がんばらない毎日


by camitiyo
カレンダー

<   2008年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ヤートセ秋田祭り

昨日、一昨日と、近所で「ヤートセ秋田祭り」というお祭りがありました。

北海道の「YOSAKOIソーラン祭り」に比べれば
ずいぶん小さい規模ですが、
秋田を元気にしたいという若い人たちが10年くらい前に始めたお祭りで、
子供からおばさんまで、バリエーションのあるチームが
衣装も揃えて、音楽もオリジナルで用意して、がんばってました。

うまい下手はさておき、自分たちのふるさとを盛り上げたいという気持ちに
じ~んとなってしまいました。

ところで、1ヶ月前くらいから、家の目の前の小学校の校庭で毎朝、
このヤートセに出るために、小学生が騒がしく稽古稽してるようでした。
歩いてると、いつも聞いている音楽が聞こえてきたので、ダッシュで見に行ったら、
なんと小学生じゃなくておばちゃんチームでした・・・・・・。ちょっとショック。
f0080102_20471846.jpg
f0080102_20472859.jpg
f0080102_20473864.jpg

[PR]
by camitiyo | 2008-06-30 23:59 | 秋田

エコで散髪

もともと髪の量がはんぱねぇ多い私ですが、
この度、エコのために髪を切りました。

これまで美容院で有名人の名前を出したり、
目標の髪型の写真を持ち込んだり、
一度もない私ですが、
とうとう、言っちゃいました!

 「黒田知永子でお願いします」

え?結果ですか?

美容師さんの腕はよかったのですが、
髪質と顔と体のトータルで、
よく言って、「海老名みどり」ってとこでしょうか・・・。

しげちゃんには「もんちっち」といわれましたが。

ところで、ずいぶん前の話ですが、
友達が美容院で「ニコール・キッドマン」みたいにしてくださいと言ったことがあります。
その頃のニコール・キッドマンといえば、ロングのソバージュだったので、
それをイメージして言ったらしいんでしけど、
ちょうどその時期、「ピース・メーカー」という映画が公開中で、
そのときの彼女の髪型がボブっぽいミディアムストレートで
まんまとその髪型にされてしまったということがありました。
人ごとなので、結構笑えました。
[PR]
by camitiyo | 2008-06-29 11:31

ケーキ作りました~

f0080102_916225.jpg

フェルトで。

手芸屋さんに、「フェルトで作るケーキキット」ってのがあって、
1こ600~900円くらいしたので、
そこで長い間観察だけして、自分で適当につくりました。

超B型的性格の私、朝から晩までず~っとつくり続け、
最終的に6こ作りました。
初めてで、適当に作ったわりに、上手にできました♪♪

左上から、時計まわりに
「チーズケーキ」「抹茶ケーキ」「イチゴショート」「チェリータルト」「モンブラン」「プリン」です。
モンブランが結構苦労しました~。
[PR]
by camitiyo | 2008-06-28 23:59

奥様教室(第2回)

今日の奥様教室は、「リクリエーション」でした。

なんか、参加者の懇親のために、リクリエーション協会から
講師の先生を呼んで、ゲームをしました。

ゲームの内容は、小学生か老人ホームでやるような
フォークダンスとか「げんこつ山の・・・」みたいなゲームで
全体的に、ちょっとひきぎみで参加してしまいました。

だけど多かれ少なかれ、他の人も半笑いな感じだったので、
みんなが仲良くなる目的のゲームとすれば、
そういう意味では、まあ成功なのかもしれません。

終わった後、「誰かお昼ご飯食べにいきませんか~?」と
叫んでる人がいたので、「は~い」と
全部で4人でご飯食べに行きました。

友達づくり、ちょっと前進♪
[PR]
by camitiyo | 2008-06-27 23:59

「あふれた愛」

天童 荒太
=====
心が弱ってる時に読んではいけない作家、日本一の
天童荒太ですよ。(わたし調べ)

これは4つの短編集。
全部に心が壊れてる人か壊れかかってる人が出てきます。

この人の小説って二次関数のグラフみたいに、
ぐぐぐ~っと落ち込んで、最後にぐっとあがることが多いんだけど、
短編だけに落ち方がちょっと浅くて、
比較的心安らかに読むことが出来ました。(そこまでして読む?)

ソフト天童荒太って感じで、天童荒太初心者にはいいかも。

ところで、前にテレビに天童荒太が出てて、
どんなチョイ役の人も、全部バックグラウンドを完璧に設定すると
言ってたんだけど、この人の作品で、そんなことしてるなんて
ご本人も相当、大変な思いをされていることでしょう。
それを想像しただけで、ため息がでそう。
[PR]
by camitiyo | 2008-06-26 14:04 | 小説

「ライダー定食」

東 直己
====
単にタイトルが面白かったから読んでみた。

この東直己って人は読んだこと無いけど、
どうやらハードボイルド作家らしい。

んが、この「ライダー定食」はハードボイルドでは全く無くて、
強いていえば阿刀田高系ってんですかね。
ハエが主人公だったり、箸が主人公だったりとむちゃくちゃです。

東直己ファンが箸休めに読むには面白いかも。
[PR]
by camitiyo | 2008-06-25 23:59 | 小説

旧奈良家住宅

f0080102_205604.jpg

小泉潟公園の中にある、重要文化財の旧奈良家。

平日のせいか、見学者は私だけ。そして無料です。

一応、受付があって、お姉さんに目礼をして入ると、
お姉さんが出てきてくれて、いろいろと案内をしてくれました。

中まで見学できるのは母屋だけだけど、
蔵や文庫などもあって、なかなかなもんでした。

しかし、こんな見学者が来るかどうかわからないような場所での
受付の仕事って、どうなんでしょう。

もし、私がやるとしたら、湖面のような落ち着いた気分で1日過ごすのか、
逆に、この時間はなんなんだとイライラして過ごすのか・・・。
まあ、前者のようなタイプでないと勤まらないとは思いますけど~。
[PR]
by camitiyo | 2008-06-24 21:02 | 秋田

菖蒲園(小泉潟公園)

f0080102_20473198.jpg

車で30分くらいの場所にある公園に
一人で行ってきました。

本当は菖蒲園でスケッチ描いてみたかったんだけど、
ちょうどケアサービスの遠足と重なってしまって、
描けませんでした。(というのを言い訳だけど)

せっかくだから、菖蒲の花を近くから観察して
いくつか手帳にペン描きしていたら、
後ろに、おじいさんが立ってて、

 「シュシュシュ、シュか?」

と話しかけてきました。

 「え?」

 「シシュシャでも、かくシュか?」

 「シシュですか?」

 「絵ぇ描いて、詩集サに描くスか?」

あ~あ~あ~あ~詩集ね!詩集
・・・・・・なんで?と思ったけど、

 「いや~っ、はっは~」

と笑ってごまかしました。

おじいさんから見たら、
わたしなんざ、「わらし(こども)」みたいなもんだスな~
[PR]
by camitiyo | 2008-06-24 20:54 | 秋田

「終末のフール」

伊坂 幸太郎
======
「8年後に小惑星が地球にぶつかる」という発表が
あった3年後の仙台の様子。
理由はともあれ、こういうことって
誰でも一度は想像したりするよね。

「終末のフール」から「深海のポール」まで
韻を踏んだタイトルの短編が8こあるけど
全部、同じ設定。

デイアフタートゥモローみたいな設定だけど、
SFでもアクションでもなく、
飽くまでも伊坂幸太郎ものでした。

こんな無理っぽり設定で、
たいした盛り上がりもないのに、
目頭を熱くさせられちゃうところが、
伊坂幸太郎のすごいところだと思いました。
[PR]
by camitiyo | 2008-06-23 23:59 | 小説

秋田の梅雨、暑い~

秋田も梅雨入りしてるはずなのに、
毎日、毎日、あっついです。

今日なんか30度ですよ~。

異常気象なのか、秋田の梅雨がこうなのか、
せっかくだから、岩手・宮城も雨降らないであげたらいいのに。
[PR]
by camitiyo | 2008-06-22 23:59