で笑って、バスの中で待機してましたけど、
冷やかし大好きな私たちはちょいとのぞいてみました。
f0080102_11255578.jpg
当然のように、そこいら辺の帽子をかたっぱしからかぶる私♪
by camitiyo | 2011-08-01 15:00 | ロシア