がんばらない毎日


by camitiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:中国( 15 )

朝ごはんの冒険

ホテルの朝ごはんがあまりにも酷いので、朝ごはんを探しにでかけました。
f0080102_2172631.jpg
朝の王府井

なんか有名な肉まん(っていわないか)の店があるというので探しにいったけど、まだ開いてませんでした。
f0080102_2110616.jpg
その近くで揚げものをしているおじさんがいたので、近付いていったら、小籠包が入ったかごを見せてくれて、入れ入れと手招きされたので中へ。
f0080102_2111264.jpg
入りながら前のお客さんの真似をして、指でさして注文。
f0080102_21115857.jpg
小籠包と豆腐の上にあんがかかってるのと、巨大あぶらあげ。(全部で16元)

めちゃくちゃ美味しいというわけではないけど、フツーに美味しい。少なくともホテルの朝ごはんよりは10倍美味しい!そして安い。
f0080102_2114556.jpg
ということで、餃子を追加注文(8元)

いやぁ~、食べた食べた~。
[PR]
by camitiyo | 2012-08-20 07:58 | 中国
ようやくホテルに戻って、ちょいとホテル内を見て回りました。

水着を持ってきたしげちゃんとプールを探しに行くと、がらがらのキレイなプールがあって、24時までということだったんだけど、しげちゃんは「あとで来るなら来る」と謎の言葉をつぶやいてました。・・・・・来ないな、これ。

2階のエレベータホールの近くにレストランの受付のデスクがあって、その前に立ってるチャイナドレスの女の人が、立ったままデスクにつっぷしてました。
あれってさぁ~、100%寝てるよね?写真撮りたい~と、こそこそ話してたら、ぱっと起き上がりました。きゃ~逃げろ~!
f0080102_211516.jpg
(結局とった)


一回部屋にもどって、王府井散策へ。
f0080102_20512016.jpg
今日は大通りいってみよー。

巨大なショッピングモールや、お土産屋さんがまだ開いていたので、ちょいちょいのぞいて歩く。

そういえば、北京に来て、マックやケンタッキーはちょいちょい見かけるけど、寿司屋を見ない。全世界で大流行の回転すしを!北京では流行ってないのか?と思ってたら、角のショッピングモールの地下にありました。ちなみに、寿司屋はそんなにないけど、吉野家をあちこちで見かけました。

昨日買ったお菓子やとは別の量り売りのお菓子やに入ったら、店員(女)とお客(お客)がすごい勢いでケンカしてた。何をそんなにケンカすることがあるのか。そして日本では店員とお客がケンカするなんて、ちょっとあり得ないんだけど、中国人ってなんかすごい。

ベトナムに行ったとき、ベトナム人ってなんかすごいなぁと思ったけど、似てるかも。
[PR]
by camitiyo | 2012-08-19 21:00 | 中国

北京ダック(晩御飯)

ヒスイのお店に連れてかれ、またしても単なる休憩時間として消化。
f0080102_2035911.jpg
晩御飯は北京ダックだって。それ以外の料理もあったよ。まあ普通。っていうか今頃気がついたんだけど、日本で食べる中華料理って美味しいよね・・・・・。でも、昨日の晩御飯よりはだいぶ良かったね。
f0080102_20374087.jpg
北京ダックもそういや日本でも食べられるしね。

それにしても、格安ツアーとはいえ、途中途中での売り込みがすごい。ここでは、なんとかの石ってのでつくった急須と湯のみ。1万円。これに入れたらお茶が美味しくなるというそうな。紹興酒飲んでよっぱらったツアー客が買ってました。おぉぉ、酒の勢いってすごい。

何さんのアルバイトもすごい連打で、初日のバスの中で、京劇、雑技団、カンフーショー(それぞれ3,800円)のオプショナルツアー。今日は、部屋にきてくれるマッサージ(3,500円)とクッキー詰め合わせ。別にアルバイトしてもいいんですよ、頼む頼まないはその人の勝手だから。でもね~、オプショナルツアーに申し込んだ人を優先で送るので、この北京のラッシュの中、どんだけ時間をロスすることか。私たちは早くホテルにもどって、王府井を散策したいんですよ。そのために中心地のホテルを選んだんですよ!ちょっとぉ!
[PR]
by camitiyo | 2012-08-19 20:00 | 中国

万里の長城

そこから30分くらいまたバスにのって、
とうとう子供のころから行きたかった場所、万里の長城!
f0080102_18263499.jpg
上までは6人乗りゴンドラで。品質がちょっと気になるところではありますが、そこはまあチャイナリスクってことで。

ゴンドラを降りて、左側に歩いて行くと、万里の長城見えてきた!と思ったら、向こうから来た中国人の若いカップルの男が私に何かを聞いてきた。うんうん、私たちそっくりだけど、日本人だからね。「わかりません」と日本語で言ってみたが、さらに何か聞いてくるので、まあゴンドラ乗り場を聞いてるんだろうと思って、来た方向を指さしてみた。違ったらごめんね。
f0080102_18301032.jpg
ジャカジャーン!万里の長城~!私たちがいるところは、思ったより混雑していなくて、人にぶつからずに歩けるくらいなんだけど、遠くに見えるところに、人がぎっしりいるところがある。たぶんあそこは歩いて上がってきた人が歩いてるとこだな。うわぁ~遠目に見てもぎゅうぎゅうだ。暑苦しい~。
f0080102_18322916.jpg
私たちの上がったところはこんな感じ。

それにしても中国人はデフォルトがポイ捨てで、ごみ箱あろうがなかろうが、地面に捨てていいと思ってる。横でごみを拾ってる係の人がいるのに、平気で捨てちゃうんだから、神経疑うよねぇ。

30分くらい自由時間があったので、そこいら辺をうろちょろして万里の長城を満喫。私にとっての万里の長城の魅力って、見た目っていうか、ブロックでぺこぺこと森の中に作ったような感じであって、北の民族の侵攻を防いだとかいう歴史的なものではないので、見るだけでいいの。満足♪

帰りにまたゴンドラのところにいくと、列ができてた。暑い中、列に並んで待ってたら、後ろの方で野良猫のケンカみたいなぎゃわわわっという叫び声が!ひょいと見てみたら、男と女がつかみ合いのケンカ!おぉ~、こりゃなんだ?冗談か?と思ったけど、結構本気。後で聞いたら、あくどいガイドがいて、しょっちゅう割り込むので、いつも他のガイドともめごとを起こすのだけど、その男がその悪ガイドだったらしい。悪い奴とはいえ、男とつかみあいのケンカするとは、中国の女性はやっぱり強い!
[PR]
by camitiyo | 2012-08-19 13:00 | 中国
地下宮殿とシルクの店しか行ってないけど、もうお昼ご飯の時間だよ~
f0080102_18193976.jpg
ジャージャー麺、チンジャオロース(的なもの)、酢豚、練り物とセロリと玉ねぎの炒め物、豚とニンジンの炒め物、変な味噌汁。

昨日の晩御飯の衝撃があったので、結構美味しかった。ただ、このスープ何かな~?あれ?味噌汁じゃね?味噌汁っぽい、味噌汁だよ~のくだりが、一番盛り上がったかも。味噌が入っている暖かい飲み物だった。だから~、日本人だからといってサービスでダシが入ってない味噌汁出すのやめてもらってもいいですか?っての。
[PR]
by camitiyo | 2012-08-19 12:00 | 中国

明の十三稜

バスに1時間くらい乗って、「明の十三稜」というお墓に行きました。
途中で、何さんが、写真をとってもいいですが、お墓なので撮らない方がいいかもしれません、というので「何、何~、呪いとかそういうの~?もしくは祖先に対するリスペクト的な感じ~?」と思いながら行ったのですが、お墓自体はがらーんとした地下宮殿で、特に写真にとりたいようなものはありませんでした。

延々と地下に降りてって、武器庫のような何もない通路を抜けて、あとは上がるという・・・・。
f0080102_18144272.jpg

入る前に、資料館みたいなところがあって、そこでなんかキレイな冠の写真とったけど、誰の冠かよくわかんなかった。

それにしても、暑い!たぶん東京でも昼間にうろちょろしたら同じくらい暑いんだろうけど、真夏の旅行は辛いねぇ。
f0080102_18152617.jpg
めっちゃ美味しそうな桃。
[PR]
by camitiyo | 2012-08-19 10:00 | 中国

鳥の巣

f0080102_17482353.jpg
今日もガスってますが、いいお天気。ガスの向こうに見えるのが北京オリンピックでお馴染みの鳥の巣です。
あっそー。特別感慨とかないなぁ。北京オリンピックといえば、まっさきに口パクを思い出すくらいの人間ですんでね。
f0080102_17494378.jpg
このアバンギャルドな形のビルは、IBM。建ててる途中で、どこからかカメハメハを受けたんでしょうかねぇ。

このビルもそうですけど、高層ビルの多いこと!この広い北京に、こんなに大量の高層ビルがあって、人がぎゅうぎゅうに詰まってると思うと、中国の大きさを感じます。

この後、シルクの店に連れて行かれたけど、当然のごとくなーんにも買いませんでした。
[PR]
by camitiyo | 2012-08-19 09:00 | 中国

北京飯店(その2)

なんといっても中国を代表する老舗ホテルの北京飯店なので、朝ごはんも超期待しちゃったりして・・・・・がっかりしたりして・・・・。

そりゃあねぇ、老舗ホテルで団体旅行客を受け入れるのはイヤかもしれませんよ。そして貧乏くさい団体旅行客にカフェの雰囲気をぶちこわされたくないかもしれませんよ。はぁ。

私たち団体旅行客(日本人だけ?)に用意された朝食会場には、やっつけ仕事の和食(だし無し味噌汁とか)とか、きゅうりのキューちゃんとか、冷ややっこ(まあこれは普通だけど)が用意されてて、期待していた美味しいお粥的なものは見当たりませんでした。
おかずも、ぐだぐだに茹でたほうれん草と、1個3円くらいのちっこいロールキャベツとか、もしこれ日本人に合わせて作ってるくれてるつもりなら、方向性間違ってますよぅ。

やばいよね~、昨日の晩ごはんと今日の朝ごはんと連続してまずいって。食の中国、どこへ行った!?

中国ではTwitterに繋がらないというのは聞いてたんだけど、とりあえずSafariを開いてみたら「北京飯店へようこそ。パスワードをどうぞ」というサイトが開いたので、おぉ?これは無料Wifiか?と思いフロントのお兄さんに、無料Wifiありますか?と聞いたら、無料でもないし、ロビーでしか使えないと言われました。そっか~、まぁ3日だからいっか。
[PR]
by camitiyo | 2012-08-19 08:00 | 中国

北京飯店

今回のツアーは、安い料金で老舗の北京飯店(東京でいうと帝国ホテル?)に泊まれるということで、楽しみにしてました。
f0080102_15502552.jpg
場所は中心部の王府井。
f0080102_15531043.jpg
部屋はちゃんとしてる。特別広くはないけど。
f0080102_1557716.jpg
アメニティもあった。モスクワのホテルがひどかったから、超快適。

シャワーはちょっとも場所を動かせないやつで、ドライヤーが壊れてたけど、まいっか。
f0080102_17313914.jpg
屋台街の帰りにお菓子やさんで買ってきたいろいろお菓子。味がさっぱりわからないので、とりあえず一個ずつ買ってきたので、味見して美味しいのを買って帰ることにするんだー。

それより、なんかお腹痛くなってきたんですけど・・・・まずいさっきのヨーグルトか!・・・・・それとも、毒をもられたか!!(飛行機の中でテルマエ・ロマエみたので、ルシウス風)
[PR]
by camitiyo | 2012-08-18 20:00 | 中国

王府井の屋台街

今回のメインイベント(まじか)屋台散策に繰り出すぞー。

ここいら辺りにはいくつか屋台街があるらしいけど、
初日なのでとりあえず一番近いところに行ってみました。
f0080102_1781226.jpg
入ってすぐのところに、京劇の格好をしたひとが、何かの歌をうたってたけど、さっぱり聞こえない。

この辺りは、屋台の前にテーブルとイスが用意してあって、みんなやたらと美味しそうなものを食べてるんだけど、なんだかさっぱりわからない。
麺類のようなものや、ギョーザの皮だけをくるくるった巻いて蒸したようなものや、焼小籠包や何かの肉。
すごく美味しそうだったけど、とりあえずずんずん進んでみよう。
f0080102_173370.jpg
おぉ~盛り上がってます。人が急に多くなってきた。こっちがメインストリートやね。
f0080102_1762667.jpg
今日の昼間何度か目にした、透明の茶色い液体と、不透明の白い液体があった!透明の茶色いほうは、カリンの絵が書いてあったので、白いほうを買ってみました。

あぁ、飲むヨーグルトね。普通に美味しいわ。(冷蔵庫に入ってないとこが怖いけど)
f0080102_17143979.jpg
何か食べよう~。おぉ、これはクレープ?春巻き?これにしよう。10元(135円)
あの~、北京ダックを巻くようなやつに、モヤシ中心の野菜炒めが入ってました。薄味。うまからず、まずからず、ドス・カラス。
f0080102_17193594.jpg
ちょっと~、でたよ~、強烈なやつ!サソリとヒトデとセミの幼虫・・・・。マジで誰か食べるんスカこれ?・・・・いや、そこは中国人。外国人観光客に写真撮らせるためだけに商売するはずはない。これはこれで、儲かってるのか。やばいね。
f0080102_17205533.jpg
こちら厚揚げ豆腐ではなくて、「臭豆腐」。うん確かに臭かったよ。でも、古い醤油にコクをプラスしたような感じ。これも10元。うまからず、まずからず、ドス・カラス。(まだ言うか)
f0080102_1723847.jpg
これは美味しかったねぇ。豚の串焼き。最後にこれかけるか?って粉を指さすんだけど、それが超辛くて、普通に食べたら「げほっ」っとなったので、ばしばしとはたいて食べました。4本で10元。美味しいだけあって、これを手にもってる人の多いこと。

このほかに、たくさんの人が手に持ってたのは、紫色か黄緑色のまあるいテカテカしたつぶが串に刺さってるもの。これは翌日同じツアーの人に聞いたら、りんごアメならぬブドウアメだったそうです。

いやぁ、これぞ中国!
[PR]
by camitiyo | 2012-08-18 19:00 | 中国