がんばらない毎日


by camitiyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヘルシンキ(3) (ヘルシンキ→タリン)

今日はエストニアの首都タリンまで1日観光に行きます。

オプショナルツアーに申し込むと1人25,500円。だけど私たちはぎりぎりに旅行に申し込んだので、オプショナルツアーの申し込み締め切り終わってたんだー。(終わってなくても申し込まないけど)

ヘルシンキからタリンまではフェリーか高速船で行けるんですが、私たちはリンダラインという高速船を日本でネット予約したにゃー。

リンダライン(http://www.lindaline.fi/en/

まずホテルの近くのルオホラーティという地下鉄の駅で、3日間のフリーパスを買いました。
f0080102_12341717.jpg
自動販売機で英語を選んで、3日間地下鉄・トラム・バスに乗り放題で16€。1日2回乗ったら元が取れそう。
f0080102_12371359.jpg
地下鉄の入口にあった電子ゲート。紙の切符の人は関係なかったんだけど、ちょっとわかんなくていろんなボタン押しちゃった。へへ。
だけど、ヨーロッパの電車ってキセルしやすい構造になってるよねぇ。見つかったら罰金が高いっていうけど、性善説に基づいてんのかねぇ。
f0080102_12404374.jpg
ルオホラーティ駅は始発駅だし土曜だし朝早いので誰も乗ってませんでした。二駅だけ乗って、中央駅で降ります。
f0080102_12411214.jpg
ロシアと似た感じのやたらステンレスっぽい長~い地下鉄のエスカレーター。

中央駅で地上に出て、目の前のトラムの駅へ。フェリーの駅までは歩いて行けない事もないけどトラムに乗ろうと思ったけど、うーどの番号に乗ればいいんだろねぇと二人でしゃべってたら、それを見ていたフィンランド人のおじいさんが手押し車を押しながらよたよたと近付いてきてフィンランド語であれこれと一生懸命教えてくれました。最終的にフィンランド語と日本語で会話し、どうやらそのおじいさんは私たちと同じラインに乗るらしいということで、一緒に乗りこみました。(たくさんしゃべったけど結果わかったのはそれだけ)。乗りこんだ後、他の外国人(若い欧米人カップル)が電子ゲートのやりかたがわからずマゴマゴしてたら、またしても手押し車を押しながらよたよたと近付いて教えてあげました。いい人だ~~~。
f0080102_12595275.jpg
リンダラインの乗り場があるトラムの3TラインのEtelaranta駅。
f0080102_1302739.jpg
なんて書いてあるかわからないけど、ターミナルってことは辛うじてわかるかな。

ターミナルに入って、窓口で印刷してきたウェブ申し込みの紙を見せたら、「ばっちし!15分前までにパスポートを用意してあそこのゲートに並んでね」と言われたので、しばらく散歩することに。
f0080102_1361634.jpg
とりあえず~ロバートコーヒーでカフェラテを。ロバートコーヒーはフィンランドのスタバで、私にはコーヒーの味はわかんないけど、しげちゃん曰く「スタバと同じくらい美味しい」そうです。

せっかくここまでトラムで来たのに、マーケット広場までひと駅分歩いて戻りました。(っつっても5分くらいだけどね)
f0080102_13133862.jpg
このあとも屋台をいくつか見たけど、この組み合わせが一番多かった。キノコとスナックエンドウ。
f0080102_13145021.jpg
フィンランドのイチゴは夏!ブルーベリーとダークチェリーもあったけど、イチゴ買った~♪

f0080102_13313477.jpg
たらたらとフェリーのターミナルまで戻ったらいつまにか長蛇の列が!しまった!!しかも並んでいたら大型バスから大量の中国人団体客が!でもまあ、入口でパスポートとチケットを見せるだけで入れるので、さくさくと乗車して、ちゃんと窓際の席もゲットしました。、、、、、、1時間半ずーっと海原なので、窓際に座ったものの途中で寝ちゃいましたけど。

短い船旅ですが国境を越えるので、船内はデューティーフリーらしいです。
[PR]
by camitiyo | 2013-07-06 10:00 | ヘルシンキ