がんばらない毎日


by camitiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スイス旅行(5日目)① ツェルマット(前編)

朝、5:30起床ーーーー!日本人橋にマッターホルンの朝焼けを見にいくぞーーー!
f0080102_1857535.jpg
と思ったけど、キルヒ広場のところで朝焼け!素晴らしいオレンジ!ろうそくに火がともっているようだ!
f0080102_18593923.jpg
どーーん。なにこれ神秘的。あぁ、そして今日もいい天気だし、最高の1日になりそうです。

f0080102_1903357.jpg
ここのホテルの朝食、良かったね~。(この写真だけみても普通なところが惜しいな)。ごはんとみそ汁もありました。
しげちゃんが、パンをつつんで私の鞄に入れてるところにちょうどウェイトレスが通りかかって恥ずかしかった・・・。あうぅ。
f0080102_19124747.jpg
部屋に戻ったらすずめちゃんに餌付け。子供のすずめちゃんが来ました♪♪かわぃぃぃぃ。
f0080102_19133810.jpg
今日はまずスネガパラダイス(展望台)へ。ホテルから歩いてケーブルカーの駅まで向かいます。ツェルマットはガソリン車が走っていない代わりに電気カートが走ってて、あまりにも静かなのでいきなり後ろにいたりして怖かったです。(向こうは慣れてるんでしょうが)

外がいっさい見えないケーブルカーに乗ってスネガパラダイスへ。何故かこのケーブルカー、笑っちゃうくらい寒かったです。でも乗車時間は5分。
f0080102_19315395.jpg
わぉ!絶好のマッターホルン日より。幸せ~。
ここでセントバーナードと一緒に集合写真というイベントがありました。どうせ写真買わないんだけど、大人なので一緒にセントバーナードの機嫌を待って写真とりましたがな。この集合写真、一体何人買うんでしょうかねぇ。

この後、急な坂道を降りてライゼーという湖に映る逆さマッターホルンを見るということだったんですが、また同じ所まで登ってくるのがきつそうだったし、私たちはこの後逆さマッターホルンを見に行くので、グループを離脱させてもらいました。

さっきのケーブルカーに乗って下まで降りたら、出口のところで同じグループの女の人が切符が無いと探してました。見たら、私たちと一緒に降りてきたグループの人は全部で6人。ぼんやりと見てたら無事切符があったみたいで出てきました。

ケーブルカーの駅からゴルナークラート行きの登山電車の駅まで歩いて5分くらい。私たちは頂上から一つ降りた駅ローデンボーデンから、もう一つ降りた駅リッフェルベルクまで歩いて降りるつもりなので、ツェルマット→ゴルナークラート→リッフェルベルクというチケットを買いました。そうしたら、さっき一緒に降りてきたグループの人たち(ご夫婦1組と女性の友達同士1組)がやってきて、同じコースにするというのでチケット買うののお手伝いしました。といっても「Same ticket please」って一言いっただけなんですけどね。あははは。
f0080102_2053310.jpg
ゴルナークラートへは一本道。約30分です。ゴルナークラートバーン(電車)はこちら。電車にはたいていバーンがついてて、湖にはゼーがついてるゼー。
f0080102_2030279.jpg
そしてツェルマットの電車のチケットはたいていこの非接触方式。日本語でも書いてありました。

ふとしげちゃんが見たら、一緒に来た人の足元にチケットが。「そこにチケット落ちてますけど、大丈夫ですか?」と聞いたら、その人(女性の友達同士の1人)がポケットをごそごそと探した挙句、その人が落としたチケットだとわかりました。この方、さっきケーブルカーの出口でチケットが無いと騒いでた人。おーーい、どんだけチケット無くすんだ~。
f0080102_20554618.jpg
ここにもカラスちゃんが。たくましいね~。日本のカラスの半分くらいのサイズなので、可愛いよ。
f0080102_20374052.jpg
この天文台みたいな建物、ホテルです。標高3,100mにあるホテル!1泊2食付き2人でCHF350(≒41,300円)からだって。思ったより高くない!
f0080102_20563870.jpg
ゴルナー氷河。この駅からハイキングスタートする人はこの氷河に沿って降りて行きます。自転車で降りていってる人もいました。

(後篇に続く)
[PR]
by camitiyo | 2014-07-16 12:00